BookLive!の絞り込み検索機能が進化![タグ][完結][全巻数]など細かい条件指定が可能に

この記事は約3分で読めます。

マンガ読みで愛用している電子書籍ストア「BookLive!(ブックライブ)」。

ストア・アプリとも使いやすく、またクーポンによる値引きもあり、たいへん重宝しているのですが、2020年9月16日のアップデートで検索機能による絞り込みがめっちゃ!進化したのでご紹介(嬉しくって)。

BookLive!検索機能の変更点

9月16日のアップデートで新しくなった検索機能は、主に下記の内容です。

  • 複数の検索条件をまとめて指定可能
  • 最近検索した条件の履歴が表示される
  • 作品の絞り込み中に件数が表示されるように
  • 「除外設定(期間限定無料・分冊版など)」「レビューの点数」「全巻数」による検索条件が追加

これらの絞り込み検索によって何ができるかと言うと、【より正確に目指す結果にたどりつける】なんですね。不要な書籍を排除することで、目当ての書籍に近づきやすくなります。

しかしこれだけではイメージしにくいと思いますので、以下、もう少し詳しく見てみます。なおサイトの画像はPC版のものですが、モバイル・アプリでも同等の機能が使えます。

絞り込み検索の仕方

書籍の検索機能は、各ページの上部にある検索フォームより行えます。

今回紹介する「絞り込み検索」を使うには、フォームの左側にある「絞り込み検索」をクリック。

すると上記のような諸条件を設定できる画面に移動。より細かな検索を行うことができます。実際の画面は下記リンクからもご覧いただけます。

BookLive!:絞り込み検索

検索の履歴が残る

ここからは具体的な機能をご紹介。まずは「検索の履歴」について。

絞り込み検索ページの上部に、「最近検索した条件」が最大3件まで残ります。一度ページを離れてもこのリンクを使うことにより、再度スムーズに検索ができます。

ジャンルの複数指定が可能に

これまでも「少年・青年マンガ」「少女・女性マンガ」「ライトノベル」などの大きなジャンルを指定することである程度の絞り込みができましたが、アップデートでより細かい指定、および【複数指定】ができるようになりました。

上記のように、例えば「少年・青年マンガ」はさらに「青年マンガ」「少年マンガ」「少年マンガ誌」「青年マンガ誌」に区分されることに。

この検索条件を利用すれば、「青年マンガ」と「女性マンガ」からマンガを探す、といった使い方ができます。この検索方法、以前から欲しかったんですよね…便利!

タグ検索の実装

作品に紐付けられた「タグ」による検索が実装されました。

「ラブコメ」「スポーツ」「ファンタジー」「SF」などの定番のタグから、「〇〇(作品名)シリーズ」のようなタグまで、作品の内容に関連した検索ができます。

なおジャンルやタグ同様に、ほか「作者名」「掲載誌」「出版社」なども検索条件に含めることが可能です。

セール・刊行状況・全巻数などの指定が可能に

ここからは電子書籍ストアの利用にあたって超!便利な機能です。

まずは「おトク」。【無料・値引き中・ポイントバック対象】が指定可能。「青年マンガの無料作品だけ」などの検索ができます。

次に「刊行状況」。【新刊入荷・発売予定・完結】が指定可能。発売予定検索も便利ですが、個人的にすごく嬉しいのが、【完結】済み作品が検索できること。

さらに「刊行状況」と組み合わせて使いたいのが「全巻数」指定。【5巻以下・6~10巻・11巻以上】の指定ができます。例えば「完結+5巻以下」の指定をすれば、5巻以内で終わっているマンガの検索が可能。素晴らしい!

最後、「除外設定」では、期間限定作品や分冊版などを検索結果から除外することができます。分冊版は検索結果に大量に出てくる場合があるので、除外指定ができるのは便利ですね。

ほか、上記意外にもレビューの☆数(0.5刻み)による指定もできます。

まとめ

以上、電子書籍ストアBookLive!の絞り込み検索アップデートについて、でした。

この機能がどんな時に真価を発揮するかというと、「作品名を指定なしで条件に合うマンガを探したい」時なんですよね。

例えば「青年マンガ+ラブコメ+完結+5巻以内」みたいなマンガを探したいな、という時に便利なのは、普段からおもしろいマンガを読みたい・探したい、と思われている方にはわかりみが深いのではないでしょうか。

普段マンガ探しに苦労されている方は、一度BookLive!の絞り込み検索をお試しになってみては。欲しい本が見つかったら、日替わりクーポン「クーポンガチャ」もぜひチェックしてみてください。セール品がさらにお得に買える場合がありますよ。

BookLive!(ブックライブ)公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました