漫画「凍牌~ミナゴロシ篇~」10巻ショート・レビュー

志名坂高次さんの漫画「凍牌~ミナゴロシ篇~」10巻のショート・レビュー。

「凍牌(とうはい)-裏レート麻雀闘牌録-」「凍牌(とうはい)~人柱篇~」、そしてシリーズ3作目、”Kの最後の戦い”と銘打たれた「凍牌~ミナゴロシ篇~」もこの10巻で遂に完結。

ラスボスと卓を囲むラストバトル、展開的にはやや強引かな?と思わなくもないが、まあそれも含めての「凍牌」らしさ。いーんじゃない?

終盤でKが見せた「主人公」としての顔と、「あのライバル」の存在感がクローズアップされて、「凍牌」をずーっと追ってきた読者にとっては感慨深いものが。最後は諸々の問題にもケリがつき、これにて「凍牌」終幕!

…と思いきや、巻末で新シリーズの予告が(笑)。主人公はあの人になるのかな?なるほど、「ミナゴロシ編」は”Kの最後の戦い”なのでウソは付いてないw。というわけで秋からの新展開を待つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました