SF漫画「バタフライ・ストレージ」2巻―重厚な世界観と迫力のアクションに釘付け

先に感想書いときますが、めちゃくちゃおもしろかった!です。安堂維子里さんのSFアクション漫画「バタフライ・ストレージ」、待望の第二巻。

なおできるだけネタバレしないように、がこのブログのモットーですが、第二巻ということで多少、物語の進行に触れる部分がありますのでご了承を。

スポンサーリンク

概要

世界観についてざっくり。人が死ぬと肉体が瞬時に朽ち果て、その魂は「蝶」となる。それを管理するのが「死局」で、そこに属するのが主人公・百士(ひゃくし)。より詳しくは弊ブログの「バタフライ・ストレージ」第一巻感想をご覧いただくか、

「蝶」を巡る異色のSFアクション漫画―「バタフライ・ストレージ」1巻

Pixivコミックで「特別編 10秒でわかる『バタフライ・ストレージってこんな漫画』」を公開しているのでそちらをどうぞ。第1・2話も試し読みできます。

人は死ぬと、その「魂」が「蝶」の形になって身体から抜け出る。 蝶が飛び立ったあと肉体はすぐに朽ち果ててしまう。 蝶にはその人の人生がデータとして記録されている。 蝶は体内を出て49日を過ぎると消失する。 死人の蝶を回収・凍結管理する国家機関「死局」では、 故人のデータと遺族を3Dホログラムで繋いだり、 ...

「バタフライ・ストレージ」2巻感想

「死んだ人間の『蝶』を保管し続けたら、世の中が蝶であふれてしまうのでは?」なんてことも1巻読後にぼんやり考えていたんですが、懸念でした。この2巻序盤で「蝶」にまつわる世界の謎がよりつまびらかに。

「蝶」が回収・保管されるようになった理由には、人類の存続に関わる壮大なバックグラウンドが。なるほど、だから「ストレージ」なのか。そして「保管」の先には「目的」もあって。いいね、こういうSF設定、ワクワクします。

特殊捕蝶班に属する面々のキャラクター性も深く掘り下げられます。ちょっとやなヤツ・神田は実は…?荒井班長にも気になる過去が。百士だけではない、それぞれの「蝶」を追う理由。そして田中さん強すぎ(笑)。現時点で最強なんじゃないでしょうか。

あれ、カバーにもなった佐川さん、ちょっと影うすくない…?でも彼女もちょっと含んだところのある存在なので、その本質は次巻以降で描かれるのでしょうか。期待。

死局と敵対する組織の存在も明らかになり、後半はバタフライ・ストレージの存在意義ともつながる「大会議」を舞台にした事件勃発。SF描写、アクションともスピーディかつ緊迫感あふれる展開で震えました!最高におもしろかったです。

特にシビレたシーンは、百士と佐川がワイヤーを使って高所からダイブするところ。ロングライフルを構えて真っ逆さまに、躊躇なく降下する佐川さん、やだ、カッコイイ…!アクション映画を見ているかのようで、鳥肌が立ちました。

そしてラストはまたまた気になる展開で、さらに謎は深まるばかり。続きが気になる!というわけで漫画「バタフライ・ストレージ」2巻の感想。2017年上半期に読んだ漫画の中でも1・2を争うおもしろさでした。この作品は今年ほうぼうで話題になることが予想されるので、漫画好き・SF好きの方は早めにチェックしておいた方がいいですよ!

漫画データ
タイトル:バタフライ・ストレージ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)著者:安堂維子里出版社:徳間書店(リュウ・コミックス)発行日:2017-07-01