漫画「大上さん、だだ漏れです。」1巻―初めての友達が隠すある秘密とは…?

ちょっと意味深なタイトルの漫画、「大上さん、だだ漏れです。」を読みました。

作者は吉田丸悠さん。講談社アフタヌーン連載で現在第一巻が刊行中。さて何が「だだ漏れ」ているのか…。

スポンサーリンク

あらすじ

いつもぼっちの大上さん。実は男子のあれこれが気になりすぎる妄想グセが強い彼女。それがバレるのが怖く、なかなか友達ができない。

ある日、同じクラスの柳沼くんにハンカチを借りる機会が。しかしイケメンだが同じくぼっちの柳沼くん。何だか人との接触を極度に避けているような様子。

そんな彼に素直にお礼が言えない大上さん。意を決して彼の手を握って言う。

「ち◯こ見せて」

実は柳沼くんは触れた人に本音を喋らせてしまうという特異体質の持ち主だった…!

「大上さん、だだ漏れです。」1巻感想

…というのが第一話のあらすじ。アフタヌーン公式サイトで試し読みができます。

「男子のアレって仕組みどうなってんの?」 エロいことに興味しんしんだが、それをひた隠しにしている女子高生・大上(おおがみ)さん。 こんなのバレたら生きてけない……肩身が狭いながらも平和に過ごしていたはずが、クラスの柳沼くんと接したことで、リビドーがモロ出しになってしまう!!

妄想癖や性への興味が強すぎて人の輪に入れない大上さん。一方、特異体質によるトラブルを避けるために人との接触を避ける柳沼くん。

決して人嫌いというわけではなく、むしろ「友達」に憧れていたり(特に大上さん)。そんな二人が「何を言われても言ってしまっても恨みっこなし」という約束で友達になります。

その後、ちょっとずつ「友達らしいこと」をしていくのですが、不器用な二人が微笑ましいんですよね。でもそれは互いに過ぎるくらい気を使っているからだったり。

小学生ぐらいは何の考えもなくできていた友達関係が、中高生になると何故か構えてしまって他人との距離感がうまくつかめなくなる。そんな経験がある方もいるでしょう。それを特異な理由でこじらせてしまったかのような本作の主人公二人。ややズレた友達付き合いに笑いがこぼれます。

そして彼ら以外にもそんな不器用な人がいて、ちょっとずつ友達の輪が広がっていく。ついつい応援したくなる大上さんと柳沼くんの物語「大上さん、だだ漏れです。」。下ネタ成分も予想していたより控えめなので、安心(?)してください。

吉田丸悠さんの漫画は作画もストーリーも安定していて読みやすいですね。特に大上さんの笑顔と柳沼くんの微笑みは本作の何よりの魅力。二人がこの先どんな笑顔を見せてくれるのか楽しみです。

ただ欲を言えば、大上さんの妄想、そして柳沼くんの特異体質というおもしろい設定をもっともっと、活かした話を読んでみたい。今のところややおとなしめの展開なので、より「だだ漏れ」全開な青春ストーリーを2巻以降で期待したいところです。

漫画データ
タイトル:大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンコミックス)著者:吉田丸悠出版社:講談社発行日:2017-06-23