漫画「ことなかれ」1巻―市役所特殊事案課が出会う恐怖を描く正統派怪奇漫画

星野茂樹さん原作・オガツカヅオさん作画の都市伝説ホラー漫画「ことなかれ」1巻を読みました。

青のような緑のような、微妙な色合いが不思議な雰囲気を醸し出すカバー。描かれている人物はヘッドホンを使って霊の声を聞く少女・大葉しずく。主要登場人物の一人です。

星野茂樹さんは芳文社・週刊漫画TIMESに長期連載中の「解体屋ゲン(こわしやゲン)」の原作者。オガツカヅオさんは「りんたとさじ」など独特な雰囲気のオカルト・ホラーを描く漫画家さん。そんな二人が手を組んだ本作「ことなかれ」は朝日新聞出版の「Nemuki+」に連載中です。

スポンサーリンク

概要

漫画「ことなかれ」は基本1話完結形式のホラー漫画。西久留目(にしくるめ。誤字ではない)市役所の特殊事案対策室・通称「ことなかれ課」の面々が、管轄で起きる怪奇現象に対峙する様が描かれます。

描かれる内容は心霊現象やUMAなど様々。各話が微妙につながりを持っていたりもします。

メインとなる人物は同課所属で霊感・科学的知識を持たないという家持チーフ。積極的に事案を解決する、というよりは狂言回し的な存在。「妖怪ハンター」の稗田礼二郎を彷彿とさせます。

怪奇現象を主に解決?するのはことなかれ課所属で霊感を持つ女性たち。そしてオガツカヅオさんの過去作「りんたとさじ」に登場するリン太とさじ(佐藤順子)の二人です。

「ことなかれ」1巻レビュー

いいですね~。正統派の怪奇マンガという感じ。おもしろいです。そして予備知識無しで読んだのですが、リン太とさじの二人が出てきてビックリ。うれしい驚き。

ホラー漫画って、すごい難しいジャンルだと思うんですよね。だって人って、怖がらそうとするとかえって怖がらないじゃないですか。漫画だと特にグロい絵や表現に頼りすぎて興ざめしたり、行き過ぎるとギャグ漫画になったりして。

しかしこの「ことなかれ」はそんなホラー感が絶妙。やり過ぎることなく、きっちりホラー漫画の枠内におさまる内容。各話で扱っている題材はオーソドックスな内容ながら、魅力的なストーリーと安定した作画で読者をきっちりと怖がらせてくれます。

1巻に収録されている全6話のうち、特におもしろかったのは第4話「引き寄せの法則」。行方不明の部長を探すため、閉鎖された精神科病棟に潜り込む映像研究会の女子高生三人。病院内で彼女たちが見たものは?というお話。

行方不明・精神科病棟・映像研究会といったいかにも、なキーワード。これこれ、このベタさ(笑)。でもこれをきっちり「怖い話」に仕立て上げているのが素晴らしい。幻想的とも言える高校生たちのひと夏の恐怖体験とその結末。何度読んでも楽しめる怖さ・おもしろさがあります。

「ことなかれ」を読んで意識したのは、やはりリン太とさじの再登場。「りんたとさじ」のファンとしては予想外の嬉しさ。「りんたとさじ」は2009年に単行本化された漫画。彼らが出会う怪奇現象を1話完結形式で描いた恐怖漫画です。

この「ことなかれ」ではメインはあくまでも「ことなかれ課」で彼らは出たり出なかったり。二人が主人公ではないので純粋な続編、というわけではありません。なので「りんたとさじ」を読んでいなくても充分に楽しめます。

が、クールなリン太と彼にベタ惚れなさじのキャラクターを知っていた方が、より物語に愛着が湧くこと請け合い。「ことなかれ」を読む前でも読んだ後でも、一読をオススメします。

そして「ことなかれ」1巻、第6話のラストはめちゃくちゃ気になる終わり方。その引っ張り方は無いわー(笑)。単行本派なので2巻の発売を首を長くして待ちたいと思います。

漫画データ
タイトル:ことなかれ(1) (Nemuki+コミックス)著者:オガツ カヅオ出版社:朝日新聞出版発行日:2017-08-07
漫画データ
タイトル:りんたとさじ著者:オガツカヅオ出版社:朝日新聞出版発行日:2014-03-31