漫画「さんかく窓の外側は夜」5巻-半澤と冷川、その意外なつながり

ヤマシタトモコさんのオカルト・ホラー漫画「さんかく窓の外側は夜」第5巻を読みました。

第5巻のカバーは刑事・半澤。1~4巻ではまだ控えめな登場でしたが、本巻では物語の重要な部分に大きく関わってきます。

なお本記事では続刊の感想ということで若干、これまでのあらすじに触れる部分があります。

クロフネコミックスより発売、ヤマシタトモコ氏描くホラー漫画、「さんかく窓の外側は夜」感想です。 ヤマシタ氏は「BUTTER!!...

「さんかく窓の外側は夜」を未読の方は、上記1~4巻までの紹介記事をお読みいただければ幸いです。

スポンサーリンク

「さんかく窓の外側は夜」5巻レビュー

5、という巻数を重ねて依然衰えぬ怖さ。さすがです。「何が怖いのか」はのちほど。

先述の通り、刑事・半澤が今巻のキーパーソン。三角や冷川と協力関係にありながら半澤は霊的現象を「信じない人」。そんな彼が呪術者・非浦英莉可と邂逅。半澤もある意味、呪術者に対して力を持つものともいえますが、そんな二人が対峙した結果は?

全体から見ると一瞬の出会いと対決ではあるのですが、緊張感の高まりがスゴイ。静かな戦いにドキドキ。否が応でも心拍数が上がります。

そして半澤と冷川の関係。意外すぎる二人の出会い、また人間としてはやや異質とも言える冷川の、そのルーツが徐々に明らかに。

このくだりを読んで、ほんとに背筋がゾッとしました。ホラー漫画を読んで鳥肌が立ったのは久しぶり。本巻では三角と冷川、そして迎を加えた除霊パートなども描かれ、それはこれまでの「さんかく窓の外側は夜」で描かれた恐怖シーンと変わらぬ怖さなのですが、冷川の話は別格。

怖い漫画を読んで「やっぱり最後に怖いのは人間だよね」みたいな感想は本当に陳腐だと思うのですが、「人間って怖いわ…」と思わずにはいられない内容。

本作はほんとうにホラーとしての間・空気が絶妙。怖いシーンに限らず、読んでいて全編に漂う得も言われぬ冷たい空気を感じます。これがクセになってやめられない。

三角・冷川・半澤・非浦・迎、そして謎の「先生」と、登場人物がここに来てつながりを持ち、また新たな恐怖が読者を静かに、容赦なく襲う。そんな「さんかく窓の外側は夜」第5巻でした。暑い夏にヒンヤリできるオススメのオカルト・ホラー漫画。未読の方はぜひ一巻からどうぞ。一気読み必至です。

あれ、そういえば三角くん、ちょっと影うすくない…?

漫画データ
タイトル:さんかく窓の外側は夜 5 (クロフネコミックス)著者:ヤマシタトモコ出版社:リブレ発行日:2017-08-10