「はてなデパート」―デパートの優しい秘密を描いた連作短編集

以前に谷和野(たに・かずの)さんの短編集「魔法自家発電」を読みました

それから少し時間が空いてしまいましたが、次に手に取ったのはこちら。

漫画「はてなデパート」です。

宙に浮かぶかのような男女が、なんともファンタジックな空気を醸し出す。

かわいらしい表紙の全1巻完結漫画です。

スポンサーリンク

概要

とあるデパートを舞台に、人々におこるちょっと不思議な出来事を描いた連作短編集「はてなデパート」。

  • 第1話「バウンド」
  • 第2話「カム ホーム」
  • 第3話「ウィンドウ・エスケープ」
  • 第4話「おすそわけ」
  • 第5話「胸の鈴」
  • 最終話「ギフトボックス」

以上の6編を収録しています。

デパートに一人で取り残された少女。眠り込んで目覚めると大人の姿に。夜の売り場を冒険する彼女が出会ったのは―?(「バウンド」)

家具売場の男性店員は、いたずらをする男の子に悩まされる。男の子は何かを訴えかけているようだが―。(「カム ホーム」)

など、ファンタジックな物語が描かれます。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「はてなデパート」感想

アカンでしょ…。

おっちゃん、泣きそうになってもうたやん(T^T)

最初は「うんうん、ファンタジーやねぇ」なんてほのぼの読んでました。

が、中盤以降、ちょっと風向きが変わって過去話に。

「はてなデパート」に共通の登場人物として「長いヒゲの男性」がいるのですが、その弾性とデパートの関わりが描かれます。

そしてデパートで不思議なことが起きてきた理由が…。

読み終わった瞬間、今まで別個の存在であった物語がつながりを持ち、一つの優しい物語が完成する。読者の心にいつまでも残るような。

人と人とのつながりを丁寧に描き感動を生み出す、そんな素晴らしい漫画でした。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで漫画「はてなデパート」の感想でした。

これ、今調べたら「このマンガがすごい!2017」にも「マンガ大賞2017」にもノミネートされてないんですね。実にもったいない。

作者・谷和野さんのセンスと優しさが光る漫画「はてなデパート」。たくさんの人に読んで欲しい、素敵な作品です。おすすめ。

漫画データ
タイトル:はてなデパート (フラワーコミックスα)著者:谷和野出版社:小学館発行日:2016-04-08