萩尾望都短編集「山へ行く」―短編漫画「くろいひつじ」は必見の一作

萩尾望都氏の短編集「山へ行く」を読みました。萩尾望都さんと言えば1970年代から「ポーの一族」「トーマの心臓」「11人いる!」などヒット作を多数世に送り出されている大御所作家さん。…という説明は不要ですね。

ただ私も少女漫画を積極的に読み始めた、というか抵抗が無くなったのはここ10年ほどなので、そこまで萩尾望都氏の過去作品を読み込めておらず。最近この短編集「山へ行く」の存在を知ったので、まずは読みやすい短編集からその世界に触れてみました。

スポンサーリンク

概要

短編集「山へ行く」の収録作品は全12編。いずれも「月刊flowers」誌上にて2006年~2011年までに発表されたものです。

  • 山へ行く
  • 宇宙船運転免許証
  • 駅まで∞
  • あなたは誰ですか
  • くろいひつじ
  • ビブラート
  • 柳の木
  • 青いドア
  • 世界の終わりにたった1人で(前・後編)
  • ゆれる世界
  • 春の小川

作家・生方(うぶかた)を主人公とする表題作「山へ行く」ほか、登場人物が関連する話が数話ありますが、つながりはあったり無かったり。人間ドラマ、SF、ファンタジー風味などバラエティーに富んだ話が収録されています。

「山へ行く」感想

風味の違う短編が数多く収録されている「山へ行く」。どの話も深みがあって興味深く読めました。ページ数の少ない物語の中で独自の世界観を展開させる手腕は流石…なんていう感想はちょっと陳腐に過ぎますが、やはり安定したおもしろさがあります。

そんな全12話の中で特に印象に残った漫画の感想を。現代劇「くろいひつじ」は強烈なインパクトでした。ピアノを弾くおばあちゃんとそれを囲むファミリーを描いた扉絵。みんなほがらかな笑顔で今にも歌声が聞こえてきそう。しかし少し離れたところに黒い羊の帽子を被った男の子がぽつねんと。

本編はとある一族の様子からスタート。長男・次男・長女とその子ども・孫まで十数名がおばあちゃん(母)の法事に集まります。その多くは音楽センスがあり、かつておばあちゃんと音楽を楽しんだり、またはその才覚を受け継いだ者ばかり。音楽の思い出ばなしに花が咲きます。

しかしその輪の中に長男は入れない。なぜなら彼は母の音楽センスを受け継がなかったから。一人散歩に出て、枯れ枝を切ろうとナタを探す長男。それがきっかけで彼の積年の鬱屈が爆発して…という物語。

ネタバレは基本しないので詳しくは書きませんが、ホラーな話ではありません。しかし読んでいる途中はめちゃくちゃ怖かった…。ここまで「こわい、恐ろしい」と感じたのは久しぶり(しかもホラーではない作品で)。そして読み終わったあとは…なんだか無性に悲しくなりました。決して誰にも理解されないであろう寂しさ・疎外感がグサリと心に刺さる。扉絵を入れてわずか16ページの短編なのですが、ここ数年で読んだ漫画の中でも強烈な読後感を残しました。

というわけで短編集「山へ行く」。「くろいひつじ」はじめ、萩尾望都氏の漫画力を存分に楽しめる漫画作品集でした。氏の他の漫画にも随時チャレンジしていく所存。

漫画データ
タイトル:山へ行く著者:萩尾望都出版社:小学館発行日:2016-03-15