「このマンガがすごい!2018」雑感(ネタバレ無し)

すっかり年末の風物詩となった「このマンガがすごい!」。2017年12月9日に最新版である「このマンガがすごい!2018」が発売されました。

早速買ってきた同誌。ランキングを中心に、中身のチェックが終わったので雑感を。なおランキングを楽しみにしている方のために、表紙以上のネタバレはありません。

スポンサーリンク

「このマンガがすごい!」について

「このマンガがすごい!2018」の選考対象は、2016年10月1日から2017年9月30日の期間に単行本が発売された漫画。

オトコ編では「あの人が選ぶ」(14名)、「書店員が選ぶ」(21店舗)、「雑誌編集者が絵選ぶ」(4誌)、「各界のマンガ好きが選ぶ」(51名)から各アンケートを取得。

それぞれ1位=10点、2位=9点、3位=8点、4位=7点、5位=6点とし、また「あの人が選ぶ」「雑誌編集者が絵選ぶ」「各界のマンガ好きが選ぶ」についてはオンナ編回答者もオトコ編作品から1作品回答可能、同点を5点として計上する、という方式。

以上によって加算されたポイントから、ランキングが決定されます。なおオンナ編では多少選考委員が異なりますが、基本はオトコ編と同じ形式で集計されています。

オトコ編について

ではランキングの感想について。まずはオトコ編から。

…絶望しました。

自分の感覚と世間との乖離に(笑)。

1位の「約束のネバーランド」は未読。少年誌掲載の「脱獄サスペンス」ということで、おもしろそうだなぁ、というイメージ。

20位までに入った漫画をざっと眺めると、少年向け・青年向けを問わず冒険モノ・アクションモノが多い感じですね。

2017年のランキングとも見比べましたが、大人向けの落ち着いた漫画が減ったなぁ、という印象です。

オンナ編について

1位は「マロニエ王国の七人の騎士」(未読)。作者の岩本ナオさんは2017年の「金の国 水の国」に続いて2年連続1位を取得。

かつて「ハチミツとクローバー」が2連覇をしたことはあったそうですが、同一作者が別作品で2年連続の1位は初めてだそうです。

20位までの作品をチェックすると、既読・未読いろいろありますが、どれも1年間に耳にしたことのある作品ばかりで、なるほど、といった感じ。13位に入った作品はちょっと嬉しい。

しかし数ある漫画作品の中で、同一作者の漫画が2年連続受賞をしてしまうほど、他の作品に勢いが無かったのか?というのはちょっと気になるところ。

その他雑感

「各界のマンガ好きが選ぶ」作品が、オトコ編もオンナ編もバラエティに富んでいて良かったです。

「ああ、この人達、ホントに漫画が好きなんだな」というのがビンビン伝わってきます。

ランキング上位に上がって来ない、通好みの漫画を探すならば、ここからググってみるのがオススメ。

2018年版に限らず「このマンガがすごい!」の意義、というか役に立つところは、

  • 多種多様・多彩なジャンルの漫画をコメント付きで一覧できること
  • いろんな漫画読みの推薦するマンガをまとめて知ることができること

であると常々考えています。

ランキングも気になるところではあるのですが、「漫画探しの道具」としての優れた性質を活かさない手はない!

私はいつも後半を重点的に読んでいますw。

個人的ランキング

「このマンガがすごい!2018」の選考対象に該当する漫画の中で、個人的なランキングをオトコ編は10位まで、オンナ編は5位まで、それぞれ選んでみました。リンク先は弊ブログの紹介記事です。

オトコ編

  1. 「リウーを待ちながら」(朱戸アオ)
  2. 「バタフライ・ストレージ」(安堂維子里)
  3. 「1518! イチゴーイチハチ! 」(相田裕)
  4. 「HUMANITAS(ヒューマニタス)」(山本亜季)
  5. 「ザ・ファブル」(南勝久)
  6. 「ROUTE END」(中川海二)
  7. 「死人の声をきくがよい」(ひよどり祥子)
  8. 「ことなかれ」(星野茂樹・オガツカヅオ)
  9. 「ナラクノアドゥ」(山本晋)
  10. 「猫のお寺の知恩さん」(オジロマコト)

…ちょっと片寄ってるな(笑)。

※当初「報いは報い、罰は罰」を2位に入れてたんですが、選考対象外の作品だった…。以降繰り上げ、10位を新たに追加しました。

オンナ編

  1. 「さんかく窓の外側は夜」(ヤマシタトモコ)
  2. 「魔法使いの娘二非ズ」(那州雪絵)
  3. 「雑草たちよ 大志を抱け」(池辺葵)
  4. 「涙雨とセレナーデ」(河内遙)
  5. 「子育てビフォーアフター」(吉川景都)

「魔法使いの娘二非ズ」はキレイな完結を見せてくれました。

まとめ

以上ネタバレ無し、「このマンガがすごい!2018」雑感でした。個人的には「ランキング外で紹介されている漫画」に注目しています。

ランキングについては読んだ人によっていろいろ意見があるかと思いますが、「このマンガがすごい!」の良いところはこれでもか!とマンガ作品を詰め込んでいるところ。チェックしてみると、毎回新しい、気になるマンガが見つかっておもしろいですよ。

このマンガがすごい! 2018著者:出版社:宝島社発行日:2017-12-09

コメント