新型MSの躍動!「機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還」14巻感想

特装版が一足先に発売されていましたが、電子書籍派なので4/4発売の通常版をようやく読みました。

「機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還」待望の14巻です。

1~13巻は一気読みしましたが、ようやくリアルタイムの発売に追いつきました。

表紙の二人ですが、女性の方は「アルレット」で13巻に登場してましたね。男性は良くわかりません。

そして背後には…赤いディジェ?

では以下14巻の感想など。

基本ネタバレはしない主義なのですが、今回は都合上、新登場のMSに触れますのであらかじめご了承を。

スポンサーリンク

新MS登場!懐かしのMSも

今巻は「ジョニー・ライデンの帰還」、回想シーンをのぞき初の宇宙での実戦。新登場ふくめ、多数のMSが乱れ飛びます。


[Ark Performance 著 KADOKAWA「機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還」14巻より引用]

FSS勢。まずはユーマ機として登場したYMS-15E「ギャン・エーオース」。「拾い物」らしいですが、カタパルト場で見つけたのでしょうか。今風のギャンでカッコいい!

レッドは相変わらずの赤いゲルググ。ジャコビアスも左肩にラインの入ったいつものゲルググです。

別行動のエメは懐かしのアイザック!相棒のクリストバルはジムⅡという地味なMSに登場。

それにしてもアーガマ級であるニカーヤのカタパルトから、ギャンやゲルググが飛び立つ…。こういうシーンが見れるのが「ジョニー・ライデンの帰還」の魅力ですね。

ジョニー達に相対するMSは?

一方、FSSの演習に乱入したゴップ勢。ヴァースキのジム・ナイトシーカー(ジェガン風)、イングリッド0のヘビーガンダムとおなじみの機体。


[Ark Performance 著 KADOKAWA「機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還」14巻より引用]

加えて、懐かしのガルバルディβとジムⅢらしき機体が…。

パイロットはググると「Ark Performance」の過去作に出ていた人物とのことですが、やべ、チェックしてない…。

そして表紙登場のディジェ、っぽい機体。デザインを見ると、ランドセルとバインダーはシュツルム・ディアスのシルエットなのですが…。

パイロットは本編を読んでのお楽しみですが、機体が紅いからわかるよね(笑)。

感想

迫力の宇宙戦と、各陣営の駆け引き

コンペイトウに到着したニカーヤ。演習をダミーにしたサングレ・アスル捜索をはじめますが、そこにヴァースキ隊が乱入!迫力の宇宙戦が展開されます。


[Ark Performance 著 KADOKAWA「機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還」14巻より引用]

一方、MS戦をよそに空気を読み合う各陣営の駆け引き。こういう動きの一つ一つに戦略があるのは、読み応えがあっておもしろい。テレビアニメでは描きにくい内容が存分に楽しめるのが、コミックのいいところですね。

そしていよいよ、本格的に戦局に介入せんとするシャア陣営!ザンジバル内で一人奮闘するリミアの声に、キマイラたちは応えることができるのか。

…という感じの14巻。MS戦・政治パートともに満足。おもしろかったです。

「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」とも連動

ちなみに表紙の二人はアルレットとダントンという人物。WEBサイト「矢立文庫(やたてぶんこ)」で連載中、今度アニメ化もされる「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」の登場人物だそう。

【作品紹介】機動戦士ガンダム Twilight AXIS | 矢立文庫

著者は中村浩二郎氏、ストーリー構成・デザイン協力が「ジョニー・ライデンの帰還」作者のArk Performanceとのことで、つながりがあるんですね。

ガルバルディβのパイロットも含め、読むにはちょっと予習が必要だったかもしれません。私がもう10歳も若かったらもっとこまめにチェックしてたんですが(笑)。

まとめ

というわけで「機動戦士ガンダムMSV-Rジョニー・ライデンの帰還」14巻。あっという間に読み終わってしまいました。

今度は小説「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」を読んで次巻の予習をしておきます。。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(14) (角川コミックス・エース)著者:Ark Performance出版社:KADOKAWA / 角川書店発行日:2017-04-04

コメント