「マイホームヒーロー」1巻―家族を守る父の悲哀と狂気

一人娘と付き合っていたヤクザものを殺してしまった、ごく普通の男。

その時、彼が取った行動とは―?

講談社・週刊ヤングマガジン連載、山川直輝さん原作・朝基まさしさん作画の少しコミカルなサスペンス漫画、「マイホームヒーロー」を読みました。

山川直輝さんは「100万の命の上に俺は立っている」の原作者。

朝基まさしさんは「サイコメトラーEIJI」や「クニミツの政」など講談社系列で多くの漫画を手がけられてきた方。

絵柄を見ればすぐに分かる方も多いでしょう。

あらすじ

おもちゃメーカーの営業マンであるごく普通の会社員、鳥栖哲雄(とす・てつお)

妻・歌仙(かせん)一人娘の大学生・零花をこよなく愛する47歳。趣味は小説投稿サイトに推理小説を投稿すること

ある日、零花の顔に殴られたようなアザを見つけ、彼女が半グレ・麻取延人(まとり・のぶと)と付き合っていることを知る。

零花が一人暮らしをするマンションに侵入した哲雄は、延人との鉢合わせを避けるためにクローゼットに隠れる。

そこで哲雄は延人が過去に人殺しをしていること、そして家族に危害が及ぶ可能性を耳にする。

娘を、家族を守らねば―。

47年間、刑法を犯したことの無い男は、人を殺めることを決意する。

「マイホームヒーロー」1巻レビュー

平凡家庭VS半グレ集団

コミカル風味を程よく絡めたサスペンス漫画「マイホームヒーロー」1巻、予想以上のおもしろさでした。

物語の主軸は哲雄・歌仙夫妻と半グレ集団の、駆け引きと闘い

延人を殺めた哲雄。妻・歌仙と娘・零花に報復が及ぶ可能性を危惧し、殺人のあった痕跡を消すことを決意。協力者となった歌仙と死体の処理を画策します。

部屋に一人残り、延人の仲間をやり過ごしつつ、死体に向き合う哲雄。

ここで生きるのが、彼がアマチュアのミステリー作家であること。これまでに得た知識を総動員して行う解体作業がユニーク。

犯罪者となった男の逡巡

しかし哲雄は平穏に会社員生活を送ってきた一般人。

狂気に突き動かされながらも、ふと我にかえった時に頭を抱えます

「僕がこれまでに書いてきた50作のミステリーに出てくる殺人犯たちは…一体どんな気持ちでいたんだろうな…?」
(「マイホームヒーロー」1巻P98より)

この一時の逡巡。平凡な人間が「殺人犯」になった瞬間

「もし自分だったらどうするか…?」読みながら、思わずそんなことを考えてしまいます。

哲雄達に迫る半グレ集団の手

そんな哲雄に待ったなしで迫るのが、半グレ集団。

突如姿を消した延人の行方を探す、犯罪のプロたち

関わりのありそうな哲雄一家に、あの手この手で接触を試みます。

この追う者・追われる者の駆け引き・緊迫感がスリリング。

哲雄たちは彼らの手から逃れられるのか?手に汗握ること必至です。

形の異なる「親子愛」

そしてこの「マイホームヒーロー」のもう一つの見どころは、家族・親子の在り方

哲雄と歌仙が娘・零花を守ろうとする親であるのと同様、延人にももちろん親がいます

それが子どもに異常な愛情を注ぎ込む半グレ集団のボス・麻取義辰

犯罪者でありながら、哲雄たちと形は違えど、また子を思う親である義辰。

一方、家族を守るためとは言え、義辰の息子・延人を殺めてしまった哲雄。

人に危害を加える人間、と同時に家族を愛し守る親。哲雄・義辰両者にこの構図が当てはまるのがおもしろい。

善悪二元論で語るには難しい問題ですが、さてこの図式が物語、そして結末にどのような影響をおよぼすのか。

個人的に印象深かったシーンは、先に挙げた哲雄の逡巡とともに、1巻ラストで交わされる哲雄と歌仙の会話

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、これは泣ける…!

まとめ

というわけで漫画「マイホームヒーロー」1巻、怒濤の展開かつ印象深いシーンが多数詰まっている開幕。一気に物語に惹きつけられました。

読み終わったあと、カバーの哲雄を見返すと感慨深いものが。

濡れながら天を仰ぐ哲雄が思うのは、愛しい家族を守る辛さなのか、人を殺めてしまった悔悟なのか、まっとうな道を踏み外した己への憐憫なのか、それとも…?

漫画データ
マイホームヒーロー(1) (ヤングマガジンコミックス)著者:山川直輝出版社:講談社発行日:2017-09-06

コメント