「大阪環状結界都市」―舞台は環状線。見えざるものと戦うオカルトSF

これは関西人と親和性の高いオカルトSF。白井弓子さんの「大阪環状結界都市」1巻。連載は秋田書店の「ミステリーボニータ」です。

舞台は「環状線」。と言っても東京の環状線ではなく、大阪の都市部を一周するJR西日本の路線「大阪環状線」のこと。

路線を監視するシステムと、それに映り込むバケモノとの戦いに、女性警察官が巻き込まれていきます。

白井弓子さんは「ラフナス」「WOMBS」など、独自のSF世界を描かれる漫画家さん。オカルト風味をプラスした「大阪環状結界都市」では、どのようなSFを見せてくれるのか?

スポンサーリンク

大阪環状線を見守る「Oシステム」

時は2028年。舞台は大阪、桜の舞う季節。

大阪駅・天王寺駅・京橋駅・鶴橋駅など、大阪の都市部をぐるりと一周する構造である、大阪環状線。

白井弓子「大阪環状結界都市」
[白井弓子 著 秋田書店「大阪環状結界都市」1巻より引用]

そこには「Oシステム」、通称「O(オー)」が導入され、大阪環状線の車内で起きたことが、全てスキャン・記録されている。

システムに映るバケモノ

主人公は、大坂府警京橋署O課に属する女性警察官・森かなた巡査長。環状線車内で起こった痴漢事件をOの記録で検証する中、不可解な再生エラーに遭遇。

Oシステム総合研究所、通称「O班」に出向き、原因をOの開発者である野坂広夢に確認するも、軽くあしらわれる。

その後、システムの不備により、なぜか映像の再生が可能に。続きを確認すると、ヴァーチャル映像から飛び出た謎の触手により、同僚警官が負傷。

白井弓子「大阪環状結界都市」
[白井弓子 著 秋田書店「大阪環状結界都市」1巻より引用]

「見るな!見ると現れる!」

そこに飛び込んできたのは、広夢のそばにいた謎の黒服。彼に命を助けられたかなた達は、以後バケモノに関わっていくことになる。

大阪らしさ満開の世界観

…以上が、序盤のストーリー。バケモノの正体については漫画で読んで欲しいのでボカして書きますが、古来から「いる」存在。

普通の人には見えないけど、「Oシステム」にのみ映る、というものです。

そんなオカルトとSFを融合した世界観、さらにその舞台がコテコテの大阪である、というところが「大阪環状結界都市」のユニークさ。

ちょっと先の未来と、派手なアクション、そして陰陽師的退魔が描かれます。

そしてそれらを包むのは「大阪」。ところどころに描かれる大阪ネタは、現地民ならずとも、大阪を訪れた方ならば親近感が湧くのでは。

劇中で環状線停車駅の一つ、鶴橋について触れられますが、あそこの焼き肉の匂いは、確かに鼻が慣れてくると効かなくなってくるw。

かなたの進む道

その舞台で活躍する、主人公・かなた。

警察官である彼女は、女性の敵である痴漢等の犯罪を撲滅するために、O課への配属を志願した人間です。

しかし志願の目的はもう一つ。それは15年前に、環状線の中で忽然と行方不明になった妹を、Oシステムを使って探すこと。

白井弓子「大阪環状結界都市」
[白井弓子 著 秋田書店「大阪環状結界都市」1巻より引用]

その妹の失踪も、何やらバケモノの存在と関係があるようで…?

一方、Oシステムの開発者であり、バケモノについても周知している広夢。彼と接触したかなたは、捜査名目でOシステムの深部へと関わっていきます。

外周から内周へと組み込まれていくかなた。彼女が見るものは果たして…という序盤。

広夢とその一族やOシステム、そして見えざるものたちには、まだまだ秘密があるよう。彼女はその中で、どのようなポジションを築いていくのか…?

まとめ

以上、白井弓子さんのオカルトSF漫画「大阪環状結界都市」1巻のレビューでした。

設定や独特の世界観がユニークな本作。ところどころに大阪の風情が描かれ、オカルト風味とのマッチ、はたまたテクノロジーとのアンマッチを感じ、おもしろみがあります。

また職務に忠実な警察官であり、その過去からも張り詰めた雰囲気のある主人公・かなた。1巻ではほとんど笑顔を見せない彼女が、今後どのように活躍していくのか。楽しみです。

なお本巻には、読み切り作品である「ノックアウト・ボディ」を巻末に収録。

退職間際の女性警察官が、健康上の理由からクローンボディを利用して捜査を行う、というSF作品。「大阪環状結界都市」と併せて、白井弓子さんのSF観をより楽しめます。

大阪環状結界都市 1 (ボニータ・コミックス)著者:白井弓子出版社:秋田書店発行日:2018-10-16

コメント