2015年7月に読んだ漫画まとめ

毎月恒例、読んだ漫画のメモ…ですが、7月あんまり読まなかったなぁ…。

河合克敏「とめはねっ! 鈴里高校書道部」14巻

約8年連載された、異色の書道漫画の完結巻。縁と結希という高校生二人の青春と成長、そして書道の魅力を存分に伝えてくれた良作でした。最終巻の表紙、躍動感が溢れでてグッド。想いを込めて筆をふるう縁、そして完成した書に対する鈴里高校書道部メンバーの反応、いいねぇ、青春だねぇ…(しみじみ)。途中ヤンサンからスピリッツへと雑誌廃刊に伴う連載誌移籍もありましたが、クオリティは落ちることなく、特に最終13・14巻の流れは力強さがあって良かった。河合先生、お疲れ様でした。

カラスヤサトシ「おとろし」

カラスヤサトシ氏描く和風ホラーオムニバス漫画。いいですね。こういうの大好き。各話は6Pと短いのですが、その中にしっかりと「恐怖」が描かれ、それが首筋をなぜていく。夏~秋にオススメしたい一冊。

志名坂高次「BW(ビューティフルワールド) 麻雀星取伝説」

今月のおすすめ。全3巻完結の麻雀漫画。某電子書籍ストアで試し読みした内容があまりにもおもしろく、また折よく竹書房フェアをやっていたので一気買い。素人がバイトで麻雀勝負に挑んだら突如乱入した女性が刀をぶんまわして…。ちょっと何言ってるかわからないですよね。でもそういうお話なんです。安定の画力でバカをマジメにやる、ギャグをかまさず笑いを取る、というか。麻雀を真面目にやっているかとおもいきやジャンル外の内容を平気でぶっこんでくる、読者の斜め上を行く展開がおもしろすぎる。

結末は打ち切りエンドっぽい(?)というかビックリ展開なんですが、これが最初から予定されていたものであればスゴイの一言。今年読んだ漫画の中でも1・2を争うおもしろさでした。おすすめですが、ネタをネタとして扱える方向け。

入江喜和「たそがれたかこ」1巻

現在5巻まで出ていますが、1巻のみ読了。バツイチ45歳・娘あり(別居)で母と二人暮らしの主人公たかこ。特に夢も希望もなくただ老いていくだけの彼女が、ふとラジオから聞こえた若手アーティストの声・思いに気持ちを掴まれていく瞬間がリアル。あるなぁ、こういうの。なんの抑揚もない平凡な人生にふいに射す光り、のような。「生」を感じました。「人が描かないような人を主人公にするのが自分のロック」とは巻末の作者の言葉ですが、確かに静かなロックを感じました。静かに心に響く漫画です。

まとめ

以上、7月に読んだ漫画メモでした。しかし最近は活字系を電子書籍で読むことが本当に多くなりました。先日買ったiPod touchも大活躍です。マンガは大きさ的に辛いけど、活字は文字の大きさを読みやすく調節できるので重宝しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする