アクション

アクション

「双亡亭壊すべし」藤田和日郎 感想(1~3巻)

週刊少年サンデーで絶賛連載中、藤田和日郎先生の「双亡亭壊すべし(そうぼうていこわすべし)」を読みました。 まずタイトルからして異彩を放っているこの「双亡亭壊すべし」。藤田氏のサンデー連載としては「月光条例」以来です。今度はどの...
ミステリー・サスペンス

独断で選ぶ「MASTERキートン」の名エピソード・ベスト10

「MASTERキートン」とは、1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に掲載された、浦沢直樹さんの漫画です。 主人公は、考古学研究者かつロイズ(イギリスの世界的な保険市場)のオプ(調査員)である、平賀=キートン・太...
ミステリー・サスペンス

感想「MASTERキートン Reマスター」浦沢直樹+長崎尚志

紙の漫画を発売日に購入したのなんて、いつ以来だろうか…。 というわけで本日購入&読了、浦沢直樹+長崎尚志「MASTERキートン Reマスター」です。「MASTERキートン」最終巻(18巻)は1994年に初版を買ったので、実に20年ぶり...
SF

「GREY(グレイ)」―死神と呼ばれた男を描くSFハード・アクション

かつて徳間書店から出版されていたマンガ雑誌「月刊少年キャプテン」。ご存知でしょうか? 「キャプテン」自体は知らなくても、「強殖装甲ガイバー」や「宇宙家族カールビンソン」が連載されていた雑誌、と言えばわかる方もいるでしょうか。今はビッグ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました