アクション

ミステリー・サスペンス

「ホテル探偵DOLL」全3巻―巨大ホテルを守る異色の女探偵

さいとう・たかを先生と言えば、やはり世界を股にかけるスナイパーを描く「ゴルゴ13」のイメージが強いのですが、そんなゴルゴと共演したこともある女探偵を描いたのがこちら。 「ホテル探偵DOLL(ドール)」です。パッツン前髪の魅力的...
アクション

「からくりサーカス」―人類の存亡を賭けた熱き戦いに魂をゆさぶられる全43巻

読者にページをめくる手を止めさせない、迫力あるアクション・ホラー漫画。「からくりサーカス」です。 作者の藤田和日郎さんは、連載デビュー作「うしおととら」が大ヒット。以降、「からくりサーカス」や「月光条例」「双亡亭壊すべし」など...
SF

「アップルシード」―SFアクション漫画の古典的名作

ミリタリー系・ポリス系の漫画を読む時、個人的にその作品のリアリティを図る基準としている漫画があります。 士郎正宗(しろう・まさむね)さんの「アップルシード(APPLE SEED)」です。 士郎正宗さんと言えば、アニメ・実...
アクション

「犬神姫にくちづけ」全6巻―上司と部下のイケない悪霊退治

ドSなイケメン上司とドMな部下の新人OL、という組み合わせがすることは一つしかないですよね。 そう、「悪霊退治」です! というわけで今回ご紹介するのは宮田紘次(みやた・こうじ)さんの漫画「犬神姫にくちづけ」全6巻。 ...
ファンタジー

ダーク・ファンタジー「ナラクノアドゥ」―最弱への道を進む最強の魔王

全ての魔王を倒せば人間になれる、最強の魔王。 しかし魔王をひとり倒すたびに、その力は削がれていく―。 人間になる契約を天使と交わした魔王・アドゥと、彼と行動をともにする人間たちの冒険。 山本晋さん描くダーク・ファン...
コメディ

「忍ぶな!チヨちゃん」1巻―忍んじゃって告白ができない忍者少女

世を忍び暗躍する忍者たちも、年頃になれば好きな異性の一人や二人できるもの。 でもどうしても忍びグセがついちゃって、好きなを見るとつい忍術を使って隠れちゃう…のか? 月刊ハルタ連載、設楽清人(したら・きよと)さん描く忍者ラ...
SF

「キリカC.A.T.s」1・2巻―悪の秘密結社に立ち向かう黒猫の爪!

悪の秘密結社が送り込む怪人たち。立ち向かうは猫型仮面ヒーロー「C.A.T.s」! 多くのヒーローファンが心踊るシチュエーションを独特の作風で描く、伊藤伸平さんの漫画「キリカC.A.T.s」1・2巻を読みました。 こちらは...
SF

「ソフトメタルヴァンパイア」―ハードでケミカルなブラッディSFアクション

世界の理(ことわり)を変える力を持つ少女と、彼女をめぐり、化学式を駆使した闘いを繰り広げる不死のヴァンパイアたち。 「EDEN」「オールラウンダー廻」の遠藤浩輝さん描くSFアクション漫画、「ソフトメタルヴァンパイア」。タイトルからして...
アクション

「頂き!成り上がり飯」―ヤンキーの胃袋をつかんで頂点を取れ!

ヤンキー漫画を読んだのは何時ぶりだろうか…。あれ、でもこれ、何か違うな…? というわけで、うまそうなシャケ弁を持っているの主人公のヤンキー・ケニー。漫画「頂き!成り上がり飯」です。 作者は奥嶋ひろまささんで月刊COMIC...
SF

「バタフライ・ストレージ」2巻―重厚な世界観と迫力のアクション

ますます加速する、蝶をめぐる闘い。百士は妹の蝶に近づくことができるのか―。 安堂維子里さんのSFアクション漫画「バタフライ・ストレージ」、待望の第二巻を読みました。 先に感想書いときますが、めちゃくちゃおもしろかった!です。 ...
アクション

「邪眼は月輪に飛ぶ」全1巻―世界の破滅を照らす悪魔の眼

死をもたらす、悪魔の眼を持つ鳥。その前に人々は為す術もなく倒れ、滅亡へと近づく世界。 そんな人類の脅威に立ち向かうは、仮面の老マタギ―。 藤田和日郎さんと言えば「うしおととら」「からくりサーカス」など、少年誌での長期連載...
SF

「ORIGIN」―生きるために。闇の世界の孤独な戦いを描くSF

ロボットたちは戦う。ただ一つの目的、「生き延びる」ために。 本格ハードSF漫画「ORIGIN」1~2巻を読みました。 「ORIGIN」はヤングマガジン誌に連載中で、作者はBoichi(ぼういち)さん。 Boichiさんの漫...
SF

「バタフライ・ストレージ」1巻―「蝶」を巡る異色のアクションSF

人が死ぬと、その魂は「蝶」になり、やがて消えてしまう世界。かつて妹の「蝶」をテロリストに奪われた青年は、やがて成長し、蝶を管理する「死局」の一員となる―。 人の魂が「蝶」となる世界を舞台に描かれるSFアクション漫画「バタフライ・ストレ...
アクション

「ゴールデンカムイ」―アイヌの埋蔵金を手にするのは誰だ

今、もっとも勢いのある漫画の一つ、といって間違いないでしょう。 週刊ヤングジャンプ連載、野田サトル氏描くアクション・サスペンス漫画「ゴールデンカムイ」です。 「カムイ」というタイトルの通り、随所にアイヌ文化の描写を取り込...
SF

「攻殻機動隊」に見る電脳化のリアル

士郎正宗氏原作のSF漫画「攻殻機動隊」。押井守監督によってアニメ映画化されたのが1995年。 「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊ARISE」などのアニメをはさみ、20年以上の歳月を経てスカーレット・ヨハン...
アクション

殺し屋の目標は簿記検定2級合格―「バイオレンスアクション」1巻

漫画の世界には、数多の「カワイイ殺し屋」が存在しています。 その中でも一風変わった魅力の殺し屋が、「バイオレンスアクション」の主人公・ケイ。 原作:沢田新、作画:浅井蓮次のコンビによって描かれる、「バイオレンスアクション...
SF

新型MSの躍動!「機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還」14巻感想

特装版が一足先に発売されていましたが、電子書籍派なので4/4発売の通常版をようやく読みました。 「機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還」待望の14巻です。 1~13巻は一気読みしましたが、ようやくリアルタイ...
アクション

「双亡亭壊すべし」藤田和日郎 感想(1~3巻)

週刊少年サンデーで絶賛連載中、藤田和日郎先生の「双亡亭壊すべし(そうぼうていこわすべし)」を読みました。 まずタイトルからして異彩を放っているこの「双亡亭壊すべし」。藤田氏のサンデー連載としては「月光条例」以来です。今度はどの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました