「藤子・F・不二雄少年SF短編集」全2巻―ドラえもんの次に読みたい少年SF

藤子・F・不二雄と言えば、今でもテレビアニメが大人気の「ドラえもん」はじめ、幼児から小学生まで幅広く楽しめる、愉快な漫画作品が目白押しです。

そして子供向けの藤子漫画を卒業したら、次に読んでおきたいのはこれ。

小学館コロコロ文庫より刊行されている「藤子・F・不二雄少年SF短編集」全2巻です。

藤子・F・不二雄少年SF短編集

藤子・F・不二雄先生と言えば、「ミノタウロスの皿」「カンビュセスの籤」といった大人向けのSF(すこしふしぎ)漫画を数多く書かれています。

ですがこちらは、週刊少年サンデーなど主に少年少女向けの媒体で発表されたSF漫画です。

サブタイトルは1巻が「未来ドロボウ」、2巻が「絶滅の島」と少し聞き慣れないものですが、聞けば「あれか!」と思い至る珠玉の名作も収録しています。

スポンサーリンク

収録作

「藤子・F・不二雄少年SF短編集」全2巻の収録作です。

1巻「未来ドロボウ」

  • ひとりぼっちの宇宙戦争
  • コマーさる
  • なくな!ゆうれい
  • 未来ドロボウ
  • 四畳半SL旅行
  • 恋人製造法
  • ニューイヤー星調査行
  • 宇宙船製造法

2巻「絶滅の島」

  • ポストの中の明日
  • おれ、夕子
  • 流血鬼
  • ふたりぼっち
  • 宇宙からのおとし玉
  • アン子 大いに怒る
  • 絶滅の島
  • 山寺グラフィティ
  • 世界名作童話

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

おすすめ作品

1・2巻合わせて、個人的におすすめの漫画をチョイス。

ひとりぼっちの宇宙戦争

1巻より。自らの意思と関係なく、地球の命運を賭けた戦争の代表に選ばれた少年。時の止まった中、孤独な戦いの結末は…。

誰も知らない、誰にも知られることのない、しかしその肩には重い運命がのっているというシチュエーション。この空気感がたまらない名作SF。タイトルも秀逸。

宇宙船製造法

1巻より。銀河系の果て、地球型の惑星に不時着した宇宙船。地球への帰還が絶望的な状況で、クルーである少年少女たちは結束してサバイバルを始めるが…。

限定された環境での人間関係がいかように展開されるか。短編ながら実に中身の濃い一作。そして道を切り開くのはいつもあきらめないやつだけなのだ。

ポストの中の明日

2巻より。樹海で遭難した少年少女。しかし主人公・市川はこの遭難を「すでに知っていた」。ポストに届く新聞の記事が、彼にだけ「明日の事実」に視えていたからだ。

避けられなかった遭難。市川たちは樹海から抜け出すことができるか。

「予知能力」ってツライ能力ですよね。トラブルを避けようと行動したら変人扱いされるし、避けられなかったら「なんで努力しなかったんだ」って責められるし。

そんな少年の苦悩を描いた本作。ラストのセリフが好きだなぁ。

山寺グラフィティ

2巻より。青年・加藤は東京で一人の女性と出会う。彼女は若くして死んだ郷里の幼馴染みそっくりだった。

もの言わぬ彼女は何者なのか?真実を確かめるために加藤は故郷の山寺駅に降り立つ。

割りと殺伐としたSFの多い藤子F作品ですが(笑)、これは美しい話。素直に感動しました。

SFか?って言われると微妙だけど、こんな話があってもいいじゃないか。写実的な背景も良い雰囲気を醸し出します。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「藤子・F・不二雄少年SF短編集」全2巻のご紹介でした。

ドラえもんやパーマンなど子供向けの藤子漫画しか知らない、という方にオススメです。

青少年のみならず、大人が読んでも楽しめる作品ばかりですよ。

ただし「絶滅の島」はちょっとショッキングな表現もあるので注意…。

漫画データ
タイトル:藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫)著者:藤子・F・不二雄出版社:小学館発行日:1996-04-01
漫画データ
タイトル:藤子・F・不二雄少年SF短編集 (2) (小学館コロコロ文庫)著者:藤子・F・不二雄出版社:小学館発行日:1996-04-01