「ぴりふわつーん」1巻―スパイスが味覚を、人生を刺激する

「ぴりふわつーん」って何のこと?

それはスパイスを食べた時の感覚。

おいしい刺激が豊かにするのはご飯、そして人生。

そんな青木幸子さんの新作漫画「ぴりふわつーん」を読みました。

そう、漫画「ぴりふわつーん」のテーマはスパイス。

表紙左に「柚子・黒胡椒・生姜のごちそう」とありますが、これは1巻の収録内容に関係しているスパイス。

2巻では変わるのかな?

スポンサーリンク

概要

大邸宅・橘邸に住む柚子原香(ゆずはら・かおり)は、猫の世話係兼下宿人。

香辛料会社に勤めながら、将来はスパイスに関わる仕事をしたい。

そう望む彼女は自称「香辛料(スパイス)の魔術師」。

スパイスの豊富な知識と並々ならぬ知識を持っています。

彼女が、橘邸の一角にある洋食屋・芳賀亭のシェフやその娘・夏美の協力を得て、スパイスの効能を活かして悩み事を解決したり、スパイスにまつわる料理の秘密に迫る。

そんなハートフルなグルメ漫画が「ぴりふわつーん」です。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「ぴりふわつーん」感想

元気!な青木幸子ヒロインが魅力的

青木幸子さんの漫画は過去に「王狩」や「茶柱倶楽部」を読みましたが、後者に近いタイプの漫画。

食べ物に関するうんちくと人情ドラマがメインです。

主人公・香のキャラクターがいいですね!明るくて元気いっぱい。

食べ物、とりわけスパイスに関することなら目をキラキラ輝かせる。

「茶柱倶楽部」の鈴もそうですが、青木幸子ヒロインの笑顔を見ていると、読んでいる方も自然と頬がゆるみます。

スパイス+うんちくがおもしろい

そしてグルメの題材が「香辛料」、スパイスというのがポイント高い。

読めばおわかりになるかと思いますが、口内に唾液がジュワッと広がるんですよ。

スパイスと言っても特別なものではありません。

柚子・黒胡椒・生姜(ジンシャー)など、きっと誰もが食べたことのあるスパイス。

「ぴりふわつーん」を読むと、そのスパイスの刺激が…ああ、たまらん!

スパイスに絡めたドラマも秀逸

ストーリーと香辛料の組み合わせも自然。安定感があって読みやすいです。

劇中にはスパイスうんちくがあふれているんですが、それが決してくどすぎない。

楽しく読んでいるうちに人間ドラマに引き込まれていく。

スムーズに読めて、ドラマを味わい、読み終える頃にはお腹がすいている(笑)。

ベテラン作家の青木幸子さん、さすがの手腕です。

スポンサーリンク

まとめ

今や当たり前のように口にする香辛料。

でもそれがなかったらこの世は味気ない!

…というのは本書の受け売りですが、ホントにそうですね。

なんて考えてたらまたヨダレが…。

今度の夕飯は生姜焼きが食べたいな…。

「ぴりふわつーん」、食欲をそそられる楽しいグルメ漫画です。

ところで「王狩」の再開はまだか…!

漫画データ
タイトル:ぴりふわつーん 1巻 (芳文社コミックス)著者:青木幸子出版社:芳文社発行日:2017-04-14

続刊レビュー

ぴりふわつーん 2巻

2巻のサブタイトルは「ローズマリーと八角の香り」。

1巻に負けず劣らず、レベルの高い更新料うんちく+人情ドラマが展開されます。おもしろい!

すっかりなじんだ香と夏美コンビの掛け合いはじめ、キャラクターも活き活きしていて、読むだけで元気、そして食欲が出てきます。

「香って普段なにしてるの?」という疑問も2巻後半で判明(笑)。

お仕事マンガのノリも入って、絶好調の第2巻!です。おもしろかった。

漫画データ
タイトル:ぴりふわつーん 2巻 (芳文社コミックス)著者:青木幸子出版社:芳文社発行日:2017-08-16