女子サッカー漫画「さよなら私のクラマー」―帰ってきた恩田希!新しい仲間と歩む道

サッカーの代表戦って燃えますよね。男子も女子も。特にワールドカップやオリンピック。特段のナショナリズムを持ち合わせているわけではありませんが、やはり「負けられない戦い」というのは熱くなってしまうものです。

しかし女子サッカー代表・なでしこジャパンは最近、ちょっと元気がないかな?世代交代の時期なのでしょうか。

そんななでしこジャパンを盛り上げよう!と志す若き世代に読んでもらいたいのが新川直司氏描く漫画「さよなら私のクラマー」。講談社月刊マガジン連載中。現在2巻まで刊行されています。

スポンサーリンク

あらすじ

突出した才能を持ちながら環境に恵まれず、中学女子サッカーを終えた周防(すおう)すみれ。彼女をライバルと認める全国3位のボランチ・曽志崎緑に「一緒にやろう」と誘われ、埼玉県立蕨青南高校に入学する。

サッカー部「ワラビーズ」に入部したすみれと緑。少ない部員数とやる気のない顧問に不安をいだきつつも、1年対2年の練習試合で早速実力を発揮。緑はすみれを選んだことが間違いではなかったと確信する。

しかしやがて前線で孤立するすみれは、「1人ぼっち」だった自分を思い出す。そこで彼女のピンチをサポートしたのは同じく1年の恩田希。かつて中学男子サッカーでぼっちだった彼女。すみれは希のプレイに「もう一人の自分」を見る。

そしてA代表を経験したレジェンドがコーチに就任し、活気づくワラビーズ。かつて「一人」を経験したプレイヤーたちがグラウンドに集った時、新しいサッカーライフが幕を開ける―。

「さよなら私のクラマー」感想

キャプテン翼、シュート!、イレブン…。

少年サッカー漫画はこれまでにも数多くの名作作品が生み出されていますが、女子サッカーを主題にした「本格」サッカー漫画はそれほどないのでは。

そんな女子サッカー漫画界に切り込んできたのは「四月は君の嘘」の作者・新川直司氏。音楽を題材にしたそれとは大きく異なり、躍動感あふれるスポーツシーンが描かれます。

本作は「さよならフットボール」の正式な続編。中学時代の監督に「女子サッカーを世界一にしてこい」と言われ、高校進学時に女子サッカー部への入部を決めた恩田希が再登場。

何か壁にぶつかった時、あなたはどうやってその壁を打ち破りますか? 「さよならフットボール」は、そんな自分ではどうしようもないその壁に、...

前作では男子サッカーの中で一人もがく姿が印象的でしたが、本作では周防すみれ・曽志崎緑といった新たな仲間を得て、女子サッカー界で恩田希が躍動!ちょっとうれしいですね♪

1巻後半~2巻でワラビーズが対峙するのは、チームが「ほぼユース」という高校女子サッカー日本一・久乃木学園高校。圧倒的な実力差を前に、ワラビーズは1点を奪えるのか?がみどころ。

本格的なサッカー理論・戦術、チームスポーツの全体感、そして個々のプレイヤーのダイナミックな動きが描かれる本作。サッカー漫画として高いクオリティを持ちます。曽志崎・周防・恩田といった主役級のみならず、相手チームの佃・井藤など天才的プレイヤーの強いキャラクター性。ストーリーにぐいぐい惹きつけられます。おもしろい!

まとめ

以上、本格女子サッカー漫画「さよなら私のクラマー」の感想でした。漫画ファン・サッカーファンだけでなく、未来のなでしこを目指す選手達にも読んで欲しい漫画です。

そして一見やる気のないワラビーズ監督・深津の問い。「女子サッカーに未来はあるのか?」環境・待遇・将来性・世界…。選手たちに「プロを目指せ」といいにくい現実を描くのも本作のテーマ。

のぞんで女子サッカーに来た恩田希。仲間たちと進むその先にあるのは何か?続きが気になるおすすめの漫画です。

漫画データ
タイトル:さよなら私のクラマー(1) (月刊少年マガジンコミックス)著者:新川直司出版社:講談社発行日:2016-08-17
漫画データ
タイトル:さよなら私のクラマー(2) (月刊少年マガジンコミックス)著者:新川直司出版社:講談社発行日:2017-01-17