漫画「はなまる魔法教室」1巻―もしも先生が「魔法使い」だったなら

もしも魔法が使えたら―。

少年少女なら誰しもが抱く憧れ。それが魔法使いの先生によって現実になったら?

そんな不思議な「魔法学級」を描いているのが裏サンデー連載の漫画「はなまる魔法教室」。突如クラスの担任となった魔女先生と児童たちの、ファンタジックな交流が描かれます。

裏サンデーで連載中の『はなまる魔法教室』の作品詳細ページです。

裏サンデーの紹介ページで試し読みもできます。

スポンサーリンク

あらすじ

何をしてもどんくさい小学6年生・若草八起(わかくさ・やおき)。彼はある夜、空を飛ぶ「魔女」の姿を目撃するが、おさななじみの幸子(さっちゃん)は信じてくれない。

そして新学期のクラス替え。6年2組、八起の担任は新任の女性教師・十色魔彩(といろ・まあや)。前任校で魔法を教えていたという彼女は、八起が見たあの魔法使いだった。

HRの時間、八起たちの前で魔法を披露するマーヤ先生。「魔法資質児童発掘計画(マジックスカウト)」により一般児童の中から資質ある子どもを探すのが目的。彼女は6年2組の中に「日本一の魔法の才能を持った子どもがいる」と言うが…?

「はなまる魔法教室」1巻感想

「はなまる魔法教室」、ファンタジーテイストあふれる漫画。おもしろかった!

まず何と言っても魔法先生・十色魔彩の存在。「こんな先生に教えて欲しかった…!」という魅力にあふれています。若くてキレイだから?魔法が使えるから?いえいえ、それだけではありません。

彼女にはマジックスカウトという目的がありますが、先生という職業については実は「やりたかっただけ」。でも子どもたち一人ひとりの個性を掴み、良いところを見逃さない。そして生徒たちが持てる力を発揮した時、魔法のペンで空中に「はなまる」を描いてくれる。何ともステキな先生です。

子どもたちの描かれ方もすごく丁寧。ちょっと不器用な主人公・八起。幼馴染みだけど思春期で彼と距離を起こうとするさっちゃん。八起にやたらとつっかかるイヤなヤツ・千葉。一見おとなしめだけど芯の強いしっかり者・のぼっさん。などなど、自身の小学校時代を思い返して「こんな子たち、いたいた!」と思わせる6年2組の面々。なんだかなつかしい。

そして読んでいて楽しいのは、太めの線から生み出されるイラストチック・版画的な絵柄。丁寧に描かれる八起・魔彩たちキャラクターからクラスの風景まで。それが魔法のシーンでは一転、パーッ!と華やかさがページ一杯に広がる。日常が魔法世界に変わっていくワクワク感があり、繰り返し見返したくなる魅力があります。作者・井上知之さんのセンスが伝わりますね。

肝心のストーリー、気になるのは八起くん。1巻で彼はある喜び、そして挫折を味わいます。魔法に関わるその出来事に落ち込む八起くん、しかしマーヤ先生は意外な気持ちを表します。ああ、こんな先生がいたら…!と思わずにはいられない素敵なお話。

というわけで漫画「はなまる魔法教室」第1巻の感想。大人はもちろん、子どもたちが読んでもきっと楽しいであろう、「はなまる」な作品でした。クラスの誰が魔法使いの才能を持った子どもなのか?というのがこれからの気になるところ。2巻も楽しみです。

漫画データ
タイトル:はなまる魔法教室(1) (裏少年サンデーコミックス)著者:井上知之出版社:小学館発行日:2017-06-19