漫画『終の退魔師 ―エンダーガイスター』8巻ショート・レビュー

四方山貴史さんの漫画『終の退魔師 ―エンダーガイスター<無修正ver.>』8巻のショート・レビュー。

「殺し屋編」クライマックス。アキラたち退魔師を罠にかけた黒幕は、アキラの元上司・レッドアイだった!

30年前に魔神「ゴドー(我ちゃん)」と契約したレッドアイ。その力を持って緻密な計画を実行し、ジワジワとアキラたちを追い詰めていく。そしていよいよ、物語の最終到達地点が近づく…。

…からの!スカッとする展開!(詳しくはネタバレになるので割愛。)これこれ、この瞬間のために『終の退魔師 ―エンダーガイスター』読んでるんだよ!と強く叫びたくなるドラマティックな展開にシビれる。

そして8巻後半からは新たな局面へ。空路バチカンへ向かうアキラと千景。そこで待ち受けるイケメン神父は、どうやらアキラとは旧知の仲のようで…?

舞台を日本から移し、雰囲気も「退魔師」から「エクソシスト」になるのか?といった趣き。新キャラも魅力的で、今後の活躍が楽しみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました