「ゴールデンカムイ」―アイヌの埋蔵金を手にするのは誰だ

今、もっとも勢いのある漫画の一つ、といって間違いないでしょう。

週刊ヤングジャンプ連載、野田サトル氏描くアクション・サスペンス漫画「ゴールデンカムイ」です。

「カムイ」というタイトルの通り、随所にアイヌ文化の描写を取り込み、それがまた本作の魅力の一つともなっています。

主人公は1巻表紙の元軍人・杉元。あだ名は「不死身の杉元」です。

そしてこちらが杉元の相棒となり、行動を共にするアイヌの少女・アシㇼパ。

白い狼を従えるその姿。荘厳な雰囲気を持ちますが、その魅力は後ほど…。

スポンサーリンク

あらすじ

日露戦争に従軍した元陸軍兵・杉元は、その驚異的な戦闘力・身体能力から「不死身の杉元」とあざなされる。

幼馴染みで、また戦士した親友の妻でもある女性の病気治療を助けるため、戦後は北海道で砂金を探す日々。

そんな中、杉元と共に砂金を探す怪しげな男は、彼に「面白い話」をはじめる。

日本人に対抗するため、一部のアイヌが軍資金として密かに貯めていた20貫(約75kg)の金。

それを一人の男がアイヌを皆殺しにして奪取、北海道のどこかに隠蔽。

やがて死刑囚として男は網走監獄に収監。

外の仲間に知らせるため、死刑囚たちの体に埋蔵金のありかを記した入れ墨を施す。

「脱獄しろ。成功した奴には金塊を半分やる」とほのめかして。

話の最中、「しゃべりすぎた」と男に襲われる杉元。

与太話と聞き流していたが、襲われたことで逆にその話が真実だと確信。

そしてヒグマに襲われた男の背中には、果たして入れ墨が…。

入れ墨を守るためにヒグマと戦う杉元は、偶然いあわせたアイヌの少女・アシㇼパに助けられる。

カネが必要な杉元と、殺されたアイヌの中に自分の父親もいたと言うアシㇼパ。

アイヌの埋蔵金を探すため二人は協力関係を築くが、埋蔵金を狙うは彼らだけにあらず―。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「ゴールデンカムイ」感想

紙書籍版では10巻まで発売されていますが、私は1~9巻までを読了。

今更ではありますが、文句なくおもしろい!

「このマンガがすごい!2016」のベスト10ランクイン作品(2017ではベスト50にランクイン)、「マンガ大賞2016」では大賞も取っています。

そのおもしろさは、

  • 埋蔵金を巡る骨太なアクション
  • アイヌ文化とグルメ
  • バトルと笑いのバランス

と大きく3つに大別できます。

埋蔵金を巡る骨太なアクション

杉元・アシㇼパ勢。

陸軍中尉・鶴見率いる大日本帝国陸軍第7師団。

元・新撰組の土方・永倉中心の土方勢。

脱獄した囚人たちの入れ墨を巡って争うのは、この三勢力。

その多くが軍人・武人なのでガタイが良くて血気盛ん。まさに「出会って3秒でバトル」状態。

敵と認識するやいなや、銃・刀・格闘技などを駆使して血みどろの戦いを繰り広げます。

北海道が舞台ということで戦うのは人間だけにあらず。時にはヒグマや狼との戦いも。

特にヒグマの存在はただただ恐怖。ヒグマの脅威を描いた作品は多々あるので、興味があればググってみてください。ガクブルです。

そんな「殺るか殺られるか」の世界。金がかかっているからには当然策謀や裏切りも当たり前。

かつての敵との共闘・駆け引きもあって、先の読めないスリリングな展開。

物語に引き込まれます。

アイヌ文化とグルメ

「ゴールデンカムイ」の魅力の一つとなっているのが、リアリティーのあるアイヌ文化の描写。

アイヌの少女・アシㇼパをはじめ、多くのアイヌ人が登場。その文化が詳細に描かれます。

言葉・信仰・風習・衣服・狩猟方法など、興味深い内容です。

特に目を引くのがアイヌの食事。

劇中ではアシㇼパが作ることが多いのですが、獲物の解体から各部位の調理方法・食べ方がリアル。

そんなアイヌ料理を見ていて「食べたい!」と思うこと、数知れず。

捌きたての熊肉・鹿肉とか贅沢!ですね。

そしてアシㇼパに動物の脳みそなど、ちょっとグロテスクな部位を勧められる杉元。

「ヒンナヒンナ(食事に対する感謝の言葉)」と、虚ろな目をしながら食べる杉元のつぶらな目が好きw。

バトルと笑いのバランス

日露戦争を生き残った、ほぼ現役の軍人達がメインキャラクター。

また金品をめぐる争いということで自然、殺伐になりがちな話。

ですが「ゴールデンカムイ」のいいところは、そこに「笑い」をバランス良く織り交ぜているところ。

杉元とアシㇼパのやり取りのみならず、仲間となる脱獄王・白石の存在が、物語に笑いの華を添えています。

容赦のない争いが描かれつつも、物語には常に笑いが。

両者が共存しているのは作者・野田サトル氏のバランス感覚によるものなのでしょう。

特に笑ったのは、第6巻収録の第51話「殺人ホテルだよ全員集合!!」から第55話「鰊七十郎」の扉絵まで。

ある程度の年代ならばピンとくるでしょう。ドリフのパロディが随所に埋め込まれています。

猟奇的な囚人が経営するホテルから脱出する一行。

階段が滑り台になって「何なんだ!?この仕掛は」と突っ込む杉元。

大笑いしました。

スポンサーリンク

まとめ

以上、漫画「ゴールデンカムイ」1~9巻までを読んだ感想。

単行本も10巻と二桁に突入していますが、テンポを維持しつつどんどん面白くなってきている作品。これからも目が離せません。

ちょっとショッキングな描写もあるので、苦手な方には注意を促しておきます。

しかしそれを踏まえても読まずにおくのはもったいない、オススメのアクション漫画。

未読の方は是非その世界観に触れてください。一気読み必至です。

漫画データ
タイトル:ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)著者:野田サトル出版社:集英社発行日:2015-01-19