漫画「ダンジョン飯」11巻ショート・レビュー

九井諒子さんの漫画「ダンジョン飯」11巻のショート・レビュー。

11巻にして遂に人物以外のキャラクターがカバー絵に。なんか新鮮。狂乱の魔術師・シスルとのバトルに入ったライオス一行。しかしライオス以外は全滅し、本人もドラゴンズに囲まれ絶体絶命!

…という前巻から引き続く緊迫の展開も決着。ホッとひと息…付く間もなく、ミスルン率いるカナリア軍団&カブルーが到着。果たしてライオスたちの処遇や如何に!…からのさらに一波乱・ふた波乱があり、濃厚な一巻。大変盛り上がって参りました!

そしてストーリーの面白さはもちろん、漫画としての密度の濃さ、迫力ある漫画表現が圧巻。キャラクター、モンスター、そして背景と、どれを取ってもスゴイ。巻を重ねれば重ねるほど凄みを増す作画、九井諒子という漫画家さんの底知れ無さが恐ろしい。

ホントにね、絵を眺めてるだけで楽しい漫画、というのはそうそうないよ。そしていよいよ近づくクライマックス感。あと1~2巻で完結、という感じ?最後までがっつり楽しみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました