短編マンガが好きなんだ!おすすめ短編漫画集(オカルト・ホラー編)

短編漫画好きにおすすめしたい、短編漫画集まとめです。

本記事では、オカルト・ホラーを中心に描いた短編漫画集をまとめています。

なお短編漫画集の性質上、各単行本にはオカルト・ホラー以外の短編漫画が含まれている場合があります。

スポンサーリンク

顔ビル/真夜中のバスラーメン

顔ビル/真夜中のバスラーメン呪みちる:株式会社トラッシュアップ

呪みちるさんの「顔ビル/真夜中のバスラーメン」。

変わったタイトルは、収録の短編「顔ビル」と「真夜中のバスラーメン」から。

カバーの女性・三島みどりが大活躍(?)する「第三京浜の追跡者」。幽霊が出ると噂の第三京浜で、ドライブデートを楽しむ男女が見たものは?

呪みちる「顔ビル/真夜中のバスラーメン」
[呪みちる 著 株式会社トラッシュ・アップ「顔ビル/真夜中のバスラーメン」より引用]

ほか、「ヤキトリ奇談」「アメリカのコート」など、11編のホラー短編を収録。

単に読者をびっくりどっきりで怖がらせるだけでなく、深い味わいを感じさせる、練りに練られた恐怖漫画の数々。

呪みちるさんの美麗かつ迫力のある線、そして絶妙のストーリーテリングが楽しめる単行本です。

魔法はつづく

魔法はつづく (リイドカフェコミックス)オガツカヅオ:リイド社

オガツカヅオさんの「魔法はつづく」。

カラオケボックスに集った家族の謎「かえるのうた」、霊が見えると主張する変わった女の子を描く「こくりまくり」、とある女性の人生の節目に現れる謎の存在「よふさぎさま」。

オガツカヅオ「魔法はつづく」
[オガツカヅオ 著 リイド社「魔法はつづく」より引用]

などなど、読み応えのある短編を10編収録。

オガツカヅオさんの別作品「りんたとさじ」「ことなかれ」ほど、ホラーホラーはしていません。

が、どの漫画もじっくり、繰り返し読みたくなる深みのあるものばかり。読み終わったあとに、自然ともう一度ページをめくり始めたくなる、そんな魅力があります。

私のともだち

私のともだち (ウィングス・コミックス)那州雪絵:新書館

那州雪絵さんの「私のともだち」。

学校の旧校舎に出る”怪物”と、友達になったいじめられっ子。しかし旧校舎が取り壊されることになり…「私のともだち」。

一人は人間、一人は幽霊として生きる、双子の少女の成長と結末を描いた「水にうつる思い出」。

ほか、全6編のホラー短編を収録。

那州雪絵「私のともだち」
[那州雪絵 著 新書館「私のともだち」より引用]

かつて少女漫画誌に掲載されていたような、「とんでもなく怖いホラー読み切り」を目指して描かれた漫画群。

懐かしさ、そして確実な恐怖を味あわせてくれます。

運命の女の子

運命の女の子 (アフタヌーンコミックス)ヤマシタトモコ:講談社

ヤマシタトモコさんの「運命の女の子」。ホラー・青春もの・ファンタジーの3編を収録した短編集。その一編、サイコホラー「無敵」が、最高に怖い。

連続殺人の被疑者である少女と、それを取り調べる女性刑事。取調室で向き合う二人の会話から、凄惨な事件が浮かび上がってくるという趣向。

ヤマシタトモコ「運命の女の子」
[ヤマシタトモコ 著 講談社「運命の女の子」より引用]

落ち着き、薄ら寒い笑みを浮かべ、未成年という立場と、自分の美しさを自覚している少女。そして直接的には描かれないが、きっと少女が起こしたであろう、数々の凶行。

それらがジワジワと、女性刑事と、読者の心を蝕んでいくような、得も言われぬ恐怖が描かれます。怖い。

またホラーではありませんが、他2編「きみはスター」「不呪姫と檻の塔」も読み応えあり。毛色の違う三作ながら、どれもおもしろいのは流石のヤマシタトモコ。

高橋留美子傑作短編集(2)

高橋留美子傑作短編集(2) (少年サンデーコミックス)高橋留美子:小学館

高橋留美子さんの「高橋留美子傑作短編集」から、2巻をご紹介。

戦国時代にタイムスリップした女子高生を描く「炎トリッパー」ほか、様々な形のボーイ・ミーツ・ガールが描かれます。

ホラージャンルとしては、「闇をかけるまなざし」「笑う標的」「忘れて眠れ」を収録。

高橋留美子「高橋留美子傑作短編集(2)」
[高橋留美子 著 小学館「高橋留美子傑作短編集(2)」より引用]

そのどれもが今読んでも色あせない、というか、独特の恐怖を感じさせる漫画。

高橋留美子さんの凄さが実感できる短編集です。

口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~

口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~ (ホラーM)呪みちる:ぶんか社

呪みちるさんの「口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~」。

「スケスケメガネ伝説」「黒い清涼飲料水」など、昭和感あふれる都市伝説を題材にしたホラー短編集

昭和感と言っても決して古いわけではなく、呪みちるさんの美しさを感じさせる流麗な線が新鮮。


[呪みちる 著 ぶんか社「口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~」より引用]

怖さの中に美しさのある、独特の作風が魅力的です。よく練られたストーリーにも注目。

フロイトシュテインの双子

フロイトシュテインの双子 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)うぐいす祥子:集英社

うぐいす祥子さんの「フロイトシュテインの双子」。

「死人の声をきくがよい」のひよどり祥子さんの、別名義によるホラー漫画集。

悪魔的な双子に翻弄される男子大学生を描いた表題作3話ほか、全7編を収録。

うぐいす祥子「フロイトシュテインの双子」
[うぐいす祥子 著 集英社「フロイトシュテインの双子」より引用]

ホラーということでちょっとグロい話もあるけれど、実はコメディ?エイリアンの妄想に取り憑かれた父の狂気を描いた、「星空パルス」がおもしろすぎる。

ホラー好きはもちろん、ブラックな笑いが好きな方にオススメ

伊藤潤二自選傑作集

伊藤潤二自選傑作集 (朝日コミックス)伊藤潤二:朝日新聞出版

伊藤潤二さんの「伊藤潤二自選傑作集」。

伊藤潤二さん自らの解説が付いた9編と、「あのファッションモデル」を描いた番外編を収録。

名作「首吊り気球」や富江シリーズの1編など、作者自らが選んだだけあって、どれも読み応えありのホラー短編集

伊藤潤二「伊藤潤二自選傑作集」
[伊藤潤二 著 朝日新聞出版「伊藤潤二自選傑作集」より引用]

一晩に長時間の夢を見る入院患者が、夜を重ねる内に次第に変貌していく様子を描いた「長い夢」は傑作。

りんたとさじ

りんたとさじオガツカヅオ:朝日新聞出版

オガツカヅオさんの「りんたとさじ」。

ホラー漫画「ことなかれ」にも登場するリン太とさじ。二人が様々な怪異に出会う、全8編。

オガツカヅオ「りんたとさじ」
[オガツカヅオ 著 朝日新聞出版「りんたとさじ」より引用]

グロ表現や血しぶきにたよらない、ジワジワと心に染み込む恐怖。オガツカヅオさんのストーリーテリング、クセになるおもしろさです。

「りんたとさじ」を読んでおくと、「ことなかれ」もより楽しめるでしょう。

スノウホワイト グリムのような物語

スノウホワイト グリムのような物語諸星 大二郎:東京創元社

諸星大二郎さんの「スノウホワイト グリムのような物語」。

「七匹の子やぎ」「スノウホワイト」「ラプンツェル」など、グリム童話を諸星大二郎風にアレンジしてコミカライズ

怖い話風、SF風、コメディ風など、バラエティ豊かな全12編。

諸星大二郎「スノウホワイト グリムのような物語」
[諸星大二郎 著 東京創元社「スノウホワイト グリムのような物語」より引用]

ホラー漫画オンリーではありませんが、全体から漂う「童話ならではのホラー・ブラック感」が、またひと味違う感覚です。

グリム童話って、知っているようで意外と知らない話があったりして、それもまたおもしろい。諸星氏自身による全話解説もあり。

おとろし

おとろし (チャンピオンREDコミックス)カラスヤサトシ:秋田書店

カラスヤサトシさんの「おとろし」。現代劇から昔話風まで、各話6Pのショート・ホラー全24編

マムシをたやすく捕まえる手を持つ老人、その心の内に宿った妄執を描く「マムシデ」。

廃村にある祖母の生家を探し当てた女性に芽生えた、黒い心「想い」。

殺した夫を埋めるために掘った床下から、なぜか屋根が現れ…「床下の屋根」。

カラスヤサトシ「おとろし」
[カラスヤサトシ 著 秋田書店「おとろし」より引用]

など、短い話の中にきっちりと怖さを詰めこんだ、秀作ホラー

顔を見るな

顔を見るな (ヤングキングコミックス)高港基資:少年画報社

「恐之本」の高港基資さんの「顔を見るな」。

都市伝説風の恐怖話や、心霊・怪奇現象を主題とした正統派のホラー漫画、全9編を収録。

高港基資「顔を見るな」
[高港基資 著 少年画報社「顔を見るな」より引用]

安い中古車の理由、天井に現れるおばあさん、ポストから覗く目など、ベーシックながらしっかりと怖さを感じさせてくれます。つーか怖い。

悪い夢のそのさき…

悪い夢のそのさき… (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)うぐいす祥子:集英社

うぐいす祥子さんの「悪い夢のそのさき…」。

表題の連作5編ほか、計10編のホラー短編を収録。

うぐいす祥子さんの漫画は、怖さ・グロさの中にも、どことなくユーモラスな感じが含まれているのが特徴。

ですが、本作は読後にちょっと嫌気なモヤモヤ感が残る、そんな作品が多い感じ。

うぐいす祥子「悪い夢のそのさき…」
[うぐいす祥子 著 集英社「悪い夢のそのさき…」より引用]

エキセントリックな彼女に穴掘りを頼まれる「彼女のスーツケース」、古い洋館に足を踏み入れた男女の顛末を描く「囚われ人」など。

ビクビクと怖さを感じながら読み進め、そして最後にクルッと世界の回る感じを味わえる、まさに「悪い夢のそのさき」を感じるホラー漫画です。

コメント