漫画「イジらないで、長瀞さん」11巻ショート・レビュー

ナナシさんの漫画「イジらないで、長瀞さん」11巻のショート・レビュー。

空手少女で水泳部・陸上部の助っ人だった長瀞さん、実は柔道もやっていた(笑)。必然的に燃える柔道大会だが、そこにライバルが現れて?そして時は流れてついに!進級した長瀞さんとパイセン。美術部にもある変化が…。

当初は長瀞さん+パイセンと長瀞フレンズ中心だった物語も、二桁巻数になると流石に登場人物が増えてきて賑やかに。しかし話は大して進まない(笑)。

っていうかもともとストーリーと呼べるものは特に無く、パイセンと長瀞さんの絡みをダラダラ見ているのがこの漫画の面白み。自分は漫画にはストーリー性を求める方なのだが、この作品に限っては別にこれでもありやな、と思う。

兎にも角にも「イジらないで、長瀞さん」の魅力は、「長瀞さん」というキャラクターそのもの。週刊少年マガジン本誌ではパンチラありのラブコメが幅を利かす中、エロ要素控えめで物語を引っ張るそのキャラクター性が素晴らしい。これからも彼女のSデレぶりをダラダラ描いていただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました