光村図書「飛ぶ教室」第48号―マンガ好き必見の漫画特集号

衿沢世衣子さんの「ちづかマップ」感想を書いた時に見つけた雑誌。

光村図書より発行の雑誌「飛ぶ教室」第48号です。

こちらは季刊のようで、48号は2017年冬の号。本記事作成時の最新刊は第49号です。

光村図書と言えば教科書のイメージがあるのですが、こんな雑誌を発行されているとは知りませんでした。

内容を調べると、あ、衿沢世衣子さんの短編漫画が載ってる…!

他にも好きな作家さんの作品やインタビューが掲載されているので、これはチェックせねば!

電子版は無いので紙書籍を手に入れました。

この「飛ぶ教室」は漫画専門誌ではないのですが、48号はイラストレーター・漫画家の長崎訓子(ながさき・くにこ)さんを特別編集長に迎え、「漫画の子どもたち」をテーマにした一冊。

読んでみると、これがなかなか漫画好きにはたまらない内容でした。

スポンサーリンク

概要

ちょっと前段と紹介が重複しますが、光村図書「飛ぶ教室」第48号は長崎訓子さんを特別編集長に迎えた号。

テーマは「漫画の子どもたち」で、著名漫画家さんの漫画作品やインタビュー、また漫画に関わるコラムを多数掲載しています。

本書の収録内容について、漫画特集に関するものは下記の通り。

  • 対談
    「漫画を描くということ」
    くらもちふさこ×長崎訓子
  • 漫画
    「無人野菜販売所」いがらしみきお
    「タゴールの『妖精(パリー)』」森泉岳土
    「シホちゃん死なないで」つばな
    「マンガみたいなはなし」ヨシタケシンスケ
    「短日の音」衿沢世衣子
    「焼かれた魚」長崎訓子
  • コラム
    「私の好きな“ユーモア”作家たち」上條桂子
  • 漫画のすすめ(コラム)
    「漫画と日曜日」森山裕之
    「大人こそ漫画を読まないとダメなのかもしれない」トミヤマユキコ
  • インタビュー「わたしと漫画」
    石黒正数
    阿部共実
  • 漫画遍歴
    「長崎家の本棚」
  • 編集後記(長崎訓子)

その他、連載作品なども掲載されています。詳しくは下記光村図書サイトもご参照を。

第48号(2017年冬)【特集】長崎訓子編集号 漫画の子どもたち | 飛ぶ教室 | 一般書籍 | 光村図書出版
光村図書出版のウェブサイト。小学校・中学校・高等学校の教科書,デジタル教科書の情報や,授業・教材研究に役立つコンテンツ,連載コラムを掲載しています。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「飛ぶ教室」第48号 感想

充実の漫画短編

良かった!

インタビューやコラムなどの文章・漫画作品とも充実していて、とても満足しました。

お目当てだった衿沢世衣子さんの「短日の音」。小学生たちのある日のちょっと不思議な体験を描いた短編漫画です。

ファンタジックながら夕暮れ時の闇が迫る怖さもある、味わい深い作品でした。

線を墨で描く独特の技法を用いる、森泉岳士さん作「タゴールの『妖精(パリー)』」。森泉さんの漫画も良く読むのでうれしい。

舞台はインドでしょうか、原作があるようですが、見開きに飛び込んでくる「妖精の国」に圧倒されました。

お話もおもしろいですね。オリジナルも読んでみたくなりました。

いがらしみきおさんの「無人野菜販売所」。これは良かった!

田舎に暮らす男の子が無人野菜販売所で一晩を過ごす、というお話。

ほのぼの、田舎ならではのお話なのですが、夜への興味が湧き始めた少年のちょっとした冒険と、それを見守る大人たちの気持ちがグッと伝わります。

インタビューも必見

インタビューは石黒正数さんと阿部共実さん。

「わたしと漫画」という内容で、ご両名の漫画への姿勢が良く伝わる良いインタビュー。

興味深く読めました。

漫画という、クリエイティブな分野の第一線で活躍する人たちの感性は、一般人とは異なる特異性があるものですね。

石黒正数さんのインタビューでは「それでも町は廻っている」のラストに関するエピソードもあって、同作品のファンとしても興味深い内容でした。

くらもちふさこさんの作品はあまり読んだことがなかったのですが、インタビューに出てくる「花に染む」。試し読みしましたがおもしろかった。

全8巻で完結しているので読みたいものリストに追加。

長崎訓子さん、お名前は知っていたのですが詳細はそこまで詳しくなく…。

で、Amazonでお名前検索したら、見たことある本ばかりが出てきました。

なるほど、あれらは長崎さんの作品だったのか…。まだまだ不勉強ですね。

長崎さんの本棚はスゴイ!漫画好きならば憧れること間違い無し。

短編もの作品が多いとのことで、話しが合いそうです。

スポンサーリンク

まとめ

とつらつら書きましたが、上記以外もおもしろい記事ばかり。

「飛ぶ教室」第48号、漫画好きならば読んでおきたい必見・充実の内容でした。

2017年1月発売の雑誌なので、ちょっと遅れたら手に入らなかったかもしれませんね。気づけて良かった…!

気になる方はお早めの入手をどうぞ。

漫画データ
タイトル:飛ぶ教室 第48号(2017年冬) (長崎訓子編集号「漫画の子どもたち」)著者:長崎 訓子出版社:光村図書出版発行日:2017-01-25