電子書籍で初めてマンガを読む!使い方・ストアの選び方・疑問まとめ

今まで紙書籍で漫画を読んでいたけど、電子書籍での漫画読書にもチャレンジしてみたい!

そんな初めて電子書籍に触れるという方向け、「電子書籍で初めてマンガを読む!使い方・ストアの選び方・疑問まとめ」です。

本記事では「電子書籍のメリット」「電子書籍に関する素朴な疑問」「ストア選びのポイント」から、「利用シチュエーション別のオススメ電子書籍ストア」をご紹介します。

電子書籍で漫画を読むメリットは?

まず電子書籍にはどんなメリットあるのか?紙書籍と比較すると、

  • 持ち運びしやすい&場所を取らない
  • ネットがあれば、いつでも・どこでも・すぐに買える
  • セールや値引き・ポイント還元などが充実

といった点が優れているところ。それに加えて「電子書籍の漫画コンテンツ」では特に、

  • 電子版でしか刊行されない漫画や、電子版で復刊される漫画など、「電子書籍でしか読めない漫画」がある

というのが、紙書籍と大きく異なるポイントです。

もちろん紙書籍でしか読めない漫画もあるので、漫画読書の幅を広げるには「紙書籍マンガと電子書籍マンガを上手に使い分けていく」という利用方法が必要になってきます。

電子書籍ストアの選び方で大事なポイント

現在では数多くの電子書籍ストアが存在。初めての電子書籍利用ではストア選びに迷うかもしれません。

その中で「どの電子書籍サービスを使うか?」を選ぶためのポイントとして、

  1. 電子書籍のラインナップ
  2. 値引き・ポイント還元などのお得さ
  3. サイトの使いやすさ・電子書籍の読みやすさ

などをチェックすると、各サービスの違いが見えてきます。

電子書籍のラインナップ充実度

大手出版社(講談社・集英社・小学館・KADOKAWAなど)から発行されている漫画は、どの電子書籍ストアでもほぼ同じラインナップ。

ですが少しマニアックな漫画や特定ジャンルの作品は、ストアによって微妙な差異があることも

例えばKindleであれば有名漫画家さんのインディーズ作品が配信されていたり、ebookjapanであれば横山光輝さんや永井豪さんの名作漫画が多数配信されている、といった特徴があります。


【参考:Kindleのインディーズ漫画

もし「自分が読みたい漫画の電子版が配信されているかどうか」が気になる場合は、事前に利用候補の電子書籍ストアで作品を検索しておきましょう。

なお「全ての電子書籍漫画を配信しているストアは”無い”」ので、複数ストアの併用がオススメです。

値引き・ポイント還元などのお得さ

紙書籍と比較すると、電子書籍では「セールによる大幅な値引き・ポイント還元」があるのが、大きなメリットです。

その中でもチェックしておきたいのは、各電子書籍ストア「共通」で行われる出版社主導のセールの他に、各電子書籍ストア「独自」で行われるセール・値引き傾向。例えば、

  • Kindle…白泉社など
  • ebookjapan…集英社など
  • ブックライブ…小学館など
  • honto…KADOKAWAなど

など、ストア独自で特定出版社のセールを行うことがあります。

【参考:ブックライブの小学館漫画セール】

これらの傾向については後述しますが、理解しておくとよりお得に漫画が読めるでしょう。

電子書籍ストアの使いやすさ・読みやすさ

3つのポイントの中でも特に重要視したいのが、「ストアの使いやすさ・電子書籍の読みやすさ」

どんなに本がいっぱいあっても、どんなに安くても、購入方法や利用方法にストレスを感じると、読書そのものが楽しくなくなります。

より楽しい電子書籍での読書をするために、まずは試し読みがオススメ

  • ストアのレスポンス・漫画の探しやすさ
  • 自分の利用したい支払い方法に対応しているか
  • 自分の読書環境(スマホやパソコンなど)で読みやすいか

などストアの使い心地を確認してみて、そこから長く利用できそうだな、という電子書籍ストアを選んでみてください。

電子書籍の始め方・使い方

以上を踏まえて以降、「漫画読書をより充実させる」ための電子書籍の始め方・使い方や、電子書籍利用に関する疑問と答えのまとめです。

電子書籍を読むために必要なものは何?

電子書籍を読むために必要なものは、今このページをご覧になっている端末、つまりスマホ・タブレット・パソコン(Windows・Mac)があれば充分です。

  • 各電子書籍ストアで用意されているリーダーアプリ
  • ブラウザ(ChromeやSafari・Firefoxなど)上でそのまま電子書籍が読めるブラウザビューワー

などを利用することで、電子書籍の読書ができます。

なおストアや電子書籍の種類によって若干、読書環境が異なる場合があります(例えばブラウザビューワーが用意されていない、など)。

ストアのヘルプや電子書籍の詳細ページで、利用環境を確認しておくと安心です。

電子書籍用の専用端末は必要?

基本は上記の通り、スマホやパソコンがあれば電子書籍が読めます。

それ以外にもAmazonのKindle Paperwhiteのような電子書籍【専用】端末で読書をする、という方法があります。

ですが個人的には専用端末よりは、【スマホ+アプリ】や【パソコン+ブラウザビューワー】での読書をオススメします。

それはできるだけ多くの電子書籍をカバーするためには、複数ストアの利用が最適だから、です。

これも後述しますが、電子書籍はストアによって販売ラインナップが異なります。専用端末だとそのストアの書籍しか読めないので、必然的に読書の幅が狭まることに。

アプリ等による汎用性の高い読書環境で、複数ストアの併用することで、より多くの電子書籍に触れることができるでしょう。

どんな電子書籍ストアがあるの?

電子書籍ストアは多種多様なサービスが存在しています。その中でも特に有名なのはAmazonのKindleです。

ほかにも、下記のような国産の電子書籍ストアが多数存在。多くのユーザーが利用しています。

Kindleはじめこれらの電子書籍ストアは、電子書籍の品揃えや長所が微妙に異なっています。

細かい違いについては後述しますが、より多くの電子書籍を読むには、複数サービスの使い分けがオススメです。

電子書籍は紙書籍より安い?お得に買うには?

一般的には電子書籍は、紙書籍と較べて同額、もしくは若干お得な価格に設定されていることが多いです。

またセール等により値引き・ポイント還元が行われるので、総じて紙書籍よりお得に買える、と言って良いでしょう。


【Kindleより、セール価格になっている電子書籍の例】

さらに、電子書籍ストアのセール・値引き傾向を知っておくと、よりお得に

例えばKindle電子書籍は、電子書籍ストアで共通で行われるセールのほかに、独自の値引き・ポイント還元セールを行います。

一方、ブックライブやebookjapanなど国産の電子書籍ストアは、共通セール・独自セールの他に「クーポンによる値引き」を行う場合があります。


【参考:ブックライブのクーポンガチャ

クーポンによる値引きを利用すると、新刊やセール対象の書籍を、さらにお得な価格で購入できることがあります。

複数のストアをチェックしておくと、よりお得に電子書籍が買えるでしょう。

電子書籍の購入にクレジットカードは必要?

電子書籍の購入には、クレジットカードの利用が一般的です。ですが多くの電子書籍ストアでは、クレカ以外の決済方法も用意されています。

コンビニ・スーパー・家電量販店などで購入できるプリペイドカードや、電子マネー・キャッシュレス決済でも、電子書籍が購入できます。

【参考:WebMoneyカード】

ただし一部ストアでは、特定ジャンルの書籍の購入にはクレジットカード決済が必要、という場合もあります。ストアのヘルプ等で確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードを使わない電子書籍の購入方法については、下記関連記事もご覧ください。

プリペイドカード・電子マネーを使った電子書籍の買い方

上記に関連して、プリペイドカード・電子マネーを利用した電子書籍の購入方法例です。

ストア専用プリペイドの場合は購入後にストアでポイント化、電子マネーの場合は決済時に決済サイトへ移動、といった流れが一般的です。


【参考:ブックライブのプリペイドカード】

専用のプリペイドカードがあるストアには、下記のようなものがあります。

また専用プリペイドが無い【ebookjapan(イーブックジャパン)】のようなストアでも、「WebMoney」「BitCash」といった電子マネーに対応していれば、クレカ無しで電子書籍が購入できます。

ただしストアによっては「特定の電子書籍は決済方法がクレカのみ」といった場合があります(例:ebookjapanでのアダルト作品購入はクレカ決済のみ)。

電子マネー・プリペイドカードを利用した電子書籍購入については、下記関連記事でより詳しくご紹介しています。

おすすめの電子書籍ストアは?

以下、決済方法や利用シチュエーションなど、使い方を考慮したオススメ電子書籍ストアのご紹介です。

管理人は使いやすさなどから、ブックライブを中心に複数ストアの使い分けをしています。電子書籍ストアでそれぞれ特色があるので、ご自身にあったストアを探してみてください。

とにかく沢山の電子書籍が読みたい

できるだけ多くの種類の電子書籍を読みたい、という場合は、AmazonのKindle電子書籍の名前が一番に上がります。


Amazon:Kindleトップ

利用ユーザーがとても多く、小規模な出版社によっては「電子書籍はKindle版のみ」という場合もあります。またインディーズの有名電子書籍があるのも特徴

一方Kindleは外資系ゆえ、表現規制に若干厳しいという側面が。そのため「Kindleでは読めない電子書籍」も多く存在しています。

より多くの電子書籍マンガをカバーするためには、必然的に他の電子書籍ストアとの併用が必要です。

読みやすさ・使いやすさ+おトク度重視

電子書籍の読みやすさや、アプリ・サイトの使いやすさを重視するならば、一番のオススメはブックライブ(BookLive!)

管理人はブックライブで電子書籍を一番多く購入、メインのストアとして利用しています。


ブックライブのトップページ

サイトのレスポンスがとても良く、アプリやブラウザビューワーでの電子書籍読書もサクサク。

無料本やセール本、キャンペーン情報もわかりやすく、電子書籍ストアの中ではダントツに使いやすいです。

また新刊にも使える日替わりクーポン「クーポンガチャ」や、購入額によってポイント還元率がアップする仕組みを導入しており、電子書籍が安定してお得に買えるのも大きな魅力。


【ブックライブ:クーポンガチャの例】

ブックライブは「お得」と「使いやすさ」を両立している電子書籍ストアで、漫画はほとんどココで購入しています。

無料の電子書籍も多数用意されているので、ぜひ使い心地を試してみてください。新規に会員登録すると50%OFFクーポンももらえます。

漫画ラインナップを重要視

「はじめての電子書籍マンガ」ということで、当然重視したいのが漫画コンテンツの充実度

どの電子書籍ストアも漫画の充実度は高いのですが、その中でもオススメなのがebookjapan(イーブックジャパン)


ebookjapanトップ

ebookjapanは横山光輝さんや永井豪さんなど、名作漫画のラインナップが他の電子書籍ストアよりも充実。Kindleでは配信されていない漫画も読むことができます。

ただし実用書関連のラインナップが若干弱いので、漫画以外も読む場合は他ストアとの併用がオススメ。

なおebookjapanはYahoo!が運営する電子書籍ストアということで、キャッシュレス決済PayPay(ペイペイ)と連動したキャンペーンを随時開催。


【ebookjapan:PayPayと連動したキャンペーン例】

また集英社コミックの独自値引きセールを行うこともあり。チェックしておくと、お得に電子書籍漫画が読めるでしょう。

成人向けコンテンツも読みたい!

電子書籍と成人向けコンテンツほど、相性の良いものはありません(笑)。

各電子書籍ストアでは成人向けコンテンツも取り扱いがありますが、その中でも質・量とも圧倒的に充実しているのが【DMMブックス】です。

※DMMブックスの成人向けブランドの名称はFANZA。


【DMMブックス】

独占配信・先行配信されている漫画のほか、50%を超える割引セールも常時開催されていて、とてもお得。

個人的には複数ストアの使い分けがオススメなので、メインにKindleやブックライブ・ebookjapan、成人向けコンテンツ専用にDMMブックス、などという使い方もアリです。

紙書籍も合わせて利用したい

電子書籍は非常に便利ですが、中には紙で買いたい漫画もあるでしょう。

電子と紙、両方を取り扱っているストアと言えばAmazonですが、国産の電子書籍ストアでは「honto(ホント)」が便利。


honto(ホント)

特に「読割(よみわり)50」に対応している書籍ならば、hontoストア及び、丸善・ジュンク堂・文教堂などの提携書店で購入した紙書籍の「同一タイトルの電子書籍」を、50%OFFで購入できます(※購入から5年以内)。

紙と電子を割引価格で両方揃えることができる、というのは他ストアではあまり見られない特徴。Amazonに無い紙書籍をhontoで探す、という使い方もできます。

漫画・漫画雑誌の読み放題を利用したい

電子書籍の定額読み放題サービスを利用すると、固定の料金で対象書籍を好きなだけ読むことができます。

メジャーな読み放題サービスとしてまず名前が挙がるのは、Amazonの「Kindle Unlimited」。漫画だけが対象ではありませんが、Kindleでしか配信されていない漫画作品などを定額で読むことができます。

公式サイト:Kindle Unlimited

また「漫画雑誌」のラインナップが充実しているサービスが、電子書籍ストア「BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)」の「マンガ・雑誌読み放題」。KADOKAWA系列の漫画雑誌ほか、芳文社・少年画報社などのコミック誌が充実。月額定額料金でリーズナブルに読むことができます

公式サイト:BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」サービス

ほか、BL・TLジャンル限定、対象作品を安価な料金で読み放題できる「恋コミ」などの読み放題サービスもあり。通常の漫画購入と組み合わせて使うと、お得に漫画が読めるでしょう。

公式サイト:業界最安!月額280円(税込)でBL/TL作品が読み放題の【恋コミ】

オススメの電子書籍ストア利用方法

最後にできる限り効率良く&お得に漫画を読むために管理人が実施している、「オススメの電子書籍ストア利用方法」です。

私はメインの電子書籍ストアは【ブックライブ(BookLive!)】を利用。その理由は「サイト・アプリともレスポンスが良く、電子書籍漫画を買いやすい&読みやすい」から。

また日替わりクーポン「クーポンガチャ」や、時々もらえるシークレットクーポンなどがお得。

「新刊書籍でも値引き価格で買える」「セール中の書籍もさらにお得に買える」ため、より多くの漫画購入にも繋がっています。

ブックライブのほかには、必要に応じて下記の電子書籍ストアを併用しています。

Kindleは、Kindle独自のセール対象になっている漫画、特に完結済みの漫画を買う時に利用しています(新刊はブックライブで購入するため)。

ebookjapanPayPayと連動した大型キャンペーンの時などに、「ebookjapanでしか読めない漫画」を主に購入しています。

DMMブックス(FANZA)は言うまでもありませんが、ちょっとエッチな電子書籍マンガ専用です(笑)。

その他のストアを利用することもありますが、基本的には上記4つの電子書籍ストアで漫画を購入しています。

これから初めて電子書籍を利用するという方も、まずは色々なストアを利用してみると、それぞれの長所がわかって便利に使えると思います。

まとめ

以上、「電子書籍で初めてマンガを読む!使い方・ストアの選び方・疑問まとめ」でした。

各電子書籍ストアは同じように見えて、それぞれ特徴・特色があります。それらを理解して使うと、より電子書籍での漫画読書が充実するでしょう。

また記事中でも触れましたが、快適な電子書籍読書のためには「使いやすさ・読みやすさ」がとても大事。各ストアで用意されている無料作品などで、まずは読み心地を試してみてください。

個人的には一番使っている【ブックライブ】がお得度・使いやすさともにオススメ。新規登録限定で50%OFFクーポンももらえるので、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました