「ソウナンですか?」―ガチすぎる女子高生サバイバル漫画

飛行機事故で遭難し、無人島に流れ着いた女子高生たち。

待ち受けていたのは、ガチ過ぎるサバイバル生活だった…!

講談社・週刊ヤングマガジン連載の漫画「ソウナンですか?」1巻を読みました。

海辺で空を眺めるさわやか女子高生。しかしその側には行き倒れらしき人物が…?

ひょっとして「ソウナン」は「遭難」なの?はい、ソウナンです…(くどい)。

スポンサーリンク

概要

飛行機事故で無人島に漂着したあすか・しおん・むつの女子高生3人。

彼女たちはもう一人の女子高生・ほまれを助ける。

実はほまれは、元軍人の父からありとあらゆるサバイバル術を叩き込まれたサバイバル・マスターだった!

無人島に漂着した4人はほまれのサバイバル術をたよりに、救助を待ちながらひたすら生き延びる…!

というストーリー。あ、コメディです。念のため。

「ソウナンですか?」の原作は岡本健太郎さん、作画はさがら梨々さん。

ここで「岡本健太郎」の名前を見てピン!と来た方は鋭い。

そう、岡本さんはあの「山賊ダイアリー」でリアルな猟師生活を描いた現役猟師兼漫画家。

「山賊ダイアリー」を読んで「あ、猟師っていいかも…」と思った読者は数知れず、です(ホンマか)。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「ソウナンですか?」1巻レビュー

女子高生のまったりサバイバル

無人島に流れ着いた4人の女子高生。着の身着のままで必死に救助を待つ彼女たちだが、謎の巨大生物の魔の手が…!

…とかそんなことは微塵も描かれない「ソウナンですか?」。

緊迫感をまったく感じさせないまったりコメディ風味で物語は展開。

サバイバル=弱肉強食の生き残りをかけたゲーム、という図式が定番になりつつある漫画界でささくれだった漫画好きの心をいやしてくれます。

基本的にはあすか・しおん・むつのごくごく一般的な高校生と、異様にサバイバル能力に長けたほまれとのギャップを楽しむ漫画。

「え、そんなもん食べるの…?」といった食事に躊躇する三人と、それを平然と食べるほまれの対比がおもしろい。

そして男性向け青年誌ということもあり、ソフトなサービスカットもあり。

サバイバル術がガチ過ぎるw

が、「ソウナンですか?」の真の魅力はなんといっても「サバイバル術がドン引きするぐらいガチ過ぎる」ところ。

魚をシャツで絞って(ホンマに絞るw)水分を取ったり、野生の芋を人肌でバッチテストしたり、海で獲ったヒトデを食べたり…。

とにかく生き延びるための知恵がこれでもか!というぐらい詰まってます。

「山賊ダイアリー」もドキュメント風にいろいろな知見が楽しめますが、本作はそのガチさが笑いを産み出しているところがおもしろい。

「サバイバルの3の法則」「ハチの巣から遠くない場所に○○がある」「鏡を使って遠くの目標物を狙うには?」など、他にも気になるサバイバル術が盛りだくさん。

いやー、実際にほまれさんと居れば生存確率上がるだろうけど、これは引くわ(笑)。

スポンサーリンク

まとめ

岡本健太郎さんのサバイバル知識とさがら梨々さんのコミカルな絵柄が見事に融合した漫画「ソウナンですか?」。

1巻ラストでは気になる展開もあって、これは続きが楽しみ。

殺伐としたサバイバルゲームにちょっと飽きてきた、という方にぜひオススメしたい一作です。

もし無人島に行くことがあれば、「MASTERキートン」「サバイバル(さいとう・たかを作)」、そしてこの「ソウナンですか?」を読んでおきましょう。

生存確率が大きくアップするよ!(適当)

漫画データ
タイトル:ソウナンですか?(1) (ヤングマガジンコミックス)著者:岡本健太郎出版社:講談社発行日:2017-08-04