はじめての電子書籍。買い方・使い方の疑問、ストアの選び方など

今まで紙書籍派だったけど、電子書籍も使ってみたい!でも、電子書籍ストアがいっぱいあって、どれを選んでいいかわからない…

そんな方向け、「はじめての電子書籍ストアの選び方」です。

管理人は現状、複数の電子書籍ストアを使い分けていますが、各サービスで長所・短所があります。それを踏まえて電子書籍の素朴な疑問や、利用シーン・使い方に合った電子書籍サービスをご紹介します。

【読み方】電子書籍はどうやって読むの?

電子書籍を読むための端末としては、今このページをご覧になっている端末、つまりスマホ・タブレット・パソコン(Windows・Mac)があれば充分です。

各電子書籍ストアで用意されているアプリや、ChromeやSafari・Firefoxなどのブラウザでそのまま読めるブラウザビューワーを利用することで、電子書籍の読書ができます。

なおストアや電子書籍の種類によって若干、対応環境が異なる場合があります。ストアのヘルプや電子書籍の詳細ページで、利用環境を確認しておくと安心です。

【読み方】電子書籍用の専用端末は必要?

基本は上記の通り、スマホやパソコンがあれば電子書籍が読めますが、それ以外にもAmazonの販売しているKindle Paperwhiteのような電子書籍専用端末で読書をする、という方法があります。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー:Amazon

ですが個人的には専用端末よりは、【スマホ+アプリ】や【パソコン+ブラウザビューワー】での読書をオススメします。それはできるだけ多くの電子書籍をカバーするためには、複数ストアの利用が最適だから、です。

これも後述しますが、電子書籍はストアによって販売ラインナップが異なります。専用端末だとそのストアの書籍しか読めないので、必然的に読書の幅が狭まることに。アプリ等による汎用性の高い読書環境で、複数ストアの併用することで、より多くの電子書籍に触れることができます。

【買い方】購入にクレジットカードは必要?

電子書籍の購入には、クレジットカードの利用が一般的です。ですが多くの電子書籍ストアでは、クレカ以外の決済方法も用意されています。詳しくは後述しますが、プリペイドカードや電子マネー・キャッシュレス決済でも、電子書籍が購入できます。

ただし一部ストアでは、特定ジャンルの書籍の購入にはクレジットカード決済が必要、という場合もあります。ストアのヘルプ等で確認しておくと良いでしょう。

【買い方】電子書籍は安いの?お得に買うには?

一般的には電子書籍は、紙書籍と較べてお得な価格になっています。また大幅な値引きセールも行われるので、多読派にとってとても良い環境です。さらに、電子書籍ストアのセール・値引き傾向を知っておくと、よりお得に

例えばKindle電子書籍は、電子書籍ストアで共通で行われるセールのほかに、独自の値引き・ポイント還元セールを行います。一方、ブックライブやebookjapanなど国産の電子書籍ストアは、共通セール・独自セールの他に「クーポンによる値引き」を行う場合があります。

クーポンによる値引きを利用すると、新刊やセールなどですでに値引きされている書籍を、さらにお得な価格で購入できることがあります。複数のストアをチェックしておくと、より電子書籍購入が捗るでしょう。

使い方別:電子書籍ストアのオススメ

以下、決済方法や利用シチュエーションなど、使い方を考慮したオススメ電子書籍ストアのご紹介です。

とにかく沢山の電子書籍が読みたい

できるだけ多くの種類の電子書籍を読みたい、という場合は、やはりAmazonのKindle電子書籍の名前が一番に上がります。電子書籍のラインナップが一番充実しているストアと言えます。

利用ユーザーが半端なく多いので、出版社によっては「電子書籍はKindle版のみ」という場合もあります。またインディーズの有名電子書籍があるのも特徴。

ただし、逆に「Kindleに無い電子書籍」も存在するので、より多くのラインナップをカバーするためには、他の電子書籍ストアとの併用がオススメです。

読みやすさ・使いやすさ重視

電子書籍の読みやすさや、アプリ・サイトの使いやすさを重視するならば、一番のオススメは「ブックライブ(BookLive!)」。管理人はブックライブで電子書籍を一番多く購入、メインのストアとして利用しています。

アプリやブラウザビューワーの動作感が良く、またサイトのレスポンスがとても!スムーズ。無料本やセール本、キャンペーンもまとまっていて、検索機能も電子書籍ストアの中ではダントツに使いやすいです。

電子書籍をストレス無く読むには、サイトやアプリ・ビューワーの使いやすさも重要な要素。ぜひ無料の電子書籍などで試してみてください。

成人向けコンテンツが重要!

電子書籍と成人向けコンテンツほど、相性の良いものはありません(笑)。多くの電子書籍ストアでは成人向けコンテンツも多数取り揃えがありますが、その中でも質・量ともに半端無いのが【DMMブックス】(※成人向けブランドの名称はFANZA)。

他ストアで配信されている作品とは異なり、その「質」は比較的「紙書籍に近い」もの(察して!)。管理人はその違いに気づいたとき、愕然としました(笑)。DMMブックスで買い直した書籍もいくらかあります。50%を超える割引セールも常時開催されていて、お得。

個人的には複数ストアの使い分けがオススメなので、メインにKindleやブックライブ・ebookjapan、成人向けコンテンツ専用にDMMブックス、などという使い方もアリだと思います。

プリペイドカードを利用したい

電子書籍の決済方法としては、クレジットカードの利用が一般的。ですが「はじめて電子書籍を使う」という方の中には、まだクレカを作っていない場合もあるでしょう。

そんな時に便利なのが、コンビニやスーパー・家電量販店などで購入できるプリペイドカード。クレカ無しで電子書籍の購入ができます。


【参考:ブックライブのプリペイドカード】

専用のプリペイドカードがあるストアは、

などがあります。また「WebMoney」「BitCash」といった電子マネーを使えば、

でも電子書籍が購入できます。ただし「特定の電子書籍は決済方法がクレカのみ」といった場合があるのでご注意を(例:ebookjapanでのアダルト作品購入はクレカ決済のみ)。

キャッシュレス決済がお得

近年、キャッシュレス決済に対応した電子書籍ストアが増えましたが、その中でも特に便利なのが「PayPay(ペイペイ)」。対応ストアが多く、また大規模なポイント還元キャンペーンなどを開催してくれます。

そのキャンペーンの恩恵を大きく受けることできるのが、ebookjapan(イーブックジャパン)。PayPayの運営元であるYahoo!の電子書籍ストアということで、他ストアよりも大幅な還元をする傾向にあります。

普段のお買い物でPayPayを使うという方は、電子書籍ストアでebookjapanを選択すると、相乗効果があるでしょう。ちなみにebookjapanは、本棚の背表紙表示を取り入れているストア。本棚が埋まっていく感じが楽しい!です。

紙書籍も合わせて利用したい

電子書籍は非常に便利ですが、中には紙で買いたいという本もあるでしょう。電子と紙、両方を取り扱っているストアと言えばやはりAmazonですが、国産の電子書籍ストアでは「honto(ホント)」が便利。

特に「読割(よみわり)50」に対応している書籍ならば、hontoストア及び、丸善・ジュンク堂・文教堂などの提携書店で購入した紙書籍の「同一タイトルの電子書籍」を、50%OFFで購入できます(※購入から5年以内)。

紙と電子を割引価格で両方揃えることができる、というのは他ストアではあまり見られない特徴。Amazonに無い紙書籍をhontoで探す、という使い方もできます。

電子書籍ストアの割引傾向

最後、各電子書籍ストアの割引傾向をメモ的に掲載しておきます。

電子書籍ストアでは「共通セール(特定出版社のフェアなど)」が常時行われていますが、ストア独自のセールを行うことがあります。

特に大きな独自セールを行うのはKindle。またDMMブックスも独自の値引きやポイント還元を頻繁に行っています。

その他、下記のように、特定の出版社のセールを比較的多めに行うストアがあります。

  • ブックライブ(小学館マンガ25%OFF)
  • ebookjapan(集英社マンガ高ポイント還元)
  • honto(KADOKAWA書籍25%OFF)


【参考:ブックライブのセールまとめページより】

ほか、Kindleは新刊の値引きに弱いという特徴があります。対してその他の電子書籍ストアはクーポン(ブックライブ・hontoなど)やポイント還元(ebookjapan・DMMブックスなど)で新刊がお得に買える場合があります。この辺を理解しておくと、よりお得に電子書籍が購入できると思います。

まとめ

以上、「はじめての電子書籍。利用シーン別のおすすめストア」でした。電子書籍ストアでいろいろ特徴がありますが、理解して使うとより便利・お得に利用できるでしょう。

また記事内でも触れましたが、複数ストアの使い分けがオススメ。一つのストアを使い続けなければならない、という縛りはないので、自分に合う電子書籍ストア、お得なストアを探してみてください。個人的には、

  • Kindle+ブックライブ+DMMブックス
  • Kindle+ebookjapan+DMMブックス

のような組み合わせがオススメです。

記事中でご紹介した電子書籍ストアはこちら。

タイトルとURLをコピーしました