漫画「ミワさんなりすます」1巻ショート・レビュー

青木U平さんの漫画「ミワさんなりすます」1巻のショート・レビュー。

比較的恵まれない人生を送ってきた映画オタクのアラサー女性・ミワさんが、憧れ過ぎる俳優・八海崇(やつみたかし)の家政婦に「なりすまし」でなったことから起こる騒動描くコメディ作品。

サイコ的な話ではなく、マジメで不幸な人がふと起こした出来心をコミカルに描く物語。ミワさんはラッキーなアクシデントから家政婦へのなりすましが成功したが、根はマジメ。本当のことを告白しなきゃ…!と思っているうちに映画好きが災い(幸い?)して、八海崇と思わず接近。予想のつかない方向へ転がっていく様が面白い。

ただ1巻の時点では、ストーリーの起伏はおとなしめ。笑いにももう少しパンチが欲しいところ。ミワさん・八海崇、そして彼の秘書である女性のキャラクターや、洗練されたシャープな絵柄はとても魅力的なので、今後のガツン!と来る盛り上がりに期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました