歴史

アクション

「いちげき」―刀を手にした幕末の農民たちを描く、迫力の時代劇

松本次郎さんの漫画「いちげき」。 倒幕を画策する薩摩藩が暗躍する幕末を舞台に、身体能力の高さゆえ「武士」となった農民たちを描く、異色の時代劇です。 原作は永井義男さんの小説、「幕末一撃必殺隊」です。 ...
SF

「五佰年BOX(いほとせボックス)」2巻―「箱」の新たな秘密と歴史の謎

これはちょっと予想外の広がりを見せてきた…! 宮尾行巳さん描く漫画「五佰年BOX(いほとせボックス)」、待望の第2巻を読みました。 1巻では箱を覗く主人公・叶多と、それを振り返り見上げる過去の世界の少女・キサ、というカバ...
SF

「五佰年BOX(いほとせボックス)」1巻―過去に繋がる不思議な箱の秘密

不思議な箱で過去に干渉してしまった青年は、変わってしまった世界を元に戻すことができるのか―? 講談社イブニング連載、宮尾行巳さんの漫画「五佰年BOX」1巻を読みました。「五佰年」は「ごひゃくねん」ではなく「いほとせ」と読みます。 ...
ドラマ

「雪の峠・剣の舞」全1巻―これは戦でござる…!異色の時代劇2編

時代劇・歴史ものの良いところ。 それはいつの時代に読んでも、色あせないおもしろさがあること。 というわけで今回ご紹介するのは岩明均さんの漫画単行本「雪の峠・剣の舞」。 岩明均さんと言えば「寄生獣」「ヒストリエ」「七...
ドラマ

「ニュクスの角灯(ランタン)」1~3巻―世界が一番素敵だった頃のお話

西洋の文明が日本文化が触れ合おうとした明治時代。 長崎を舞台に少女の成長を描いた漫画が、高浜寛氏描く「ニュクスの角灯」です。 「角灯」は「ランタン」と読みます。 2017年4月時点で3巻まで刊行。「コミック乱」にて...
アクション

「ゴールデンカムイ」―アイヌの埋蔵金を手にするのは誰だ

今、もっとも勢いのある漫画の一つ、といって間違いないでしょう。 週刊ヤングジャンプ連載、野田サトル氏描くアクション・サスペンス漫画「ゴールデンカムイ」です。 「カムイ」というタイトルの通り、随所にアイヌ文化の描写を取り込...
スポンサーリンク