「少女ゴーレムと理科室の変人たち」―人造人間が引き寄せる非日常的世界

「理科室の変人たち」は何となくわかるが(偏見)、「少女ゴーレム」って何だ?

榎本ナリコさんの漫画「少女ゴーレムと理科室の変人たち」を読みました。

一風変わったタイトルの本作。単行本はNemuki+コミックスから発売されています。

少女ゴーレムと理科室の変人たち[マンガ無料ためし読み]|ソノラマプラス
リア充女子高生・羽田野の前に美少女転校生・岩下レイムが現れた! レイムと親しげな...

1~2話が朝日新聞出版のソノラマ+(plus)で試し読みができます。

スポンサーリンク

あらすじ

意識的にリア充をしている女子高生・羽田野沙美(はたの・さみ)。

彼女のクラスに美少女・岩下レイムが転入してくる。

不思議な雰囲気を持つレイムは一気に注目の的に。

自分のポジションに危機感を抱いた沙美は彼女に近づくが、クラスのコミュ障二人組・石田と神谷に邪魔をされる。

何やら彼らはレイムと関わりがあるような素振り。

放課後、旧校舎裏の生物部に行く石田・神谷・レイムの三人。

あとを付けた沙美は、彼らの会話からレイムの秘密を知る―。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「少女ゴーレムと理科室の変人たち」レビュー

少女・レイムの正体

以下は1話の内容に触れるので、先に試し読みをオススメします。

では漫画「少女ゴーレムと理科室の変人たち」について。

実はレイムは、神谷が持つ「創造の書」、そして石マニアである石田の石コレクションを礎(いしずえ)に作られた、伝説の人造人間「ゴーレム」だったのだ!

…まあ名前でおわかりかと思いますが(笑)。

で、自分たちがレイムを造ったことがバレると石田と神谷は命を失い、またレイムは石に戻ってしまう、という制約が。

そして沙美にそれを知られた二人は、命を失う前に無理やり彼女を仲間に引きずり込む(=生物部員にする)。

というのが第一話の主な内容。

第2話以降はレイムに惹かれたから?様々な人外が沙美たちの元にきてトラブルを起こす、というオカルト・コメディが描かれます。

オカルト・コメディにリアルを添えて

榎本ナリコさんの漫画に初めて触れたのは「センチメントの季節」。

当初はその印象が強かったのですが、その後SF漫画「時間の歩き方」を読んで「あ、こんな元気な主人公が活躍する漫画も描かれるのか」と驚いたことを覚えています。

この「少女ゴーレムと理科室の変人たち」も「時間の歩き方」と同じように、元気な主人公たちがオカルトにまつわるドタバタ(死語)を繰り広げます。

そしてオカルト・コメディというだけでなく、そこに石(鉱物)の知識が物語にスパイスを効かせているのが新鮮。

ファンタジーとリアルが絶妙に絡み合っているのがおもしろいですね。

主人公の沙美は最初はどちらかというと(ちょっとだけ)イヤなヤツなんですけど、「理科室の変人たち」と付き合っていくうちに少しずつ変わっていく。

そんな青春模様も描かれて読後感もさわやかです。

もっと続きが読みたくなる一作

しかし正直に書くと、ちょっと物足らないところもあるんですよね。

沙美・石田・神谷たち高校生の心情や成長、そしてレイムの行く末。

いい感じに盛り上がってきて、もっともっと彼らの活躍を読みたい!というところで終わってしまいました。

本作はナンバリングされていないので、とりあえずは本巻で完結ということなのでしょうか。

でもあとがきを読むと、続編に含みのあるような感じ!

そうなんです。1冊を読み終えて、もっと続きを、沙美・レイム・石田・神谷たちの活躍を読みたくなる作品なんです。

スポンサーリンク

まとめ

魅力あるキャラクターとオカルティックなストーリーで楽しませてくれた漫画「少女ゴーレムと理科室の変人たち」。

ぜひ続刊を期待したい作品。続きを楽しみに待っています。

漫画データ
タイトル:少女ゴーレムと理科室の変人たち (Nemuki+コミックス)著者:榎本 ナリコ出版社:朝日新聞出版発行日:2017-08-07

【追記】

作者・榎本ナリコさんのツイート。9月3日時点で「連載中!」とあるので次巻を期待していいのかな?楽しみ。