おすすめ漫画・九井諒子さんの作品より

漫画家・九井諒子(くいりょうこ)さんが発表された漫画の中で、管理人が読んだオススメ漫画です。

長編ファンタジー・コメディ「ダンジョン飯」が大ヒット中の九井諒子さん。コミカルな絵柄が印象的ですが、実は多彩なタッチを使い分ける天才肌の漫画家さん。長編から短編・ショートショートまで、どの漫画を読んでもハズレ無し!です。

スポンサーリンク

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子

「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子」全1巻。ファンタジー・現代劇・昔話風ものがたりなど、短編7作品が収録されています。

貧乏な老絵描きと彼が描いた絵から実在化した侍の冒険「金なし白祿(びゃくろく)」、王子と怪しげな女性の竜探し「子がかわいいと竜は鳴く」、学力に悩む少女と山の神の交流を描く「わたしのかみさま」など、バラエティに富んだ内容。

シリアスもコメディも、充実の読み応え。驚くべきは、全7編の絵柄が全て異なる!ということ。九井諒子さんの凄さを1巻で実感できます。九井諒子さんの作品を読んだことがない、という方にまずオススメしたい作品集です。

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (HARTA COMIX)著者:九井 諒子出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2013-02-15

ダンジョン飯

大ヒットファンタジー漫画「ダンジョン飯」。現在5巻まで刊行中(4月に6巻が発売予定)。妹をドラゴンに食われた戦士が、彼女を助けるためにパーティの仲間とともにダンジョンへ。しかし金欠のために、倒したモンスターを調理して自給自足で奥へ進む、というファンタジー・コメディ。

とにかくおもしろい!ファンタジー漫画とグルメ漫画を足しつつ、それぞれの長所をパロディに包みながら笑いに仕上げる、という手腕がお見事。異なるジャンルの「お約束」が逆に笑いにつながっている、というスゴイ漫画。

巻が進むにつれ、本格的な冒険ファンタジー風味も増してきてドキドキの展開も。笑いながら読んでいると、その物語の奥深さに知らず知らずのうちに引き込まれていきます。ファンタジーは良くわからないという方も、「ダンジョン飯」ならば楽しく読めるのでは。

ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)著者:九井 諒子出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2015-01-15

ひきだしにテラリウム

「ひきだしにテラリウム」全1巻。Web文芸誌マトグロッソに発表された作品を中心に構成された、ショートショート全33編を収録。

コメディ・SF・童話風・エッセイ漫画風・ファンタジー・現代物語など、「竜のかわいい七つの子」に負けず劣らずの多彩な漫画が楽しめます。

作品の内容によってタッチを変えているのが、九井諒子さんのスゴイところ。その引き出しの多さを実感できるショートショート集。飽きの来ないおもしろさがあります。

ひきだしにテラリウム著者:九井諒子出版社:イースト・プレス発行日:2013-03-27

コメント