漫画「隣町のカタストロフ」1巻―足元に広がる虚空の恐怖

人は誰しも重力に従い、地に足をつけて生きています。

何を当たり前のことを、ですが、もしもそれが当たり前で無くなってしまったら?

そんな不思議な、いや恐ろしい現象を描いた漫画が「隣町のカタストロフ」です。

作者は「走馬灯株式会社」などを描かれている菅原敬太さん。

5月28日、午前10時12分――その瞬間、頭上には地面が、 そして、足元にはどこまでも青空が広がる世界が出…

こちらから試し読みもできます。

スポンサーリンク

概要

5月28日、午前10時12分。勇矢町・上勇矢町・南勇矢町の3つの町にだけ突然起きた「地変天異」。重力が逆転し、人々の頭上には大地、そして足元には青空が。ひとたび「落ち」れば確実な死が待っている―。

という状況で、様々なシチュエーションの人間ドラマが展開される、という物語。1巻では特に決まった主人公はいません。各話の主体は引きこもりの青年だったり、社会人の女性だったり、高校生の集団だったり様々。一歩道を踏み外せば命を失う極限状況での人間模様が描かれます。

ちなみに「カタストロフ」とは突然の大変動・大きな破滅といった意を持ちます。

カタストロフィとは – コトバンク

「隣町のカタストロフ」1巻感想

ここ数年、限定状況に突然放り込まれた人々がサバイバルを繰り広げる、といった内容の漫画が多いですよね。ソリッド・シチュエーションというらしいですが。

本作も広義にはその部類に入るんでしょうか。しかし「天地が逆さまになる」「足元の地面が無くなる」というだけで、こんなにも恐怖を感じるなんて…!

もう容赦なく人が空に落ちていく。現象が起こった時刻に屋内に居た人々は難を逃れるのですが、それも絶対ではない。そもそも建築物なんて「天地がひっくり返る」ことを想定していないわけで。家屋ごと、といった悲劇も当然起こります。怖すぎる。

漫画「隣町のカタストロフ」のおもしろさはそんな「足元のおぼつかなさ」が一つ。そしてもう一つはその状況で繰り広げられる人間模様。

かつての敵を助けなければいけないとしたら?

助ける人間を選ぶ必要に迫られたら?

大切な人と離れ離れになってしまったら?

そんな時、自分だったらどのように行動するか、ページをめくりながらつい考えてしまう状況ばかり。助けをじっと待つか、生き残るために積極的に動くか、はたまた憎いアイツを…。いや、返り討ちにあいそう(笑)。

という感じで、限定的な環境で天と地がひっくり変えるという「あり得ない」状況でも、「もし自分だったら?」ということを否が応でも想像してしまいます。まさに文字通り足元が揺らぐ、そんな怖さを味あわせてくれる、これはスゴイ漫画だ…!

さて、こういう限定状況もの漫画。作品によって現象の理由はあったりなかったり。慣れている読者もその空気感を自然に楽しめれば、原因は気にならないもの。しかし1巻ラストではちょっと気になる終わり方。ひょっとすると「地変天異」の秘密が―?引っ張り方がウマイですね(笑)。2巻が楽しみです。

漫画データ
タイトル:隣町のカタストロフ : 1 (アクションコミックス)著者:菅原敬太出版社:双葉社発行日:2017-04-28