「玉キック」2巻―女探偵のキック一閃!コスプレもあるでよ

激烈な美人だけどやっぱりゲスい女探偵と、謎のWebカメラの活躍を描く「玉キック」、待望の2巻。

原作は光永康則さん、作画はいのまるさん。今回もバラエティ豊かな事件の数々が描かれます。

っていうか、完全にコスプレメインのシチュエーションを作ってるよねw。

スポンサーリンク

「玉キック」2巻レビュー

目玉おやじ的なWebカメラと霊能力少女・白姫とともに、キック一閃で万事解決する女探偵・綾音。「玉キック」ではオカルトやミステリー要素を絡めつつ、なんだかんだで理由をつけられていつも脱いじゃう彼女の活躍が描かれます。

2巻収録のタイトルは以下の通り。

  • 第6話:水神祭
  • 第7話:側溝男爵
  • 第8話:洋館メイド喫茶
  • 第9話:不可能盗撮犯
  • 第10話:綾音母、襲来
  • 第11話:女教師・綾音

第8話と第11話はタイトルからわかるとおり、綾音がメイドと女教師になるコスプレ回。第6話では水上騎馬戦で水着になったり、まあ広義のコスプレと言えんでもない。

1巻よりも、美人探偵・綾音の活躍がより楽しめる構成になっています。

結局、脱ぐんだけどね!

各話の内容はネット犯罪、謎の盗撮、校内の薬物蔓延などさまざま。「玉キック」らしいオカルト絡みな案件もあり、相変わらずおもしろい。

光永康則/いのまる「玉キック」2巻
[光永康則/いのまる 著 少年画報社「玉キック」2巻より引用]

第6話「水神祭」では、怪しい神事で水上騎馬戦に参加することになる綾音。水着着用で、もちろんポロリもあるよ!

…昭和か!
(昔は地上波のゴールデンタイムで、ポロリありの水上騎馬戦が放送されていた)

第8話「洋館メイド喫茶」では、失踪した娘を探すために綾音が住み込みのメイド喫茶店員に。「住み込みのメイド」ではなく、「住み込みのメイド喫茶店員」であるw。

そのメイド喫茶の上級会員は、みな一様に怪しいメガネをかけているのですが、それにはある理由が。

光永康則/いのまる「玉キック」2巻
[光永康則/いのまる 著 少年画報社「玉キック」2巻より引用]

なんとメイドたちのユニフォームと下着は特殊素材でできていて、メガネの偏光レンズのスクリーンに衣服の色の波長と~(中略)~衣服の色が相殺されて、メイドたちがスケスケに。

天才か!(笑)

まあ実際にやるとしたら、めちゃめちゃコストがかかると思うんですけどね。でもスケベのためには手間暇を惜しまないのが人の性。こういうアホっぽい設定、大好きです。

しかし物語の要所要所では、怪しい展開も。

洋館メイド喫茶の女性オーナー・熊沢沙名江は、何やら白姫とは顔見知りのよう。白姫が「黒の者…」とつぶやく彼女の正体は…?

また第10話「綾音母、襲来」では、綾音の母・黒住小夜が登場。綾音と同じく足技が異様に強い熟女。Webカメラの中の人の部屋に乱入し、綾音の仕事っぷりを監視するが…?という内容。

綾音以上の傲岸不遜ぶりを発揮する母。その御御足に蹴られてみたい…と思うと同時に、Webカメラの生態が少しずつ明らかになっていくのが興味深い。

光永康則/いのまる「玉キック」2巻
[光永康則/いのまる 著 少年画報社「玉キック」2巻より引用]

そんな感じで「疼くぜ!」と相変わらずの破壊力で炸裂する、綾音のキックの魅力はそのままに、いろいろな謎が散りばめられてきた!という「玉キック」2巻。

綾音のキックの秘密とか全然明かされないじゃないか、とか、白姫の存在はなんなんだ、とか、「黒の者」が気になる…、とか、真面目に物語を考察する読者も、まあとりあえず脱いでりゃ何でもいいや、という読者も、刮目して次巻を待ちましょう。

おまけ:学校に潜入して真面目に授業をする女教師・綾音。

光永康則/いのまる「玉キック」2巻
[光永康則/いのまる 著 少年画報社「玉キック」2巻より引用]
玉キック(2) (ヤングキングコミックス)著者:光永康則出版社:少年画報社発行日:2018-06-15

コメント