「 狩猟のユメカ」―リアルな武器描写が魅力の「人+獣」異種間チームバトル漫画

この物語は
とある女猟師が自らが犯した過ちを認めるまでの
贖罪の物語である

そんな冒頭から始まる漫画「狩猟のユメカ」。人間と野生動物がタッグを組んで「異種間チームバトルロイヤル」を繰り広げる、異色の狩猟アクション漫画です。

作者は古部亮さん。単行本は2020年12月現在2巻まで刊行中。以下続刊です。

この記事は読むのに4分もかかりません。

「狩猟のユメカ」感想

あらすじ

女性ハンター・狩野夢歌(かのうゆめか=ユメカ)は秩父市山中でハンティング中に、日本でにはいないはずの巨大なシカに遭遇。自らを「シュジャー」と名乗るそのシカ=オリックスに、「俺はあんたに敵意は持っていない」と話しかけられる。

異常な事態であること、互いに敵意の無いことを確認したユメカとシュジャーは、共に下山。そこでバイクや車が使えないこと、電気・ガス・水道が止まっていること、そして「世界に人がいないこと」に気づく

戸惑う二人だが、息つく間もなくシュジャーが別の人間、そして「肉食獣」の匂いを察知。救出に向かうが、同じく人語を話すハイエナの群れに囲われ―

狩猟のユメカ(1) (イブニングコミックス)古部亮:講談社

疑似限定空間+異種族タッグバトル

以上が「狩猟のユメカ」導入部。以降、文明の消えた世界で「人間」「言葉を話す動物」たちが出会い、時に仲間になり、時に戦いを繰り広げる、といったアクション・ストーリーが展開されます。

その世界観をまとめると、

  • 場所は埼玉県秩父市
  • ユメカら一部の日本人以外は、突如その場所に出現
  • シュジャーら世界に生息する動物も同様
  • 人間・動物問わず、言葉の壁は無い
  • 電気を使う道具などは、持ち込んだもの以外使えない
  • それらの現象の理由は一切不明

といったもの。「(異世界)転生」というよりは、擬似的な「限定空間バトル」といった方が近いでしょうか。

登場人物たちは誰かからバトルを強制されている、ということは無いのですが、「どこかわからない場所で」「肉食動物に襲われるかもしれない」という不安定な状況・疑心暗鬼から衝突しがち。緊張感のある状況となっています。

【ブックライブ】【マンガ全巻読破】GWに読みたい完結マンガ【最大20%OFF】(5/6まで)
電子書籍ストア「ブックライブ(BookLive!)」で、BEASTARS/水は海に向かって流れる/ドロヘドロ/コウノドリ/空母いぶき/ファイアパンチ など対象作品が【まとめ買いクーポンで最大20%OFF】となる《【マンガ全巻読破】GWに読み...

リアルな武器描写が魅力

劇中では迫真の戦いが繰り広げられるわけですが、その中でキラリと光るのが、リアルな武器描写。劇中では多彩な武器が登場しますが、その描かれ方がいずれも実に!本格的

その中でも目を引くのが、ハンターであるユメカの持つ狩猟用ポンプアクション式ショットガン「ブローニングBPS」。彼女が銃に弾丸を込め、「シャコンッ」とポンプをスライドさせて装填するアクションや、長い銃身を苦もなく取り回し狙いを付ける様がカッコイイ!

またカッコよさだけではなく、ある戦いでは「ブローニングBPSならではの特性」を活かした立ち回りを見せたりと、武器の存在が物語の大きな魅力となっています。

そしてそれらが劇中で「ごく自然に」描かれていることに驚くのですが、本作にはミリタリー監修が付いているということで納得。また2巻巻末には「取材協力」として「クマ撃ちの女」の安島薮太さんがクレジットされています。

SNS等をチェックすると、古部亮さんは狩猟免許を持ち、また安島薮太さんとは元同僚であるとのこと。銃描写のリアルさもなるほどな~という感じです。

言葉を解する動物を撃てるのか?

しかし武器を持っているのはユメカだけではない。秩父市に「現れた」人間の中には危険な人物も存在し、またユメカらに敵意を向ける野生動物たちも多数。その中で幸運な出会いを果たし仲間となった、ユメカとシュジャー。「敵」となる人間または動物に、協力して対峙していきます。

ここでポイントとなるのが、「牙をむく動物もまた、人間の言葉をしゃべる」ということ。ユメカは狩猟用の強力な銃を持ち、それを撃つことにためらいの無い人間ですが、それはあくまでも猟師・ハンターとして。決して殺戮を好む人間ではありません。

そんな彼女が「意思疎通のできる野生動物」を前にした時、引き金にかかるその指には、ためらいが…?

「人語を話す動物」という特殊空間ならではの設定が生み出す、これまでのバトルロイヤルものには無い風味が、独特の緊迫感を演出。思わず手に汗を握ります。

シュジャーとユメカの結びつきに期待

そして2巻に至り、多くの敵・仲間が登場。物語は混迷の展開へ―。

といった感じでなかなか面白いのですが、個人的にはもうひとつ!物足りないところも。具体的には「シュジャーとユメカの結びつき」に、もう少しスパイスが欲しい

ユメカには銃という強力な武器があり、またシュジャーは強靭な肉体を使った攻撃方法を持つのですが、それらが今ひとつ絡み合っていない感じ。

「狩猟のユメカ」の独自性は「人間と動物のタッグ」であり、ユメカとシュジャー以外はお互いの特性を活かしたりもしているのですが、肝心の主人公コンビの噛み合わせが弱い

もっとユメカとシュジャーでなければ!というエピソードやコンビネーションがあれば、物語がもっと盛り上がる気がします。ストーリーはまだまだ序盤ではあるのですが、早く彼女たちの関係性の強化を見たいところ。

【ブックライブ】【少年・青年】カドカワ祭 ゴールデン2021【無料&50%OFF】(5/6まで)
電子書籍ストア「ブックライブ(BookLive!)」で、KADOKAWAの対象作品が【無料&50%OFF】となる《【少年・青年】カドカワ祭 ゴールデン2021》が開催中。キャンペーン期間は5/6となっています。 ブックライブ:【少年・...

まとめ

以上、「狩猟のユメカ」2巻までの感想でした。上記のように少し物足りない部分もありますが、ストーリー・設定・キャラクターなど全体的にはとても魅力的な物語。これからもっともっと、面白くなるであろうと期待しています。

何より、物語の中にさりげなく織り込まれている、本格的にしてセンスあふれる武器描写・アクションは、本作の大きな魅力。このクオリティを保ったまま、「ユメカたちはなぜこの世界に来たのか?」という大きな謎に向かって突き進んでいただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました