「二科てすらは推理しない」―「思考実験」が事件を解決する新感覚ミステリー

「二科てすらは推理しない」

それでは彼女は何をするのか?

それは「思考実験」

漫画「二科てすらは推理しない」を読みました。

物語の探偵役はカバーの少女、女子高生・二科てすら

しかし「思考実験」ってなんだ?

作者のPEACH-PITさんは「ローゼンメイデン」や「しゅごキャラ!」を描かれている漫画家さん。単行本は講談社から刊行中です。

スポンサーリンク

あらすじ

通勤中のサラリーマン・百地俊太は、満員電車の中で痴漢の犯人にされかける。

そんな彼を救ったのは、離れた位置にいた女子高生・二科てすらだった。

「次の停車駅まで約3分で解決しよう。私の思考実験で!」


[PEACH-PIT 著 講談社「二科てすらは推理しない」より引用]

てすらは現場を見ていないにも関わらず、明快な論理により痴漢冤罪を証明する。

窮地を救われ、別れたあとも彼女のことが気になっていた百地。

1週間後に橋から飛び降りようとしていたてすらと再会する。

「実は(自分は)おっさんなんだ」と語るてすら。彼女の話が今ひとつ飲み込めない百地。

百地の疑問に不敵に微笑みながら、てすらは語りかける。

「さあ 机上の空論をはじめようじゃないか」

「二科てすらは推理しない」1巻レビュー

推理ではなく「思考実験」

日常のささいな出来事に隠された「事件」を、推理ではなく思考実験によって解決していく、という新感覚ミステリー。


[PEACH-PIT 著 講談社「二科てすらは推理しない」より引用]

マンション8階のベランダに干してある3つの傘の秘密とは?

古書の巻末に記されたメッセージの謎とは?

住宅地の小火は連続放火事件の始まり?その目的は?

…といった数々の事件の真実に、思考実験で迫ります

思考実験とは?

そも「思考実験」とは「頭の中で想像するだけの実験」Wikipedia「思考実験」より)。

ニュートンの重力の発見や、ガリレオの「重い物ほど速く落下する」という考えの否定などが有名な思考実験にあたります。

いろいろな事実の積み重ねから結論を導き出す推理とは異なり、あくまでも頭の中だけで考えること、「机上の空論」であることがポイント

ミステリー小説のような感覚

劇中で百地をリードしながら、思考実験により持論を展開する二科てすら。そしてその結果たどり着く真実。

正直に書くと、謎や事件は突っ込みどころが無いわけでもありません。

が、それが気にならないぐらい「思考実験」がおもしろい

この作品、おそらく通常の漫画よりもセリフが多めで、そのほとんどはてすらによる思考実験。


[PEACH-PIT 著 講談社「二科てすらは推理しない」より引用]

自称「中身はおっさん」のてすらが、おおよそ女子高生らしからぬ語り口で、時に百地にツッコミを入れながら思考実験を展開。

最初は読むのが少し大変。ですが慣れると、彼女の上から目線の口調とテンポの良いセリフがクセになってきます

漫画を読みながら、同時に推理小説を読んでいるような雰囲気。

二科てすらの「謎」とは?

そんな事件を解きながら、物語全体に横たわるのは二科てすらの謎

なぜ彼女は自分を中年男性だと主張するのか?なぜ橋からダイブしようとしていたのか?

個々の事件を解決しながら、彼女の謎に迫るという構図の物語。

百地くんになった気分で謎を解こうと頭を働かせてみると、よりおもしろさを感じるのではないでしょうか。

まとめ

というわけで漫画「二科てすらは推理しない」、なかなかおもしろい新感覚のミステリー漫画でした。

巻末の予告によると、season2は2018年3月よりモーニングにて連載開始とのこと。

2巻が読めるのは2018年の後半でしょうか。ちょっと先ですが、楽しみに待ちたいと思います。

追記

「二科てすらは推理しない」、予告されていたseason2が、「二科てすらは見つからない」とタイトルを新たにして開始されました。

二科てすらは見つからない/PEACH-PIT 【第1考】
二科てすらは見つからない/PEACH-PIT 【第1考】 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

机上の空論、思考実験の世界が新たに…!注目です。

二科てすらは推理しない(1) (モーニングコミックス)著者:PEACH-PIT出版社:講談社発行日:2017-10-23

コメント