オカルト・ホラー

オカルト・ホラー

「猫で語る怪異」なら、怖い話が苦手でも安心して読め…る?

朝日新聞出版HONKOWAコミックスより発売されている漫画、「猫で語る怪異」1巻を読みました。 作者はTONOさん。「チキタ★GUGU」の作者さんですね。 「アデライトの花」という漫画が気になっていて、作者であるTONO...
オカルト・ホラー

「魔法使いの娘ニ非ズ」完結!勢いでWingsを買う

コミックスの発売をいつも楽しみにしている漫画の一つ、那州雪絵先生の「魔法使いの娘ニ非ズ」が完結を迎えたようです。 完結を知ったのはたまたま掲載誌Wings2017年2月号を手に取って、「ファイナル」の文字を見かけたから…。 ...
まとめ・おすすめ

電子書籍で読める諸星大二郎のおすすめ漫画。妖怪ハンター・シリーズ他

「妖怪ハンター」シリーズから諸星大二郎先生の漫画にハマった口。以来、先生の作品が刊行されるのを楽しみにしています。 以前はなかなか電子書籍化されなかった漫画も、徐々に電子版が読めるようになってきました。本記事では妖怪ハンター他、電子書...
オカルト・ホラー

「BOX~箱の中に何かいる~」全3巻―諸星大二郎描く状況限定ホラー

謎の「箱」の中に閉じ込められた8人の男女。 彼らは箱から脱出できるのか。そして箱の目的は…? 諸星大二郎先生描くソリッド・シチュエーション・ホラー「BOX~箱の中に何かいる~」。全3巻で完結です。 連載は「...
オカルト・ホラー

「ネオ寄生獣」―萩尾望都・遠藤浩輝が描く新たな寄生獣

講談社「ネオ寄生獣」。11名の作家が銘々の「寄生獣」を描いたアンソロジーです。 本書は言わずとしれたホラー漫画の大傑作、「寄生獣」をテーマに、 萩尾望都 太田モアレ 竹谷隆之 韮沢靖 真島ヒロ...
オカルト・ホラー

「さんかく窓の外側は夜」―視えるものと祓うものの妖しい関係

「この世ならざるもの」が視えてしまう青年は、除霊のたびにエクスタシーを感じて…? ヤマシタトモコさん描くオカルト・ホラー漫画、「さんかく窓の外側は夜」を読みました。単行本はクロフネコミックスより、5巻まで発売されています。 ...
アクション

「双亡亭壊すべし」藤田和日郎 感想(1~3巻)

週刊少年サンデーで絶賛連載中、藤田和日郎先生の「双亡亭壊すべし(そうぼうていこわすべし)」を読みました。 まずタイトルからして異彩を放っているこの「双亡亭壊すべし」。藤田氏のサンデー連載としては「月光条例」以来です。今度はどの...
まとめ・おすすめ

ホラー・オカルト漫画。おもしろくてマジ怖な本気のおすすめ15選

怖いもの見たさでついつい読んでしまうホラー・オカルト漫画。 見たい!見たくないけど…!やっぱり見たい! そんなホラー漫画ファンにオススメの、怖くて面白い漫画まとめです。 本記事で紹介しているホラー漫画は、心霊や妖怪...
オカルト・ホラー

「おとろし」-ねっとり怖いカラスヤサトシのホラー

秋田書店・チャンピオンREDコミックスより発売中、カラスヤサトシさんのホラー・オムニバス漫画「おとろし」を読みました。 何やら驚いているような表情の和服の女性。その顔にはタイトルである「おとろし」、そして作者名「カラスヤサトシ...
オカルト・ホラー

太陽の地図帖「諸星大二郎『妖怪ハンター』異界への旅」購入

以前ご紹介した諸星大二郎「マッドメン」シリーズのムック本。 「文藝別冊 諸星大二郎 マッドメンの世界」に引き続き、本日2015年6月29日発売の「諸星大二郎 『妖怪ハンター』異界への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖 31)」を購入しました...
オカルト・ホラー

「文藝別冊 諸星大二郎 マッドメンの世界」購入

河出書房新社より5/25に発売されたムック本「文藝別冊 諸星大二郎 マッドメンの世界」を購入しました。 こちら、大型のムック本。かねてより当ブログでもちょこちょこ諸星大二郎先生の本を紹介してきましたが、「マッドメン」シリーズも...
スポンサーリンク