漫画「銀河のカーテンコール」1巻ショート・レビュー

北駒生さんの漫画「銀河のカーテンコール」1巻ショート・レビュー。

婚約を解消した図書館司書・眞(まこと)が、かつて祖母の庭を手入れしたこともある元職人・お誠(せい)さんに出会い、思いを募らせていく、という「年の差40歳」の恋愛ストーリー。月刊モーニング連載。

眞は婚約解消、お誠さんは仕事引退と、それぞれ「終わった」人間。そんな二人が出会い、植物を介した交流を続けていく様が、じっくりと描かれていく。

今のところは眞が一方的にお誠さんの実直な人柄に惹かれていく、という感じなのだが、その中に元婚約者や美青年が絡んできて、さてどうなる?というのが気になるところ。物語全体に漂うシックな雰囲気が心地よく、また時折挟まれるコメディ要素も面白い。

物語は1巻ということでまだまだ始まったばかり。本格的に盛り上がるのはこれからだと思うが、とにかく印象的なのが丁寧な作画。人物はもちろん、よく描き込まれた風景描写が素晴らしく素敵。冒頭+中盤のカラーページも美麗でとても良い。落ち着いた大人のラブ・ストーリー、次巻にも期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました