漫画「めしにしましょう」でダイナミック過ぎる料理を脳内で楽しむ

講談社イブニングコミックスより1・2巻まで発売されているグルメ(?)漫画「めしにしましょう」を読みました。

作者の小林銅蟲(こばやしどうむ)氏は、同じくイブニングで連載中「累 -かさね-」の作者である松浦だるま氏のチーフアシスタント。またブログ「パル」でダイナミックな料理の数々を公開されているブロガーさんでもあります。

※ブログは写真多めなのでスマホの方は注意。

はい

そんな小林銅蟲氏の漫画「めしにしましょう」。以前から気になっていた漫画の一つですが、2月23日の2巻発売を機に一気読みしてみました。

スポンサーリンク

「めしにしましょう」概要

基本的に1話完結の構成。女性漫画家・广大脳子(まだれ・だいのうこ)とアシスタント・青梅川おめが(おうめがわ・おめが)の二人がメインキャラクター。このネーミング好き。(※後に男性アシスタントとロボット掃除機追加。)

机に向かって漫画を描く二人だが、仕事が煮詰まってくると現実逃避でめしをつくり始める。しかし調理担当のおめがが作る料理がダイナミック過ぎて…。

めしにしましょう/小林銅蟲 一の膳 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

第一話「一の膳」が講談社モアイで公開されています。この回で作るめしはローストビーフなんですが、牛のモモ肉が調理されていたのは風呂場。パックに入れた肉を63℃くらいのお湯に3時間入れることで火を通す、という豪快さ。

感想

…という異色のグルメ漫画「めしにしましょう」。おもしろい!

何がおもしろいかって、話のメインが「料理を作る過程」なところ(笑)。だって料理の感想パートって最後の1~2Pぐらいしかない。しかも「おいしい!」「うまい!」で済ますことがほとんど。

いや、グルメ漫画とか料理漫画ってもちろん調理過程の描写や説得力も大事なんだけど、登場人物の悩みとかあって、それをおいしそうな料理を作って「ほわーっ❤」みたいな感じで包んじゃって、最後いい感じで締めくくる、っていうのがパターンじゃないですか。

そういうのも嫌いじゃないけど「めしにしましょう」ではそんなんどうでも良くって、調理過程が命!いかにダイナミックに、人が真似しようと思わない作り方をするか、というところに力が入っていてステキです。ローストビーフ作ろう!→風呂場へ直行する漫画が他にあるだろうか。否ない。

それも荒唐無稽な脳内料理じゃなくって、作者自らが実際に作っているからツッコミようもない(※ブログ参照)。そしてそれが実にうまそうで、でも簡単に作れないようなもので、実にうらやま悔しいことこの上ない。あー食いてぇ…。

またこの漫画の魅力の一つに、キャラクター同士のテンポのいい会話があります。

「なんでこんなもの(ハンドミキサー)持ち歩いてるんですか?」

「使うからです」

(1巻P11より)

とか、

「切り口のほうがでかいカツは初めてだわ…。スマホみたい」

「スマホですよ」

「適当に言うな」

(1巻P36より)

とか。シュールというか、軽妙で適当過ぎるノリがたまらない。一応常識人の广先生と、予想できないおめがさんの掛け合いがクセになります。

低温調理器ほしい

と、そんな感じの漫画「めしにしましょう」。こんなブログの文章読むよりも試し読みの第一話を読んだ方がよっぽどわかりやすいのでまずはそちらをどうぞ。

漫画データ
タイトル:めしにしましょう(1) (イブニングコミックス)著者:小林銅蟲出版社:講談社発行日:2016-11-22

今回私は1・2巻をまとめて購入しましたが、次はどんな料理が出てくるか気になって気になってあっという間に読了してしまいました。満足。

そしてこの漫画を読んでいると肉!肉を低温でじっくり温めて食いたくなってくる!しかし私の家では風呂場でお肉を茹でるのはちょっと無理なんで…。低温調理器が欲しくなってきます。漫画には登場しませんが、作者の小林銅蟲さんも実際に使っていらっしゃるようで。うーん、これでローストビーフ作りたい!

あと漫画に登場する料理ではパタン的な「ウ゜ドン」(1巻十の膳参照)がお手軽そうで作りたい…と思ったのですが、これもチャーシューを風呂で12時間泳がせるやつだった。作中のめしはどれもうまそうなんですが、当面は脳内で楽しむことにしておきます。

漫画データ
タイトル:めしにしましょう(2) 【電子限定カラーレシピ付き】 (イブニングコミックス)著者:小林銅蟲出版社:講談社発行日:2017-02-23

「めしにしましょう」2巻ではさらにパワーアップしたやり過ぎ飯の数々、そしておめがに引きずられる广先生の壊れっぷりが楽しめます!(2巻表紙の左の女性の表情に注目)そして广先生とおめがの意外な関係も…。それは読んでのお楽しみ。

ちなみにこの2巻には電子限定カラーレシピとして、作中に登場した料理4品の作り方がカラーで紹介されてるので参考に。実際に作れるかどうかは…また別の問題。。