「彼女は宇宙一」―笑いの詰まった谷口菜津子さんの初ストーリー漫画集

ゆるゆる登山エッセイコミック「人生山あり谷口」で、そのおもしろさに注目していた漫画家・イラストレーターの谷口菜津子さん。初のストーリー漫画作品集「彼女は宇宙一」が刊行されました。

単行本「彼女は宇宙一」は、月刊コミックビームと自主制作漫画誌ユースカに掲載された全6編を収録。明るく笑えるコメディ風の作品多めです。

スポンサーリンク

「彼女は宇宙一」レビュー

漫画「彼女は宇宙一」の収録作品は

  • 彼女は宇宙一
  • カロリーファイターあいちゃん!
  • ツチノコ捕獲大作戦!
  • 死ぬほど大スキ♡高田くん
  • サセコちゃん愛をさがす
  • ランチの憂鬱

の6編。どれもおもしろかったのですが、個人的に特に気に入った3編をご紹介。

彼女は宇宙一

モテモテ男子のソウタが落とそうとしているのは、少し不思議な女の子・エナ。余裕を持って迫るも、「私 宇宙人なんだ」とはぐらかす彼女。最初は信じないソウタだが、次第に胸の内に湧き上がってきたものは…?

人もうらやむようなモテ男が、それを上回る小悪魔的な女の子に振り回され、次第に憔悴していく様。と同時に「真の愛」に目覚めていく様がおもしろい。

カロリーファイターあいちゃん!

改造人間「タイヨウ」として巨大化し、謎の怪獣たちと日々戦うアイちゃん。目下の悩みは、カロリーをパワーに変える改造人間であるがゆえの食欲と、DV彼氏。彼女の幸せはどこに…というコミカルな巨大ヒーローもの

戦いながらネイルのことを心配するアイちゃん。ヒーローなのにスタッフに罵倒され、彼氏に殴られ(痛くないけど)、見た目のことを気にするその普通さが、おもしろくもどこか悲哀を漂わせる。スカッとするラストと、巨大感を感じさせる戦いが印象的。

ランチの憂鬱

イジメの図式がコロコロ変わる女子高生グループ。ボス格・マホから今度のターゲットにされたのはリンカ。家庭の事情でパン食のマホは、リンカの豪華なキャラ弁が気に入らなかったのだが、実はリンカの家庭にも異変が…?

女子ならではの悩みと陰湿さ。家庭の弁当事情などよくある話ですが、意外な流れ、そして結末。作中で描かれるリンカとマホの表情、その一つ一つに深みがあって見応えがあります。短編ながら読み手の感情を大きく上下動させる物語運びがおもしろい作品。

まとめ

というわけで谷口菜津子さんの初ストーリー漫画集「彼女は宇宙一」。ユニークなストーリーと、イラストレーターでもある谷口さんの魅力的な絵柄がこれでもか!と詰まった短編集でした。読後に頭から読み直すと、また各話のいろんな顔が見えてきておもしろいです。

谷口菜津子さんの絵は独特の風味があるので、一般漫画誌に掲載の漫画に慣れた方は最初は少し戸惑うかもしれません。しかし読んでいるとその線の洗練さに気付き、コマの持つ力が伝わってくるという、不思議な魅力を持った作画です。

↑ちなみにこんな感じの絵を描かれます。ユッケうまそう。

漫画データ
人生山あり谷口著者:谷口菜津子出版社:リイド社発行日:2015-10-09

私はエッセイコミック「人生山あり谷口」で初めて谷口菜津子さんの漫画に触れました。こちらは谷口さんが横槍メンゴさんら友人たちと、比較的低い山のゆるゆる(しかし意外に過酷)登山に挑戦する漫画。実体験を描いた作品なので、より谷口さんの人物像に迫ることができます。「彼女は宇宙一」が気になった方は、こちらもオススメなのでぜひチェックしてみてください。

漫画データ
彼女は宇宙一 (ビームコミックス)著者:谷口 菜津子出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2018-01-12

コメント