「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」1巻―自衛隊医官を目指す異色の卵たち

ドラマティックな「戦い」を描いた短編集「ヒューマニタス」で、鮮烈なデビューを飾った山本亜希さん。

その初・長編作品は「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」。「防衛医科大学校」という、耳慣れぬ世界を描く青春ストーリーです。

1巻のカバーで凛々しい姿を見せるのは、主人公・真木賢人(まき・けんじん)。

左手に医学書、右手にアイロンをかざす彼。…なぜアイロン?

スポンサーリンク

「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」1巻レビュー

主人公・賢人が、叔父・叔母の下から離れて一人入学したのは、「防衛医科大学校」。

私立大学の場合、医者になるためには6年間の学費だけで、3,000万円が必要。

一方、自衛隊所属の医師である「医官」になることが前提の防衛医科大学ならば、最低限のコストで医者になることができる。

誰の力も借りずに医者になる、という固い気持ちを抱き、防衛医科大学校の門をくぐった賢人。

しかし入寮した彼を待っていたのは、父親と再婚したという謎のイラン人少女・伊奈波ハナレだった。

山本亜希「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」
[山本亜希 著 小学館「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」1巻より引用]

同じく防衛医科大学校に入学した、というハナレと6年間、同級生として過ごすことになって―?

というのが、「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」の主なストーリー。以降、全寮制の防衛医科大学を舞台に、賢人たちのやや異色な医療への道が描かれます。

話のキモは、何と言っても「防衛医科大学」という特殊な舞台。

同大学には、自衛官を要請する防衛大学と同様「任官義務」があり、卒業すると「医官」として9年、自衛隊に任官する必要があります。

仮に拒否した場合は、約5,000万円の返納義務があるとのこと。厳しい!と思うかもしれませんが、かかったコストやその役割を考えるとさもありなん、です。

山本亜希「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」
[山本亜希 著 小学館「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」1巻より引用]

また入学者たちは医者を目指しながらも、同時に自衛官となる存在。

単に医学を学ぶだけではなく、極限状況においても働けるよう、強靭な肉体と精神の鍛錬が求められます。

賢人たち新入生をしごくのは教官と、ユニークな先輩たち。

自衛官として、身なりを整えるのが当然の世界。制服に少しでも寄っていると、厳しい先輩たちにプレスのやり直しを何度でもさせられます(カバーのアイロンはそういうこと)。

山本亜希「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」
[山本亜希 著 小学館「賢者の学び舎 防衛医科大学校物語」1巻より引用]

そんな中に飛び込んだ賢人。クールな彼ですが、理不尽な命令に反発したり、厳しい生活に脱落しそうになる仲間を見て、少しずつ成長していく姿が見どころ。

「ヒューマニタス」で骨太のドラマを描いた山本亜希さんらしさがいかんなく発揮され、読み応えがあります。ストーリーの運び方もスムーズでうまい。

ただ1巻を読み終えて、いくつか気になったところも。

一つは義母であるハナレを登場させた意義が、もうひとつ感じられないところ。

彼女自身はとても良いキャラクターをしているのですが、ヒロイン的なポジションにしては、賢人とあまり絡まない。

1巻ということで防衛医科大学の何たるか、の描写に重点がいくのはわかるのですが、おもしろそうな設定が活きていない。

これだったら同じ役回りを、同級生の「男鹿きよか」に託しても良かったのでは。

もう一つ気になったのは、そもそも賢人がなぜ医者を目指すのか、がはっきりしないこと。

彼自身はユニークなキャラクターなのですが、そこが描かれないので感情移入しにくいのが残念。

これらはおいおい描かれていくのでしょうが、1巻でもう少し掘り下げて、読者の心をグッと惹きつけて欲しかったところ。

同じような体育会系ストーリーは他にも存在するので、設定で差別化できている「強み」を活かしてほしい。

何はともあれ、山本亜希さんの画力・ストーリー運びは、安定していてGood。あとはいろいろ盛り込んだ設定を、2巻以降で有効活用していけるか?でしょうか。

次巻の盛り上がりに期待。

賢者の学び舎 防衛医科大学校物語(1) (ビッグコミックス)著者:山本亜季出版社:小学館発行日:2018-05-30

コメント