「はじめアルゴリズム」―世界は数学で出来ている

数学、というものから縁遠い人生を送ってきた私。そんな私が「数学を肌で感じる」ことができた漫画がこちら。

三原和人さんの漫画「はじめアルゴリズム」。老数学者が離島で出会った、数学が大好きな天才少年の成長物語です。講談社モーニングKCより1巻が刊行中。

「はじめアルゴリズム」レビュー

老数学者の絶望

「若者の学問」と言われる数学。その世界でかつては天才数学者ともてはやされたが、自らの衰えを感じている老数学者・内田

「キサマらにはわかるまいっっ!!」

出身地の離島で講演をするも、数学に関心のない聴衆に向かってキレる始末。世間の数学への無理解に失望します。

難問の解決には「粘り」が必要で、肉体の衰えはそのまま精神の衰えに繋がる数学の世界。数学史上、50歳を越えての大発見はほとんど無いそうです。

天才少年との出会い

そんな自身の現状を理解しながらも、発見の喜びを渇望する彼が向かったのは、廃校となった母校の中学

校舎内で、学生の頃に自らが壁に描いた数式を懐かしむ内田。感慨にふけるが、そこに新たな式が足されていることに気付きます。

「いったい誰が…!」

その独創的な式を見て感じたのは、「天才のようであり、まるで阿呆」。そして校舎の中庭で、運命的な出会いを果たします。

少年の望み

木もれ陽のもとで、雲の運動、木の枝の分岐、水の波紋の伝わりなど、「世界」を数式であらわそうとする少年。彼こそが数式の主である、関口ハジメ


[三原和人 著 講談社「はじめアルゴリズム」1巻より引用]

その独創的な数式に内田が抱いたイメージは、「違う世界の生き物の数学を見ているよう」。ハジメとの出会いに運命を感じた内田は、彼に「君は数学で何をしたい?」と問いかけます。

「(数学によって)世界を全部知りたい」

その答えを聞いた内田。数学者である自身の最後の仕事として、はじめを導くことを決意。ここに「はじめアルゴリズム」の物語がスタートします。ちなみにこの時、内田は鼻血がダラダラ垂れてます。

漫画データ
はじめアルゴリズム(1) (モーニングコミックス)著者:三原和人出版社:講談社発行日:2017-11-22

漫画でイメージ化される「数学」

「数学」という、人によっては少しとっつきにくい学問の世界。学生時代に挫折してしまった方も多いのでは(私もその口)。

しかし「はじめアルゴリズム」は、そんな数学苦手マンでも安心。専門的にして難解なその世界を、やわらかなイメージ中心で描写。難しいセリフや数式は控えめで、読みやすい漫画になっています。

印象的なのは第2話。内田とハジメが、互いが心に持つ「数学」を巡り、海辺でセリフの無い「戦い」を繰り広げます。


[三原和人 著 講談社「はじめアルゴリズム」1巻より引用]

カモメたちが飛ぶ位置や、不規則な波飛沫、雲の流れや降り注ぐ日光。自然を全て数式であらわそうと、イキイキと無音の激論を戦わせる二人の姿。ユニークな「イメージ化された数の世界」を見せてくれます。

作者・三原和人さんの表現力が素晴らしい。強弱がしっかりしながら、全体としては不思議と柔らかさ・繊細さを感じさせる線。華やかさがあって漫画を読むシンプルな楽しさを感じさせてくれます。

ハジメの目に映るものは?

そんなハジメ。後半ではその世界を広げるため、内田とともに島を出ることを決意。そこで描かれる母とのエピソードが素敵。

数学の天才であるハジメと、見ているもの・感じるものが違うのではないか?と不安に思う母。

ハジメの見てる世界を、いつかお母さんに見せて。そんな風に語る母の手を取り、ハジメが向かった先は島が一望できる高台


[三原和人 著 講談社「はじめアルゴリズム」1巻より引用]

幼い頃、母に連れられてまわった養鶏場やお寺を指しながら、「見てる世界は一緒だよ」と語るハジメ。数学の天才少年と聞くと、一般人としては少し構えてしまいがち。しかし同じ人間、見ている世界は決して違うものではない。ハジメの存在がグッと身近に感じられる瞬間です。

輝きを持ち始める数学の世界

数学によって結びついた内田とハジメ。

かたやその幼き瞳に可能性を感じ、彼を導くことを人生の集大成とする老人。

かたや蓄積された老獪な経験と知識に導かれ、今まさにその能力を引き出されんとする、未来ある若者。

年齢は大きく離れていますが、共に心に抱くのは数学への熱い想い。そんな二人が奇跡的な出会いを果たし、世界がパーッ!と開けていく。豊かな表現で描かれるイメージが、胸を打ちます

そして家族・学校・島といった小さいコミュニティから、やがて大きく羽ばたこうとするはじめ。彼がどのような数学の道をたどるのか?今後、ハジメの世界がどのように広がっていくか、ワクワクします。

まとめ

といわけで三原和人さんの漫画「はじめアルゴリズム」1巻。とかく輝きに満ちた世界が胸を満たす、楽しい作品でした。数学が苦手な人でも楽しく読める漫画です。

また安定した絵柄とストーリーはもちろん、真っ直ぐ前を向く明るいキャラクターたちも魅力的。ハジメと内田のコンビ以外にも、ハジメの母や、姉的な存在として彼を見守る離島の少女・ヒナなど、温かみのある人物たちに、思わずほっこりします。

そして内田の下で数学を学ばんとするハジメ。2巻ではその世界を広げる新展開もあるようで、続きが楽しみです。

漫画データ
はじめアルゴリズム(1) (モーニングコミックス)著者:三原和人出版社:講談社発行日:2017-11-22

コメント