「とんがり帽子のアトリエ」1巻―少女が知った魔法世界の真実とは?

すごい漫画を読みました。

白浜鴎(しらはま・かもめ)氏作のファンタジー漫画、「とんがり帽子のアトリエ」です。

モーニングKCより発売の第1巻カバー。

タイトル通り、「とんがり帽子」をかぶった少女が、空より舞い降りたかのような躍動感を見せます。

中身も期待に違わない、王道ファンタジー漫画です。

スポンサーリンク

あらすじ

魔法が生活を豊かにする世界。仕立て屋の母と二人で暮らす少女・ココ。

幼き頃、仮面をつけた魔法使いから薄い本と杖を買って以来、魔法への憧れは増すばかり。

しかし「魔法をかけられるのは魔法使いだけ」。

それが魔法のルール。

そんなココは、若き魔法使い・キーフリーに出会う。

そしてふとしたきっかけから、彼が魔法をかける瞬間を目撃。

その方法は「描くだけ」だった。

魔法の真実を知ってしまったココ。かつてもらった本と杖を使い、独自に魔法の研究を開始。

しかしやがて禁断の扉を開いてしまい、母に災厄が。

彼女を救うため、ココはキーフリーの弟子となり、真の魔法使いを目指す―。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「とんがり帽子のアトリエ」感想

「魔法」の存在に関わる秘密

村があって、お城があって、羽根馬車があって、魔法使いがいる―。

そんな「魔法があってあたりまえの世界」が舞台のファンタジー漫画。

魔法世界を描いた作品はたくさんあります。

が、この「とんがり帽子のアトリエ」が秀逸なのは、魔法という存在の「理(ことわり)」にひとひねり加えたところ。

従来のファンタジー世界では、魔法使いは少し特別な存在。

厳しい修行をしたり、魔力を高めたりして、ようやくなれるもの。

でも「とんがり帽子のアトリエ」では、実は魔法は特別ではありません(一応秘密ではあるのですが)。

しかし、それが故に主人公が業を背負ってしまう。

図らずも憧れの魔法使いへの道を歩みはじめたココ。

だけどその背中に歓びはない、というところに深みがあります。

画力の高さがスゴイ

設定とともにこの作品の大きな魅力となっているのが、作者・白浜鴎さんの画力の高さ。

1ページ1ページ、コマの一つひとつに、いつまで眺めても飽きないような魅力が詰まっています。

白浜氏の丁寧に、そのセンスを発揮して描き上げる魔法世界。圧巻です。

1巻後半、ココは魔法使い試験のために「ダダ山脈」に向かいます。

「山脈」と聞いてあなたはどんな姿を思い描きますか?

私はダダ山脈を見て、「そう描くか!」と衝撃を受けました。

実際にどんな姿かは…読んでのお楽しみ。

スポンサーリンク

まとめ

以上、白浜鴎「とんがり帽子のアトリエ」1巻の感想でした。

今巻ラストでは、ココを含むキーフリーの弟子たちにとある出来事が起こります。

このビジュアルがまたスゴイ。

仮面の魔法使いの暗躍も気になるところです。

また一つ、続きが楽しみな漫画に出会いました。

漫画データ
タイトル:とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニングコミックス)著者:白浜鴎出版社:講談社発行日:2017-01-23