全4巻完結のおすすめ漫画

全4巻という程よい巻数で読み切れる、完結済みのおもしろい漫画リストです。

ご紹介する漫画は、コメディ・SF・ホラーなど、多彩なジャンルから選りすぐっています。随時更新予定。

スポンサーリンク

ハルロック

主人公・向阪晴(さきさか・はる)は、電子工作大好きな女子大生。

アキバで知り合った天才小学生・うに先輩や、ハルをやんわりストーキングする幼馴染み・真下六祐(ましも・ろくすけ)とともに、今日も日常のそこまで重要でない困りごとを、電子工作で解決する。

ちょっとズレた感覚の持ち主・ハルと、その仲間たちが作り出す電子工作がおもしろい、西餅さんの「ハルロック」。

「電子工作」といっても、その内容は本格的なもの。「ラズベリーパイ」のような電子基板を組み込んだり、インターネットと連携したりします。

西餅「ハルロック」
[西餅 著 講談社「ハルロック」2巻より引用]

ほんわか笑える漫画なのですが、「ハルロック」の魅力はそれだけにあらず。

誰かの役に立つことに喜びを感じ、やがてものづくりで起業を目指す、ハルと仲間たち。

彼女たちが成長する様に、「自分も頑張ろう!」という気持ちになってきます。

ハルロック(1) (モーニングコミックス)著者:西餅出版社:講談社発行日:2014-07-23

のぼる小寺さん

小柄で金髪な高校生・小寺(こてら)さん。ボルダリングに情熱を傾ける彼女は、今日もただひたすら、上へ、上へと登ります。

珈琲さんの漫画「のぼる小寺さん」。かわいい女子高生がスポーツに励む姿を愛でる漫画、と思ったら大間違い。

寡黙にボルダリングに打ち込む主人公・小寺さんの姿。彼女に惹きつけられる登場人物たちと同化し、読者は次第に小寺さんから目が離せなくなります。

珈琲「のぼる小寺さん」
[珈琲 著 講談社「のぼる小寺さん」1巻より引用]

小さい体からにじみ出る、圧倒的な情熱…!

決して自分から何かを語るわけではない、しかし周囲の人間を自然と引きつける。小寺さんはそんな魅力を持った主人公。

チャレンジしている人特有の、独特な輝きを感じます。

のぼる小寺さん(1) (アフタヌーンコミックス)著者:珈琲出版社:講談社発行日:2015-07-07

ヴイナス戦記

金星(ヴイナス)に植民した人類は、「アフロディア」と「イシュタル」の二国に分かれて覇権争いをしていた。

バイクゲームチームに所属するアフロディアの少年・ヒロは、軍のバイク部隊「HOUND」にスカウトされ、戦いに身を投じていく。

作者・安彦良和氏自身によって映画化もされた、SF漫画「ヴイナス戦記」。上記あらすじは第一部(2巻まで)のもので、第二部はまた別の主人公が登場します。

バイクアクションを始めとしたSF描写、若者の気概など歯牙にもかけない無慈悲な戦争展開が魅力の本作。

読んでみると「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の、(マンガとしての)ベースがここにある、と感じます。

第一部・第二部はそれぞれ完結。ですが「ヴイナス戦記」全体としては残念ながら未完。

しかし、今でも輝きを放つSF作品。いつか続きを読んでみたいものです。

ヴイナス戦記 (1) (中公文庫―コミック版)著者:安彦 良和出版社:中央公論新社発行日:1999-04

七夕の国

役に立たない超能力が使える青年・南丸。進路に悩む彼だが、きな臭い事件に巻き込まれていく。

大学教授の失踪、謎の穴あけを繰り返す「えぐり魔」、そして殺人事件。

謎の鍵はどうやら、南丸のルーツである「丸神の里」にあるようなのだが…。

岩明均「七夕の国」
[岩明均 著 小学館「七夕の国」3巻より引用]

「寄生獣」の岩明均さんが描く、伝奇ホラー「七夕の国」。この漫画も全4巻完結、もしくは5巻以内完結のマンガとしては外せません。

雑誌連載時にリアルタイムで読んでましたが、超能力と全ての謎がつながった瞬間は感動したなぁ…。

超能力、事件、歴史、そして宇宙への想い。全4巻という巻数の短さを感じさせない、充実の読み応えを持つ漫画です。

七夕の国(1) (ビッグコミックス)著者:岩明均出版社:小学館発行日:1997-06-30

70億の針

生命体・テンガイは、宿敵・メイルシュトロームを追う最中、女子高生・ヒカルの命を奪ってしまう。

ヒカルの体に同居することで、彼女を蘇生させたテンガイ。嫌がるヒカルと共に、殺戮を繰り返すメイルシュトロームを追う。

多田乃伸明「70億の針」
[多田乃伸明 著 KADOKAWA/メディアファクトリー「70億の針」2巻より引用]

このあらすじを読んで、ウルトラマンとハヤタ隊員のそれを思い出したあなた。そんな方にオススメなのが、この漫画「70億の針」。

ヘッドホンを付けて殻に閉じこもる少女が、不思議な生命体との共生を経て成長していく、という作品です。

小粒ながら読者の心に残る、良質なSF漫画。さわやかな香りが漂います。

70億の針 1 (コミックフラッパー)著者:多田乃伸明出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー発行日:2012-06-23

紅のメリーポピンズ

風変わりな装いをした、上品なメガネの女性・吏糸双葉(りいと・ふたば)。

その正体は、世界でも10人しかいないと言われる「スーパーナニー」。

しかし彼女はよんどころない事情で追われる身だった―。

高口里純「紅のメリーポピンズ」
[高口里純 著 双葉社「紅のメリーポピンズ」1巻より引用]

高口里純さんの「紅のメリーポピンズ」。

「ナニー」とは、母親に変わって子育てをする女性のこと。主にイギリスで活躍しています。

基本、スーパーナニーである主人公・双葉さんが訪れる各家庭で、子育ての悩みを水戸黄門ばりに解決する育児マンガ。

ですが逃亡中ということで、「育児漫画+水戸黄門+逃亡者」といったおもしろさがあります。特に幼いお子さんが身近にいる方に読んでいただきたい作品。

紅のメリーポピンズ : 1 (ジュールコミックス)著者:高口里純出版社:双葉社発行日:2013-10-17

海月と私

亡き父の残した小さい旅館を、期間限定で継いだ元板前。廃業までの短い期間、宿を手伝てっくれる仲居さんを募集。

そこへやってきたのは美人で人当たりのいい、そして素性のしれない「海月(くらげ)」のような女性だった。

いぶかりながらも彼女のいいように転がされ、なんとか店を切り盛りする主人公だったが…。

麻生みこと「海月と私」
[麻生みこと 著 講談社「海月と私」1巻より引用]

麻生みことさんの「海月と私」。まじめ一本の中年主人公が、ほがらか美人の若き仲居に翻弄される、楽しいコメディ漫画。

…と思いきや、随所にはさまれるややミステリアスな彼女の謎。やがて訪れるのは、破綻か大団円か。怒涛の展開を見せる4巻は必見。

人を食ったようなタイトルですが、隠れた名作マンガです。

海月と私(1) (アフタヌーンコミックス)著者:麻生みこと出版社:講談社発行日:2013-08-07

アマイタマシイ

少し天然気味な商工会職員・柴田羽衣(しばたうい)と、イケメン東大生・川島賀句(かわしまがく)は、スイーツを目玉に、さびれた商店街の復興を目指す。

活性化のために白羽の矢を立てたのは、伝説のシェフかつ「無冠の帝王」である、熊谷周作(くまがやしゅうさく)。

しかし一癖も二癖もある熊谷。シェフ就任の条件は、「辞めたい時にいつでも辞める!」。

果たして熊谷たちが立ち上げたパティスリー「プチ セヴェイユ」は、商店街を再び盛り上げることができるのか?

杉本亜未「アマイタマシイ ~懐かし横丁洋菓子伝説~」
[杉本亜未 著 白泉社「アマイタマシイ ~懐かし横丁洋菓子伝説~」1巻より引用]

「ファンタジウム」の杉本亜未氏によるスイーツ漫画「アマイタマシイ」。

自他共認める「天才」であり、偏屈な武闘派である熊谷のキャラクターが際立っていて、実に魅力的。

スイーツの描写も適度なうんちくを織り交ぜながら手抜きなし。時折心に残る名言もぶっこんでくるのは、さすがの杉本亜未作品です。

アマイタマシイ ~懐かし横丁洋菓子伝説~ 1著者:杉本亜未出版社:白泉社発行日:2016-03-02

プラネテス

スペースデブリ(宇宙のゴミ)回収業のハチ(ハチマキ)、フィー、ユーリ。新たなクルー・田名部愛を迎えた彼らは、今日も宇宙のゴミ拾いに精を出す。

やがてハチは、憧れの木星往還船にて新天地を目指す―。

幸村誠「プラネテス」
[幸村誠 著 講談社「プラネテス」2巻より引用]

「ヴィンランド・サガ」の幸村誠氏による、本格SFマンガ「プラネテス」。

全4巻というコンパクトさながら、今も漫画好きの注目を浴び続ける名作。リアルな宇宙生活の描写がSFファンにはたまりません。

本格でありながら万人におすすめできる、全4巻完結漫画ではずせない作品。

プラネテス(1) (モーニングコミックス)著者:幸村誠出版社:講談社発行日:2001-01-23

まとめ

以上、「全4巻で完結するオススメのおもしろい漫画」でした。関連記事で別の漫画もまとめていますので、ぜひご覧ください。

コメント