「フリースタイル37」―2018年版「このマンガを読め!」を読む

「このマンガがすごい!2018」に続き年末のマンガ企画、カルチャー誌「フリースタイル」37号掲載の「THE BEST MANGA 2018 このマンガを読め!」を読みました。

雑誌「フリースタイル」は株式会社フリースタイル発行のエンターテインメント・ポップ・カルチャー誌。「THE BEST MANGA 2018 このマンガを読め!」は37号全ページの約半分を使っている漫画企画です。

スポンサーリンク

「THE BEST MANGA 2018 このマンガを読め!」について

「このマンガを読め!」はフリースタイル37号で14回目となる企画(フリースタイル誌の歴史より古い)。誌上で「架空の理想の書店」を作りたいとの思いからスタートしたそうです(同誌巻末より)。

対象は2016年11月1日から10月31日までの期間に、単行本または電子書籍が発売されたマンガ作品。漫画に詳しい著名人47名がそれぞれベスト10を挙げ、1位10点、2位9点…のように傾斜配点したものを集計。

ランキングでは37位までの漫画作品の順位を発表(同点による同順位あり)。「このマンガがすごい!」のようにオトコ編・オンナ編といった区別はありません。またランキングとは別に、各人の挙げたベスト10とコメントを掲載。全273点の漫画を紹介しています。

なお選者は下記の通りです(敬称略)。

森卓也 / 山田宏一 / 中条省平 / 飯沢耕太郎 / 榎本憲男 / 大西祥平 / 窪木淳子 / 佐久間文子 / 藤津亮太 / 枡野浩一 / 松浦正人 / とみさわ昭仁 / 白石朗 / 矢内賢二 / 尾上そら / 小沼純一 / 仲俣暁生 / 南信長 / 鏡明 / ヤマダトモコ / 南陀楼綾繁 / 米光一成 / 松永良平 / 加茂啓太郎 / 中野晴行 / 盛田隆二 / 吉田豪 / 吉村和明 / 柳下毅一郎 / 栗原裕一郎 / 村上知彦 / 風間賢二 / 筒井武文 / 小森収 / 山崎浩一 / 大根仁 / 高橋健太郎 / 遠藤諭 / いしかわじゅん

ランキング雑感(ネタバレ無し)

それでは「このマンガを読め!」2018ランキングの感想をネタバレ無しで。

いくつかの作品は「このマンガがすごい!」と重複する部分もありながら、雑誌の特徴なのか、選者の傾向なのか、やはりサブカルよりの漫画が多いイメージ。重複していても上位に来ている作品、そうでない作品が分かれていて興味深いところ。

少年誌・少女誌よりは圧倒的に青年誌・女性誌掲載の漫画が多いですね。巻数が若い作品が多いのも特徴。みんな忙しいから?

あとこれは皮肉でもなんでもなく、みんな「俺だけが知ってる俺の好きな漫画を知ってくれ!」という印象。嫌いじゃない。いや、これは自分がそんな感じだからそう思うだけかもしれないけど。

しかし「このマンガがすごい!2018」と同じく、自分が推している漫画はランキングには見当たらなかった…!勝手に悔しい。

本番は後半

この企画の出だしで「マンガ・ランキングに意味があるかはわかりませんが」とぶっちゃけているが、ホントにそう思う。「意味が無い」までは言わないけど、ジャンルや嗜好が細分化されまくっている現在では、なかなか万人受けするランキングは難しいもの。

しかし漫画好きとして注目したいのは企画後半の「全アンケート回答」。選者47人全員のベスト10とコメントを読むことができます。これが熱い。

各人10位までの漫画と、それに対して完結ながらも丁寧なコメントが。知らない作品、読んでみたい作品が多数見つかり、実におもしろい。読み応えがあります。個人的には大西祥平さんの選んだ作品が好き。

マンガ時事放談2018に注目

「このマンガを読め!」ランキングとは別におもしろかったのが「マンガ時事放談2018」。呉智英さん、いしかわじゅんさん、中野晴行さんがマンガ界の現状や傾向、未来についてざっくばらんに語る対談企画。

その中で興味深かったのが、

  • 黒字のマンガ誌はほとんどない?
  • ネット掲載マンガの原稿料は安い?その理由は?
  • マンガ家は地方に住むべき?

といったような話題。特に雑誌媒体とネットで原稿料が大幅に違うということ、そしてその理由が驚き半分、なるほど半分。

対談は割りと軽い感じでされていますが、細かく分析するとマンガ界の未来や、ビジネスチャンスに繋がったりするんじゃないかな、という印象です。

まとめ

以上、フリースタイル37号掲載、「THE BEST MANGA 2018 このマンガを読め!」を読んだ雑感でした。「このマンガがすごい!」もそうなんですが、やはり多種多彩な漫画とその評価を一瞥できる企画というのは、漫画好きには大変役に立つもの。

ランキングは参考として、おもしろい漫画を探すための道具ととして見ると、よりおもしろい漫画に出会える確率が上がるのでは。

漫画データ
タイトル:フリースタイル37 特集 THE BEST MANGA 2018 このマンガを読め!著者:呉 智英出版社:フリースタイル発行日:2017-12-12