コメディ

グルメ・料理

「あたりのキッチン!」2巻―笑いと料理で心もお腹もほっこり

コミュニケーションに自信はないが、料理に関しては超人的な能力を発揮する! 主人公は、定食屋でアルバイトをしながらコミュニケーションの向上を目指す、メガネの女子大生・辺清美(あたり・きよみ)。 そんな彼女が成長する様をユーモラスに...
アクション・格闘技

「犬神姫にくちづけ」―上司と部下のイケない悪霊退治描くオカルト・コメディ漫画

ドSなイケメン上司とドMな部下の新人OL、という組み合わせがすることは一つしかないですよね。 そう、「悪霊退治」です! というわけで今回ご紹介するのは宮田紘次(みやた・こうじ)さんの漫画「犬神姫にくちづけ」全6巻。 清掃会...
コメディ

「忍ぶな!チヨちゃん」1巻―忍んじゃって告白ができない忍者少女

世を忍び暗躍する忍者たちも、年頃になれば好きな異性の一人や二人できるもの。 でもどうしても忍びグセがついちゃって、好きなを見るとつい忍術を使って隠れちゃう…のか? 月刊ハルタ連載、設楽清人(したら・きよと)さん描く忍者ラブコメ漫...
コメディ

「マリーマリーマリー」―鍼灸師&ギタリストのハッピー・マリッジ・コメディ漫画

こんなハッピーでファンタジックな結婚生活に憧れるぅ! 鍼灸師のリタとギタリストの森田さん、そして愛車のミニが繰り広げる、お気楽ケッコン・コメディ「マリーマリーマリー」。 流れるままに、日々の出来事と気ままな結婚生活を楽しむ二人を...
ゲーム・ギャンブル

「鳥獏先輩なに賭ける?」1巻―賭けたがりな先輩のゆるゆるギャンブル・コメディ

「私と賭けをしない?」 マジメな後輩くんが、ちょっとズレたギャンブル好きの先輩に毎回無理やり勝負を挑まれる。 そんな二人のやり取りをコミカルに描いた漫画が、くずしろさんの「鳥獏先輩なに賭ける?」です。 「鳥獏」は「とばく」...
オカルト・ホラー

「少女ゴーレムと理科室の変人たち」―人造人間が引き寄せる非日常的世界

「理科室の変人たち」は何となくわかるが(偏見)、「少女ゴーレム」って何だ? 榎本ナリコさんの漫画「少女ゴーレムと理科室の変人たち」を読みました。 一風変わったタイトルの本作。単行本はNemuki+コミックスから発売されています。...
コメディ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」―女ドルオタの情熱に笑い、泣く

推しメンが武道館に行ってくれたら死んでもいい! 7人組地下アイドルの「人気最下位メンバー」と、その「ただ一人のファン」である女性ドルオタ(アイドルオタク)。二人の交流をコミカルに描く、平尾アウリさんの漫画「推しが武道館いってくれたら死...
コメディ

「きみ諦めることなかれ」全1巻―芸人とイケメンアイドルの気になる恋の行方

芸能界でタブー視される「アイドルの恋愛」。 イケメンアイドル男子とお笑い芸人女子の恋愛は成立するか? 御徒町鳩(おかちまち・はと)さんの全1巻完結漫画「きみ諦めることなかれ」を読みました。 私、御徒町鳩さんの描くキャラクタ...
グルメ・料理

「あたりのキッチン!」1巻―人の心がおいしい料理で結びつく

対人コミュニケーションはからっきしだけど、料理への情熱は誰にも負けない!そんなメガネの女子大生が主人公のグルメ&コメディ漫画、「あたりのキッチン!」を読みました。 お玉をもって振り向く女性が、主人公の辺清美(あたり・きよみ)。漫画「あ...
コメディ

「NKJK」全2巻―笑って泣ける女子高生の友情物語

「JK」の意味は女子高生、なんてのもすっかり定着しましたが、「NK」って何? そこには涙なくして語れない、友情物語の秘密が…。 というわけで今回ご紹介するのはこちら。吉沢緑時(よしざわ・りょくじ)さんの漫画「NKJK」。読みは素...
SF

SFコメディ漫画「おとうふ次元」―現代の常識は未来の非常識

未来からきたタイム・トラベラーが、現代世界で遭難する、というのは時間ものSFの王道パターンの一つ。 時間漂流者は、本来その世界に存在してはいけないもの。よって自分のせいで歴史が変わらないよう、細心の注意を払って行動しようとします。しか...
コメディ

「ハルロック」―電子工作が世の中をやんわり救う、ライトな理系コメディ漫画

西餅(にしもち)さん描く「ハルロック」。電子工作が大好きな女子大生が主人公のコメディです。講談社モーニング誌に2014~2015年にかけて連載。全4巻完結済みです。 ちょっと眉毛に特徴のある主人公・ハル。左手に持っているのは…半田ごて...
コメディ

マネするなよ!絶対にだぞ!―「決してマネしないでください。」全3巻

漫画を読まない人にも、「これ面白いよ!」と勧めたくなる漫画があります。この「決してマネしないでください。」もそんな漫画の一つ。 作者は蛇蔵氏。「日本人の知らない日本語」の作者さん、と言えばピン!とくる方もいるのでは。「決してマネしない...
コメディ

「眼鏡橋華子の見立て」1巻―和服美人のあふれすぎるメガネ愛

弊ブログでも紹介したコミックエッセイ「ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました」を書かれた松本救助さん。同書のプロフィールにて「、ブタとメガネとおいしいお酒」が大好き、と書かれていました。 その松本さんが好きな「眼鏡」にスポットを...
コメディ

遂に完結。「それでも町は廻っている」最終16巻と公式ガイドブック廻覧板

ヤングキングアワーズ誌にて、約11年にわたり連載されていた石黒正数氏の漫画「それでも町は廻っている」、通称「それ町」。 連載は2016年12月号で完結しましたが、バレンタインデーの本日、単行本最終16巻と公式ガイドブックと銘打たれた副...
タイトルとURLをコピーしました