優しくも力強い、濃密なドラマ感が魅力的!伊図透さんのおすすめ漫画

漫画家・伊図透(いずとおる)さんのおすすめ漫画・単行本紹介です。

少年少女の等身大の青春から、ハードな男たちのドラマ、SF要素を含むストーリーまで、幅広い物語を描く作者。その淡く優しい線で紡がれ、しかし力強く展開されるドラマの数々が印象的です。

伊図透さんのコミックス紹介

辺境で 伊図透作品集

初期作品や同人誌で発表された作品など、全6編を収録した初短編集『辺境で 伊図透作品集』。

過酷な辺境の地で鉄道敷設をする、訳あり労働者たち。その生命が蚊ほどにも顧みられない男たちの、ささやかなプライドと反抗。寂寥感の中に静かにふつふつと沸く情熱が伝わる表題作『辺境で』は、心に染みる一編。

ほか、作者のライフワーク的な作品『靴ひもを結べ!』シリーズなどを収録した、伊図透漫画のルーツとも言える作品集。卓越した画力、繊細な心理描写など、その作風が良くわかる一冊です。「初めての伊図透マンガ」としてオススメ。

【ブックライブ新規限定】
全作品に使える50%OFFクーポン配布中!

犬釘を撃て!

鉄軌(レール)を枕木に固定する「犬釘」をひたすら打ち続ける、過酷な鉄道敷設の現場。その上層で蠢く策謀と、それに抗う男たちの矜持・生き様を骨太に描く、全1巻のストーリー漫画『犬釘を撃て!』。

国家に反抗的な現場管理者を内偵するため、現地に送り込まれた調査員。彼が男の信念に心を揺り動かされていく前半。そしてスピーディな列車アクションが展開!される後半。ひとつの映画を見終わったかのような読後感があります。

なお本作は、『辺境で 伊図透作品集』収録の表題作『辺境で』の続編に当たる物語。未読でも問題はありませんが、読んでおくとより没入感が味わえるでしょう。

銃座のウルナ

ロシア風の架空世界を舞台に、過酷な戦闘とそれがもたらす結果を、女性兵士・ウルナの目を通して描く『銃座のウルナ』全7巻。

孤児だが愛を持って育てられた女性・ウルナは、軍に志願。北方のジャンプ台から「蛮躍」を繰り返す、巨大な歯茎状の残忍なモンスター「ヅード」と戦う最前線に、狙撃兵として配置される。しかし敵、そして軍にはある秘密が…?

伊図透さんの流れるような線で描かれる、ハードな世界。愛国心を持って戦ったウルナが、「真実」と「真の愛」に触れた時に見せる、心の揺れ動きと行動。そこに静かな感動が…。

エイス

盗聴が趣味のシロアリ駆除業者・峠は、世界中の人材発掘を行う組織「TGAスカラシップ」にスカウトされる。組織の金髪美女・デュアが示した写真には、峠がその行方を探す幼馴染・リュウの姿が。一方ベネズエラでは、「虹」に関わる謎の建築物が建造され…。

モーニングコミックスより刊行の『エイス』全3巻。日本とベネズエラ、二つの国で進行する物語。幼い頃に別れた峠とリュウの人生を絡めて、世界が変化していく様が描かれます

連載当時のことは不明ですが、最終3巻を読むとどうも打ち切りっぽい。ですが独特のSF設定やハードな世界観など、伊図透さん「らしさ」を随所に感じる作品。個人的には好き。

分光器 伊図透作品集

『辺境で 伊図透作品集』に続く『分光器 伊図透作品集』。大学生二人の青春の1ページを描く『箱形丸目』、若き日の過ち、その償いを「復讐」で表す『星が奴を殺す。その前に』など、バラエティー豊かな5編の短編を収録

個人的に印象的だったのは、『箱形丸目』で描かれるレトロカー「ミニカ55」の描写。若者たちの心象風景とリンクするかのような、そのハツラツとした姿かたちが、何とも小気味好い。

なお本書には上述『エイス』の番外編と、著者のライフワーク的物語『靴ひもを結べ!』の一編を収録。5編中2編が続編的物語なので「初めての伊図透マンガ」には不向きですが、他作品を読んだら触れて欲しい一冊。

おんさのひびき

家庭環境に恵まれない小学生男子二人と、のちにその仲間として加わる優等生少女。三人の幼き青春の交流をを取り留めなく描く『おんさのひびき』。

無骨な男たちのハードな生き様を綴る一方、微妙な年齢にある子どもたちの心の移ろいを衒いなく表現できるのも、伊図透という漫画家の一面。素直な気持ちと計算高さ、両面を併せ持つひな鳥たちの冒険に、奇妙な没入感あり。

なお本作は上下巻完結となっていますが、「とりあえず」のよう。ひょっとしたらまたどこかで、続きが読めるのかもしれない。

ミツバチのキス

ミツバチのキス』1~2巻。「触れると人の心が見える」という能力ゆえ、宗教団体に囲われていた女性。彼女が自らの道を求めて歩き出す様子が、中年国家公務員との交流を通して描かれる、繊細な人間ドラマ

旧版と新装版があり、旧版では2巻の最後に「第3巻へつづく」との記載。ですが続巻は刊行されていません。新装版のラストは未確認ですが、おそらく未完のまま終わったのでしょう。しかしSF設定を絡めて描かれるドラマは、非常に濃厚。続きを読みたいなぁ…。

【ブックライブ新規会員限定クーポン】
『ブルーロック』『東京卍リベンジャーズ』が5/31まで【80%OFF】

まとめ

以上、伊図透さんのおすすめ漫画まとめでした。こうやってまとめて見ると…意外と未完作や打ち切り作品ありますね…(汗)。

でも個人的にはあまり気にならず、また『分光器 伊図透作品集』収録の短編のように、後年にその続編が描かれる作品もあったり。気長にその動向を追っていると、意外な驚きと喜び、そして漫画を読む楽しさを感じさせてくれる漫画家さんです。

なお伊図透さんの漫画を初めて読む、という方には、『辺境で 伊図透作品集』から『犬釘を撃て!』の流れがオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました