アクション

SF

「バタフライ・ストレージ」1巻―「蝶」を巡る異色のアクションSF

人が死ぬと、その魂は「蝶」になり、やがて消えてしまう世界。かつて妹の「蝶」をテロリストに奪われた青年は、やがて成長し、蝶を管理する「死局」の一員となる―。 人の魂が「蝶」となる世界を舞台に描かれるSFアクション漫画「バタフライ・ストレ...
アクション

「ザ・ファブル」―表と闇の狭間に生きる伝説の殺し屋

仕事を休んで、一年間大阪で普通に暮らせ―。 そんな変わった命令を受けた伝説の殺し屋を描いた漫画が、描く「ザ・ファブル」。 これがバツグンにおもしろい! 作者は南勝久さんで、講談社ヤングマガジンに連載中。 単行...
アクション

「ゴールデンカムイ」―アイヌの埋蔵金を手にするのは誰だ

今、もっとも勢いのある漫画の一つ、といって間違いないでしょう。 週刊ヤングジャンプ連載、野田サトル氏描くアクション・サスペンス漫画「ゴールデンカムイ」です。 「カムイ」というタイトルの通り、随所にアイヌ文化の描写を取り込...
SF

「攻殻機動隊」に見る電脳化のリアル

士郎正宗氏原作のSF漫画「攻殻機動隊」。押井守監督によってアニメ映画化されたのが1995年。 「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊ARISE」などのアニメをはさみ、20年以上の歳月を経てスカーレット・ヨハン...
アクション

殺し屋の目標は簿記検定2級合格―「バイオレンスアクション」1巻

漫画の世界には、数多の「カワイイ殺し屋」が存在しています。 その中でも一風変わった魅力の殺し屋が、「バイオレンスアクション」の主人公・ケイ。 原作:沢田新、作画:浅井蓮次のコンビによって描かれる、「バイオレンスアクション...
アクション

「メガロポリス・ノックダウン」―ゲーマー小学生は犯罪都市の夢を見るか

いまやオンラインで対人プレイができるゲームも当たり前になりましたね。 私はゲームは好きなのですが、オンラインゲームのプレイ体験は「スプラトゥーン」や「マリオカート」ぐらい。 そちら方面にはトンと疎い人間です。 それらオンラ...
アクション

「双亡亭壊すべし」藤田和日郎 感想(1~3巻)

週刊少年サンデーで絶賛連載中、藤田和日郎先生の「双亡亭壊すべし(そうぼうていこわすべし)」を読みました。 まずタイトルからして異彩を放っているこの「双亡亭壊すべし」。藤田氏のサンデー連載としては「月光条例」以来です。今度はどの...
SF

「GREY(グレイ)」―死神と呼ばれた男を描くSFハード・アクション

かつて徳間書店から出版されていた「月刊少年キャプテン」。ご存知でしょうか? 「キャプテン」自体は知らなくても、「強殖装甲ガイバー」や「宇宙家族カールビンソン」が連載されていた雑誌、と言えば思い出す方もいるでしょうか。 今はビッグ...
スポンサーリンク