「ゴールデンゴールド」―離島を侵食する異形は神か悪魔か

この記事は約3分で読めます。

離島の少女が海辺で拾った不気味な人形は、人々の欲望を飲み込みやがて島を侵食していく―。

堀尾省太さん描く漫画「ゴールデンゴールド」。「このマンガがすごい!2017」「マンガ大賞2017」ほか、数多くの人気マンガ賞にノミネート・ランクインしているオカルト・ホラー漫画です。

物語のキーとなるのは、耳たぶが垂れた、福々しさと禍々しさが同居したような何とも言えない容貌の「フクノカミ」。

SFホラーを描いた「刻々」で一躍人気になった作者の堀尾氏。高橋のぼる氏と能條純一氏に師事したそうですが、なるほど確かに能條氏の雰囲気を継いでいる画風です。

「ゴールデンゴールド」レビュー

あらすじ

戦国の世。海辺を歩く一人の侍の足元には、一様に不気味な表情を浮かべた亡骸の群れが横たわる。刀を納めながらつぶやく侍。「奴だけがおらん…」

時は流れて現代。親と離れ、離島で商店兼民宿を営む祖母と暮らす早坂琉花(はやさかるか)は、想いをよせる男子のために、アニメショップを島に建てたいと願う中学生。

ある日、海岸で奇妙な置物を拾った彼女。「福の神」らしきそれを磨き、願を掛けようと祠に祀ると、異様な姿の「フクノカミ」が出現。

なぜか祖母宅に居座ったフクノカミ。琉花や宿泊客である作家・黒蓮らには異形に見えるが、島の人間には「ちっちゃいおっさん」にしか見えないそれ。やがて祖母の商店に幸運をもたらすようになる。

外見も華やかになり、事業を拡大しようと精力的に動き出す琉花の祖母。活気づき、しかし突き動かされるように動く彼女の背後には、怪しげなフクノカミの力が…。

ゴールデンゴールド(1) (モーニングコミックス)堀尾省太:講談社

少女の拾った「異形の神」

主人公・琉花の拾った、不思議で不気味な「フクノカミ」。得体の知れないそれが、琉花の住む離島をじわりじわりと侵食していく。真綿で首を締め上げる様なおそろしさが描かれる「ゴールデンゴールド」。前作「刻々」とは異なった恐怖を味あわせてくれます。

琉花や黒蓮など、島外出身者の目には奇妙な姿にうつっても、島内の人間には自然に受け入れられている、というのが不思議なところ。それだけに周囲が異常に気づかないことに対する、琉花の焦燥が伝わります。

もし自分が琉花の立場だったら…。きっと恐ろしいぐらいのもどかしさを感じるでしょう。そしてその後に来るのは、なんとも言いようのない恐怖。

如実にあらわれるフクノカミの影響

フクノカミは、琉花の周囲に確実に、不思議で不気味な影響を及ぼし始めます。

まず変化が顕れたのは琉花の祖母。経営する商店の品物が突如爆発的に売れるや、精力的に活動を開始。フクノカミを据える神棚を作り、事業の拡大を始めます。

2巻では小さい店がコンビニに。その次はスーパーと、突き動かされるように事業を拡大しようとする祖母。その言動からは次第に人情味が失われ…?

加速する島の発展、そして反発

しかしそこは狭い島でのこと。当然反発する人間も出現。危機感をいだいたスーパー経営者があからさまな嫌がらせを仕掛けてきます。

が、祖母は歯牙にもかけず、むしろ「ライバルにもならん」と一蹴。さらに島の人間を巻き込んで、島の力を強化するための勉強会「寧強会」を発足。

しかしそれは只の勉強会にあらず。支持者はフクノカミの力により、商売繁盛など恩恵を受けることに。そして変化を嫌う旧勢力は強硬手段を…。

カルト的な力を発揮する新興勢力VS既得権益者、という対立軸はいつの世も変わることがありません。こういうリアルでいや~な部分の描き方は「刻々」からさらに磨きがかかって、いい意味でげんなり(笑)。

対抗する不思議な力

対抗勢力を黙って見過ごさないのはフクノカミ。怪しげな力を発揮し、祖母に敵対する人間たちに制裁を…。

具体的なネタバレは避けますが、いよいよ2巻で本格的なホラー・オカルト展開が。恐ろしくも、暗く深い穴の底に落ちていくかのような感覚。ワクワクが止まりません。

まとめ

堀尾省太さんは雰囲気というか、物語の世界観づくりが実に巧み。ちょっとした「点」からはじまったものが、その正体はわからないのだけれど、じわじわと「何か」を広げていく。

フクノカミの目的は何か?

島民はどうなってしまうのか?

そもそもフクノカミってなんだ?

そんな「得体の知れない恐怖」の行き着く先が、気になってしょうがありません。序盤では主人公・琉花は事態の傍観者ですが、協力者になりそうな黒蓮と協力しての活躍も楽しみ。

「ゴールデンゴールド」、これから盛り上がり必至の漫画なので、はまるなら今だ!おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました