「五佰年BOX(いほとせボックス)」2巻―「箱」の新たな秘密と歴史の謎

これはちょっと予想外の広がりを見せてきた…!

宮尾行巳さん描く漫画「五佰年BOX(いほとせボックス)」、待望の第2巻を読みました。

1巻では箱を覗く主人公・叶多と、それを振り返り見上げる過去の世界の少女・キサ、というカバーの構図でしたが、2巻では少し異なるものに。

天から降りてくる神の手を見上げるキサ、という構図が、物語での彼女の重要性を示しているような。

なお本記事は続刊のレビューとなります。ネタバレは極力避けますが、「五佰年BOX」1巻の内容に触れる部分があります。未読の方、詳しいあらすじを知りたい方は1巻のレビューをご覧ください

スポンサーリンク

「五佰年BOX」2巻レビュー

漫画データ
五佰年BOX(2) (イブニングコミックス)著者:宮尾行巳出版社:講談社発行日:2017-12-22

過去と未来を繋ぐ「箱」

過去世界にて、キサが武家の嫡男・貞清に刀を突きつけられた前巻ラストより。何やら追われている風情の貞清。それを「箱」から見下ろす叶多の行動、そしてキサの命は―。

一方の現代世界。箱の作用で世界からいなくなった真奈を探すために、山崎という協力者を得た叶多。二人で箱の法則を探ろうとするが…。

という、1巻からの続き。過去をのぞき、そして現代世界に影響を与える「箱」の謎が描かれます。

「箱」の存在を知っている真樹

真奈のいない世界で、真奈に変わる叶多の幼馴染として存在する真樹(まさき)。実は彼も箱の存在を知っているような素振り


[宮尾行巳 著 講談社「五佰年BOX2巻より引用]

箱を見て「これは俺の箱だ…!」

確かに元々和泉家(真奈・真樹の家)にあった箱なので、真樹がその存在を知っていてもおかしくはない。

しかし真樹は子どもの頃にすでに箱に触れているようで、70年近く箱を開けていない、という叶多の世界の記憶とは少し違うよう。この食い違いは何だ―?気になるポイントです。

真奈は消えていない?

割りとオロオロしっぱなしの叶多(笑)に対して、冷静に箱の分析をする山崎。

真樹の言動を元に閃いたのは、真樹と真奈が「同時に」存在している可能性。つまり「パラレルワールド」の存在。

そして箱はパラレルワールドをつくるツールではないか、という仮説を立てます。

…そう来たか。「五佰年BOX」1巻では叶多のいる世界の様相が変わった、という感じでしたが、ひょっとしたら叶多が世界を移動した、とか?

現時点ではあくまでも山崎の仮説であって確定ではないのですが、う~ん、頭がこんがらがってきたw。

重要な真樹視点

2巻で驚いたのは、予想外に真樹にスポットが当たること。家庭状況や幼少時の記憶など、真樹視点のエピソードが多々登場します。

叶多メインの物語と思いきや、意外な存在感を見せる真樹。そして彼が箱に対して起こした行動が、現実世界へ予想のつかない影響を。

これはややこしい。う~ん、頭がこんがらがってきたw(二回目)。

彼が「五佰年BOX」の中で重要なポジションとなっていく様が描かれます。と同時に、ヒロイン・真奈の影がどんどん薄く(笑)。

歴史を紐解く新キャラクター

箱の謎を解くために重要となってくるのが、歴史への理解。箱の中の少女・キサの話す言葉の意味を知りたいと願う叶多ですが、とんと理解できない。

そこで登場する新キャラクターが、彼方の大学の社会学研究会部長・道成怜乃(どうじょう・れいの)


[宮尾行巳 著 講談社「五佰年BOX2巻より引用]

一見パンク風で、彼方の「一目で苦手なタイプ」である道成。しかし歴史のことになると異常な執着心を見せる彼女。そのギャップがおもしろい。

今のところ核心に関わるポジションではありませんが、物語を動かしてくれそうな、ユニークなキャラクター。今後の活躍が楽しみです。

過去世界の展開

そして忘れちゃならんのが、現代と並行して描かれる、キサのいる過去世界。農民であるキサと、図らずも近づいていく武家の貞清。


[宮尾行巳 著 講談社「五佰年BOX2巻より引用]

命の保証のない戦国の世。一歩間違えばいつ死んでもおかしない世界に生きる彼女に取って、箱から降りてくる「天の目」がどのような存在になっていくのか。それがキサと貞清にどのような影響を与えていくのか。

「五佰年BOX」のもう一人のヒロインとも言えるキサ。武家にも物怖じしない彼女、その存在感がいいですね。そして歴史大好きな作者の宮尾さん。現代世界と過去世界のかき分けが見事。

それにしても過去と現在が、今後どのように繋がっていくのか…?終盤ではその一端が仄めかされますが、まだまだ謎ばかり。先の読めないおもしろさがあります。

まとめ

そして新たな「箱の秘密」が描かれる終盤。謎の核心部分には届かない感じですが、より一層深みと広がりを見せてくれた漫画「五佰年BOX」第2巻でした。

パラレルワールドやタイムパラドックス的なSF世界のおもしろさもさながら、人間ドラマの展開、時代描写も魅力的な作品。続きがますます楽しみです。

漫画データ
五佰年BOX(2) (イブニングコミックス)著者:宮尾行巳出版社:講談社発行日:2017-12-22

コメント