高橋留美子コミックス2億冊突破!名作揃いの傑作短編集を読む

漫画家・高橋留美子さんのコミックスが全世界発行部数2億冊を突破したそうです。

ニュース| 『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』など、多くの名作を生み出し続ける漫画家・高橋留美子氏が、今月17日の『境界のRINNE』35巻発行(小学館)をもって、コミックス全世界累計発行部数2億冊を突破。これを記念した『週刊少年サンデー』17号(同)が、きょう22日に発売された。3月25日発売の...

全世界で2億冊…。もうスケールがすごすぎて良くわかりません(笑)。

高橋留美子さんのデビューは1978年の「勝手なやつら」。以後「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」と長期連載作品を執筆。現在も「境界のRINNE」を少年サンデーで連載中。これ書いてるのが2017年だから…かれこれ40年近く、一線級で活躍されている!これまたスゴイとしか言いようがない。

私が高橋留美子作品に触れたのはアニメは「うる星やつら」、のち「めぞん一刻」。漫画としては「らんま1/2」、だったと記憶しています。そして初めてコミックスを買ったのは「1ポンドの福音」。のち、文庫化されてから「めぞん一刻」を買い揃えました。どちらかと言えば青年誌向けの作品が好みです。

そして今回2億冊突破を記念してこれまで電子書籍化されていなかった「犬夜叉」「1ポンドの福音」「人魚シリーズ」「1orW」「高橋留美子傑作短編集」がデジタル化。今回は以前から読みたかった2作、「炎トリッパー」「笑う標的」などを収録した「高橋留美子傑作短編集(2)」と「人魚シリーズ」を読みました。本記事では「高橋留美子傑作短編集(2)」をご紹介(前置き長い)。

スポンサーリンク

「高橋留美子傑作短編集」2巻・収録作品

「高橋留美子傑作短編集」2巻の収録作品リストです。カッコ内は発表媒体。「サンデー」表記はすべて「週刊少年サンデー」です。

  • 炎トリッパー(サンデー1983年8月増刊号)
  • ザ・超女(サンデー1980年10月増刊号)
  • 怪猫・明(劇画村塾1981年4月号)
  • 笑え!ヘルプマン(サンデー1981年9月増刊号)
  • 戦国生徒会(サンデー1982年2月増刊号)
  • 闇をかけるまなざし(サンデー1982年8月増刊号)
  • 笑う標的(サンデー1983年2月増刊号)
  • 忘れて眠れ(サンデー1984年1月増刊号)
  • われら顔面仲間(サンデー1984年創刊25周年記念増刊号)

ジャンルとしてはホラー・SF・コメディなど。「怪猫・明」このうち「炎(ファイヤー)トリッパー」「ザ・超女(スーパーギャル)」「笑う標的」は「るーみっくわーるど」としてオリジナルビデオアニメ化されています。「炎トリッパー」はテレビ放映された時に見て、そのおもしろさに惹きつけられたのを覚えています。

感想

全編ともこれぞ高橋留美子!という感じでおもしろかったのですが、その中から特におもしろかった短編の感想を。

炎トリッパー

表紙の一作。ガスタンクの爆発で戦国時代にタイムスリップした女子高生。一緒に過去に飛ばされた少年を探すが…というSFもの。短編ながら、完成度がものすごく高い。少女と少年が出会うガール・ミーツ・ボーイ、そして緊迫感のある展開、少しせつなさも含んだラスト。高橋留美子のエッセンスが限りなく詰まっている一作。今回原作をはじめて読みましたが、昔アニメ化された作品を見た時の感動が蘇りました。文句なしにおもしろい。

ところでアニメでは主人公・涼子は島本須美さん、宿丸は水島裕さんがそれぞれ声を担当されていたのですが、漫画読んでも脳内でお二人の声が再生されていました。お二人ともインパクトのあるお声と実力の持ち主で、その影響力のすごさを再認識。

笑う標的

こちらもアニメ化された短編。東京の男子高校生・譲のもとに、幼少時に結婚の約束をした親戚の女子高校生・梓があらわれる。彼女は譲のガールフレンド・里美に異常な態度を見せ、やがて事件が…というモダン・ホラー。

高橋留美子さんの長期連載はラブコメが多いと思うのですが、短編ではホラー作品も数多く書かれています。これはその中でも珠玉の出来。「魔に魅入られた旧家のお嬢様」というオーソドックスな素材ながらも、ここまで怖くできるのは流石。梓が不良に襲われるシーンなんてベタベタなんですが、そこをあえてベタく、かつ怖く描けるところにすごさがあります。そしてラスト、梓のなんと美しいことか。長年読みたかった一作ですが、満足しました。

忘れて眠れ

伝奇ホラー。「犬使い」伝承のある土地に越してきた少女・春花は、雪山で多数の犬を育てている少年・良平に出会う。良平と別れたあと怪しげな犬塚で意識を失った春花は、自分ではない誰かの記憶を垣間見る。

少年と少女が過去に因縁のあった男女と意識がリンクし、その因縁のもととなった事象に立ち向かう、というこれまたオーソドックスなお話。ですが奇をてらうことなくシンプルに物語が作られているのでとても読みやすい。高橋氏のどの短編を読んでも感じるのですが、構成力の巧みさを感じます。そして「忘れて眠れ」というタイトルの秀逸さ。満足の一編。

まとめ

以上、「高橋留美子傑作短編集」2巻の感想でした。全編を通して感じたのは、高橋留美子さんというのは徹底して「少年と少女」を描く漫画家さんだなぁ、と。もちろん掲載誌が少年誌であるから、という理由もあるのでしょうが、この短編集を読んでそのブレなさを認識。

そしていずれも30年以上前の作品ながら、まったく古さを感じさせない!それも「少年と少女」という普遍的なテーマを取り扱っているからかもしれません。あらためて高橋留美子作品の魅力を堪能できました。

漫画データ
タイトル:高橋留美子傑作短編集(2) (少年サンデーコミックス)著者:高橋留美子出版社:小学館発行日:1995-02-18
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする